「水平線に沈みゆく夕日」を室内で。

都会では、ビルが立ち並んでいるので、地平線を見る機会が減っている。最近、サンセットを目にしたのは果たしていつだっただろうか?たまにはビーチに出かけたりして、地平線に夕日が沈むのを眺めながら、ボッーとする時間が必要なのはわかっているのに──。

そんな想いを密かに抱いているのは、きっと僕だけではないはず。それなら「Skirting Board Sunset」という間接照明はどうだろう?こいつがあれば、部屋の中にいながらサンセット気分を味わえること間違いなしだろう。

部屋を暗くすると
まるでサンセット

プロダクトは、写真の通りいたってシンプルなつくり。壁の近くにセッティングして設置が完了する。「Skirting Board Sunset」をデザインしたのは、ロッテルダムをベースに活動するビジュアルアーティストのHelmut Smiths。

9f5a2bd92e019441e236b0ca2262c818b259e5d2

以前、オランダを訪れた際、冬の日照時間が短いうえにずっと曇っているので、オランダ人は太陽に思い焦がる傾向が強いと聞いたことがある。この照明デザインを見て、そんなことを思い出した。

3ce8981a8d5695cc23a084a7e6af22369d9d99db

部屋の明かりを落として、暗くすればこの通り。水平線に沈みゆく夕日を連想させる。また、ぼんやりとした癒し系の間接照明は、どこか心を落ち着かせるてくれる。

音楽を流すなら、海をテーマにした曲がオススメ。僕なら迷わずにThe Beach Boysの『Suffer Girl』かタツローの『悲しみのJODY』をチョイスするね。

Licensed material used with permission by Helmut Smits, (Instagram)
本来、橋の役目といえば、対岸への移動手段。しかし、エーゲ海に面するトルコ・イズミルに架けられたBostanlı橋は、そこにとどまりません。多くの人々がここ...
8月下旬にコロナビール主催のスペシャルイベントにご招待いただきました。
フリーな素敵すぎるパーティのご紹介です。
7月初旬に行われた「Corona Sunsets Festival 2017」。照りつける太陽に恵まれ、オーディエンスも、ワークショップも、ビーチも盛り上...
一見何の変哲もない、普通に家具や家電がレイアウトされた部屋です。だけど、利用者は宿泊目的でこの部屋を借りるわけじゃない。
9月27日のアイルランド・ダブリン空港では、驚くべきことをした男性がいました。
長い脚、青白く光る複数の目。UMAなインテリア。
自転車を室内に持ち込むわけだから、結局のところインテリアとどれだけ調和できるかがすべて。だけど、スチールものやハンガータイプはさもありなんで、どうしても部...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーを組み合わせ、まるで照明器具のようにクレソンを光らせる技術を開発しました。未来の...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
今年で3年目を迎える「コロナ サンセットフェスティバル」。波音と音楽と極上のサンセット、さらにはおなじみコロナビールで楽しむ大人のビーチフェス(20歳以下...
「なんかクジラみたいだなぁ」「あっちは巨人」「これはウサギっぽい」だなんて、ぼーっと考えながら夢の中にゆっくり落ちていく、このまったりした時間がたまらない。
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
アーティストPhil Gableさんは、以下の画像に映る銅像をブルックリンに5つほど置いたそうです。
窓用、キッチン用、テーブルなどの家具用、バスルーム用と4枚のクロスがセットになった「マイクロファイバークロスセット」です。例えば、窓用は畝が細く、キッチン...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
「ROOS」は照明とスピーカーが一体化したインテリア。Bluetoothでスマホともリンクでき、ミュージックライブラリの曲も簡単に流せる。「ライトとしても...
重力に逆らい、バランスを保ったように見えるテーブルランプ。普通に考えるとあり得ない光景が、見ているこちらに不思議な感覚を呼び起こします。って、これを見て、...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
お値段199ドル、日本円にしておよそ2万2,000円。あえて価格から紹介するのも、この手の海外モノの照明にしては、かなりコストパフォーマンスが高い方だと思...
照明にとって最も重要なのは光る部分かも。そこがデザインされてないのはもったいない。D-DIGN Lightシリーズは、そんなコンセプトから誕生しました。