本を開くと明かりがつく!「ブック型ライト」が素敵

一見すると、本や手帳のよう。でも、開くとマジックのように幻想的な光が広がる。生まれたのは、これまでになかった“まったく新しい照明”です。

あらゆるシーンに合わせて
色々なカタチに変化!

B6f1e54b54486d6fc6229373b2c1e973cd0f8269

この「ルミオエスエフ」は、繊細なレーザーカットが施された「木の表紙」と、高性能LEDを搭載した耐水性のあるタイペックを使用した「シェード」で構成された、本型の充電式ポータブルライトです。

04b87a20a173827b7363b92c647d093933a9720d

付属のパーツを使えば、360度に広げて立てて使用することが可能。また、内蔵の磁石により金属の平面に取り付けることもできます。

つまり、あなたのニーズに合わせて“変幻自在”。屋外でのパーティーや子どもへの読み聞かせなど、多くのシーンでエレガントな灯りを提供してくれるでしょう。

Be722ceca1fbd8ecee5194e6c6ecbcd6e6c2bc3fA8b260a7e0c0493443e3a79e9c1bafa8e3e160c631ff47ac327db87cdd6dd9b36318201a38f4480f6f7f5125623f50c6e2ca456e7c92a658b2004af2

本を開くとLEDライトが点灯、閉じると消灯する簡単操作。ライトはUSBで充電可能です。

2色展開
価格は29,600円(税別)

C7c1ae1f1b5a063a4d764a3beda85c864d8a681c63c4901bb4282d30d7c644bf0e0fc6e81ff43e36

価格は29,600円(税別)で2色展開。ちなみに、一回りコンパクトなサイズの「ミニ・ルミオプラス」(22,600円・税別)も発売中です。ぜひ以下の動画で、使用のイメージを膨らませてみて!

Licensed material used with permission by ARK TRADING ,INC.
ちょっとした照明の使い方で、部屋のムードはがらっと変わるもの。とくに間接照明は光を和らげて、一日の終わりを彩ってくれる和やかなものです。こちら、ドイツ発の...
月明かりで生活できたなら…、そんなロマンチックな夢を実現したムーンライトがあります。このおぼろげな明かりをまずはその目で確かめて。夜空の月明かりをそのまま...
お値段199ドル、日本円にしておよそ2万2,000円。あえて価格から紹介するのも、この手の海外モノの照明にしては、かなりコストパフォーマンスが高い方だと思...
Amazonで購入したミニサイズのLEDライト。持ち歩けるサイズだし、色が鮮やかだし、安いし(購入時550円でした)。“失敗してもいいや”という気持ちでポ...
長い脚、青白く光る複数の目。UMAなインテリア。
ブックバスのプロジェクトを立ち上げたのは、インターネットを中心に古本の買取販売を行っている「バリューブックス」。古本の買取と寄付によって本を集め、それを販...
本の楽しみ方はさまざまだ。中の情報を消費するのは当たり前。メッセージを込めたプレゼントとしても優秀。そして何より、こだわり抜かれた装丁は、インテリアとして...
ブルックリンで、ありそうでなかったテラリウムを見つけました。ガラス内のグリーンをふんわり照らす「照明付テラリウム」です。NYを拠点に活動するRichard...
オランダ人デザイナーThijs Smeetsによる多機能本棚「LiliLite」。山形の部分に本を置くと、ライトのスイッチが自動で作動するっていう仕組み。...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「book...
「Monkey Light Automatic」は、自転車のスポークにLEDライトをつけて走ると、光の残像が弧を描き、その点滅をコントロールすることで、映...
「ROOS」は照明とスピーカーが一体化したインテリア。Bluetoothでスマホともリンクでき、ミュージックライブラリの曲も簡単に流せる。「ライトとしても...
シンプルで個性的なヒーターに出会いました。
「CoolBookmarks」は、本を愛するクリエイター「Lena and Dmitriy」がつくったブックマーク。読書好きの人にピッタリかもしれません。...
本を開いてパッ!と現れたは、円柱型の空間?そう、これはページをめくるのではなく、ひらいて楽しむ3D絵本なんです。真っ赤なお日さまや霞のような雲、鶴もいて日...
そんな光の波紋をずっと見ていたい。という気持ちに応えるルームライト。
「Light Ball」とネーミングされたランプ。遊び心が溢れたスタイルは、「ナイッシュー」という歓声が聞こえてきそう。こちらを手がけたのは、ウクライナを...
必ずしもそれだけが「おしゃれな部屋」の定義ではないんだけど、間接照明と観葉植物のセレクトには、なぜだかこだわりが抜けない。本当ならば陽の光をいっぱいに浴び...