エーゲ海に沈むサンセットは寝転がって堪能するに限る!

本来、橋の役目といえば、対岸への移動手段。

しかし、エーゲ海に面するトルコ・イズミルに架けられたBostanlı橋は、そこにとどまりません。多くの人々がここに集まる理由は、橋の上でサンセットを楽しむためなのだとか。

なるほど。傾斜した橋の片側は、寝転がって夕日を鑑賞するにはピッタリ。温かみのある木製の素材も心地よさそうですね。恋人や仲間たちとリラックスできるホットスポットとして注目を浴びているというのも頷けます。

それでは、一緒に、素敵なサンセットショーを楽しみましょう!(あっ、可能ならば寝転がりながらドーゾ)。

すっかり日も暮れてきました。堪能できましたか?でも、ショーはまだ終わりじゃないんです。最後の写真を見てください。そう、サンセットの後は、夜景ライトアップショーのはじまりなのです。

ここなら一晩中、眺めていてもよさそうですよね。 

Licensed material used with permission by Steb.co
最近、サンセットを目にしたのは果たしていつだっただろうか?たまにはビーチに出かけたりして、地平線に夕日が沈むのを眺めながら、ボッーとする時間が必要なのはわ...
フリーな素敵すぎるパーティのご紹介です。
年輪のように深く刻まれたシワ、おでこから頬にかけ転写されたシミ。エーゲ海に浮かぶギリシャの小島パロス島で、漁師として働く男たちがいる。いや、正確に言えば「...
今年で3年目を迎える「コロナ サンセットフェスティバル」。波音と音楽と極上のサンセット、さらにはおなじみコロナビールで楽しむ大人のビーチフェス(20歳以下...
ピザの原型「ラフマージュン」で飲むワイン。トルコ料理専門店にて。
7月初旬に行われた「Corona Sunsets Festival 2017」。照りつける太陽に恵まれ、オーディエンスも、ワークショップも、ビーチも盛り上...
8月下旬にコロナビール主催のスペシャルイベントにご招待いただきました。
遊んでるクセに実用性が高い「LORINZAのポーチセット」の紹介です。
どうです、このはみ出んばかりのキャベツ。これでもか!とばかりに大量の千切りキャベツを挟んだご存知「沼サン」。最近話題ですよね。アレンジ自在の手作りボリュー...
非日常的で、どこか近未来を連想させる工場夜景。数年前からブームとなった“工場巡礼”は、無機質な夜の表情を鑑賞しようというファンで賑わっているようです。ラン...
新潟県燕市でステンレス食器を製造している〈ナガオ〉。いわゆる燕三条ブランドです。ここのカトラリーセットがすごい。
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
窓用、キッチン用、テーブルなどの家具用、バスルーム用と4枚のクロスがセットになった「マイクロファイバークロスセット」です。例えば、窓用は畝が細く、キッチン...
天草には大小120の島々が広がるとともに、島々には個性豊かな橋がかけられています。海、空、島、そして橋が織りなす美しい風景が広がっています。ここでは、天草...
ブエノスアイレスのカーペット工場で作られているこちらのウールラグは、敷くだけでその場が芝生みたいに様変わり。公園の芝生に寝転がるのが好きな人は、このデコボ...
「陽が傾き、潮が満ちはじめると、志摩半島の英虞湾に華麗な黄昏が訪れる。」これは、山崎豊子が小説『華麗なる一族』に書いた冒頭文。その後、寄稿文にもこんな一節...
今や観賞スポットとして定着した感のある工場夜景。暗闇に浮かびあがる工場のイルミネーションはどこまでも非現実的だ。その姿は、まるでハリウッドのSF映画で描か...
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
自ら命を落とすのは人間に限ったことではないのかもしれない。先月トルコで80頭もの羊が崖から飛び降りる事件が起きていたのだ。トルコ国内での集団飛び降りは20...