ありそうでなかった「光るテラリウム」

ブルックリンで、ありそうでなかったテラリウムを見つけました。

ガラス内のグリーンをふんわり照らす「照明付テラリウム」です。

優しい光

「光るテラリウム」

NYを拠点に活動するRichard Clarkson Studioによるテラリウム「globe」。いちばんの特徴は、LEDライト付きであること。電気コードには、細くて丈夫なマイクロワイヤーを使用しています。

「光るテラリウム」

グリーンが苔やシダ中心になっているのは、電気で照らしても枯れないように…と見越してのことなのでしょう。

「光るテラリウム」

かさの部分には、水やり穴も。適度に与えてあげましょう。底に小石や砂利を敷いておけば、排水がスムーズになり、根腐れも防げます。ろ過を助ける木炭も載せておくと、なお良し。

「光るテラリウム」

暗闇に持っていくと、ぼんやり優しい光が浮かび上がります。入れる植物によって光の射し方が変わってくるのも、面白いポイントです。

アイデア次第で
アレンジも楽しめる

「光るテラリウム」

ここで悩むのが、どんな使い方をしようか…ということ。

光は土で遮られて弱そうだから、目線くらいの高さに吊るすのがいいかもしれません。

「光るテラリウム」

球体の中を水で満たしてみたら、光はゆらゆら揺れるでしょう。その水に少し着色料を混ぜてみたら、壁に射す影はステンドグラスを通したように色づくかも。LEDがあるからこそのアレンジも、楽しそうです。

「光るテラリウム」

照明付テラリウム「globe」は、直径約30センチと20センチの2サイズ展開。自分でカスタマイズしたものを並べて、安らぎの空間を作ってみたいものです。

Licensed material used with permission by Richard Clarkson Studio

関連する記事

「SmartTerra」は、あなただけの“小さな庭”に、自然界の要素を足してくれるようです。もっと分かりやすく言えば、雨を降らせたり、雷を演出してくれたり...
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーを組み合わせ、まるで照明器具のようにクレソンを光らせる技術を開発しました。未来の...
商業施設の壁面緑化や植栽など、プロ仕様の花材だった「フェイクグリーン」。それをインテリアを彩る「グリーン雑貨」として室内に持ち込んだ、フェイクの仕掛け人・...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
セレクトショップでたまに目にする、ガラス製のプランター。とくに植物を植え込む用に作られたものは「テラリウム」なんて呼ばれています。使い方が分からずに、これ...
IKEAの人工観葉植物「FEJKA(フェイカ)」シリーズの魅力に迫ります。
「土屋鞄製造所」から、初となるインテリアシリーズが登場。ナチュラルな風合いのヌメ革で仕上がった暮らしに彩りを添えるアイテムを紹介。
自分で焼いてつくる、BBQ専用おせんべい「Baker」
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
長い脚、青白く光る複数の目。UMAなインテリア。
照明にとって最も重要なのは光る部分かも。そこがデザインされてないのはもったいない。D-DIGN Lightシリーズは、そんなコンセプトから誕生しました。
仕事や家事に追われていて、身近にゆっくりとくつろげる癒しの空間をつくりたいと感じているあなた。ぜひ、「ウッドトピアリー」に注目してみませんか?ほとんど手間...
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「思わずポチっちゃうアイテム」を3つ紹介。バスケットゴール...
「wa/ter」は、インテリア制作の過程で出る「ゴミ(廃材)」にデザインの力で新しい価値を与え、別のインテリアに生まれ変わらせるプロダクトブランド。ゴミを...
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
照明からスピーカーまで、これまでさまざまな“雲”を世に送り出し、その度に注目を集めてきた「Richard Clarkson Studio」。そんな彼らが最...
インテリアショップ「Francfranc(フランフラン)」が、「Ubereats(ウーバーイーツ)」に登場。先月25日よりスタートし、来年3月31日まで実...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
思わず二度見しちゃうこと間違いなしな一風変わったインテリア「LYFE」。スウェーデン発の雑貨ブランド「Flyte」が販売している「宙に浮く鉢植え」。
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「本棚で飾るために欲しい洋書」を3冊紹介。とはいえ、内容に...
画期的なプランター「Terraplanter」が先月米国のクラウドファンディングプラットフォーム「Kickstarter」で公開された。植物を枯らさない、...
ここ、実はニューヨークで注目されている“農場”なんです。
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
「IKEA」から、植物のある暮らしを提案する新コレクション「BOTANISK/ボータニスク」がデビュー。今週1日(月)よりオンラインストア及び全国のIKE...