ギリシャの島々から漁師たちの「家」が消えようとしている

年輪のように深く刻まれたシワ、おでこから頬にかけ転写されたシミ。エーゲ海に浮かぶギリシャの小島パロス島で、漁師として働く男たちがいる。いや、正確に言えば「いた」が正しい。彼らのうちの数人はすでに廃業し、陸の上の家に戻った人も少なくないからだ。

03ee9bc6467e16b81198238259173d75a0f9c1e9

フォトグラファーChristian Stemperは、エーゲ海の歴史や物語を絡めながら、島に生きる漁師たちと、彼らの商売道具(であり第二の家)である、ギリシャ伝統の木製ボートを8年にわたって追い続けてきた。

モノクロの漁師たちと色鮮やかな小舟とのコントラスト、そのはざまにエーゲ海のコバルトブルーの海の色をつい想像したくなる。

「WOLVES OF THE SEA」
エーゲ海のラストサムライ

0f681dcca49dd92fe2581a526777ff0b461adb369b3e2a7b9e34cef3af78c16f599dc348be8d7d866d3d99030cac1322c8a23b98c92a91d5d7c03bcc46ef3fd09fd361a78c27af5837d5fa17818593bd01e1b4b12406bf04ac5ee22d5d523e8cb65ca7674cc0fc99be4496d3de40f960981da7bc7d326df2Ff372507f244463f51f8dc8617f51b73a1aa79ebC8a0313f7dd5fe1ff58909f3168625b9023dbe84

「ある漁師にインタビューを試みたところ、彼はボートから陸にあがりたくないと言い、逆に僕らクルーを舟に招くんだ。でも話を聞いていくうちに、その意味が理解できたよ。

彼らは人生の半分近くの時間をただひとり、海の上でこのボートの上で過ごしている。たとえ漁に出ない日でも、仕掛け網の修理をしたり、舟のメンテナンスをしたり。彼らにとってはこのボートこそが“家”なんだ」

「海の上に生きる」ということ

A5581036a9e8712f556657cf35462de0f79c18548a9f34169a3d57e3367cb4876fe1a2f710b54a381159ced21764d595bf18466bd9991859698d1d0a

「裕福な生活なんて無縁だろう。だけど彼らの魂は本当にリッチだよ。苦労の多い仕事だろうけれど、それをみんなが楽しんでいるし、人生を謳歌していることが分かる。モダンなものなんて何ひとつない小舟さ。もちろん、iPhoneもデジタル機器もない。海と、自分のボートと、そこに魚がいるだけなんだよ」

嵐がくれば、風が落ち着くまでじっと待つ。自然のリズムと同化して生きる男たちに、自分たちの日常がどれだけ生き急いでいるかを強く実感させられたとChristianは言う。

1,000年の伝統漁が、
まもなく途絶えようとしている

E977f16202ba4b3722c335130e6fe161de414f7eE884d15dc3aab1f012468fbacd97005fb3ed62b2

豊かな漁場が豊富なギリシャには、昔から漁業で生計を立ててきた人々が多い。それがEU統合後、共通漁場方針のもとEUはギリシャに漁船が多いことを懸念し、漁師から漁船を買い取る勧誘を行ってきた。それは、実質的に漁業を止めさせることを目的としたものでパロス島のような小舟でさえ、その対象となった。

こうして、伝統漁は少しずつ数を減らしてきた背景がある。そこに危機感を感じたChristianは、海に生きる漁師たちを記録しようとフォトドキュメンタリー「LUPIMARIS」プロジェクトを開始した。 2010年のことだ。

何よりも、海の男たちの協力を得られたことが大きい。カタブツで寡黙な彼らにプロジェクトの意図を説明し納得してもらうところから始めたんだ。ギリシャの小島の小さな港町の漁業文化を写真として記録することは、彼らの生きてきた証でもあるからね。

プロジェクト開始以来、Christianはのべ31人、合計99隻のボートを撮影してきた。だが、すでにそのボートの半数近くはあるじを失い、役目を終え、解体処理され、一部はそのまま港に放棄されているという。

「これはパロス島に限った話ではない」とChristian。若い担い手もほとんどいない現状。1,000年以上続いてきた伝統漁のともしびが、まもなく消えようとしている。

Licensed material used with permission by LUPIMARIS (Christian Stemper)
気仙沼の漁師に焦点をあてた「漁師カレンダー」を紹介。冬の海で淡々と作業をする海の男たちはカッコいい。でもそれだけじゃなくて、そんな海の男たちからエールをも...
「はじめに、君たちに言っておきたいことがある。『ギリシャといえば、青い海、白亜の神殿!』なんてイメージは幻想だ。古代ギリシャ人は海をワイン色と表現する。そ...
鹿児島県の小さな離島、上甑島(かみこしきじま)。さまざまなテレビの撮影地としても話題に上がることが多いこの島は、四方を海に囲まれていて漁業が盛ん。そして秋...
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
「昔は良かった…」「それに比べて今は…」「世の中悪くなる一方だ…」とは現代の私たちもよくボヤきますが、2800年前の古代ギリシャ人もまったく同じことを言っ...
発覚している限り、結婚3回。浮気すること数百回のギリシャ神話の最高神「ゼウス」。古代ギリシャに詳しくない人でも、その名前や存在くらいはご存知ではないでしょ...
フォトグラファーのThomas Biziourasさんが撮影した石橋のほとんどは、グレヴェナ県にあるものだそう。同県にはこのような橋が18本以上も存在して...
宮崎県・日南市。「一本釣りカツオ」で有名なこの街で食べた「漁師メシ」が絶品だったので紹介したいと思います。やってきたのは鈴之家旅館。旅館という肩書きがつい...
普段、私たちが何気なく見ている夜空ですが、場所や時間によって、様々な表情を見せてくれます。条件さえ整えば、日本でも綺麗な天の川を見ることができますが、フォ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
愛は深い。それは約2800年前に古代ギリシャ人が生きていた時代から同じだった。愛をより理解するには、彼らの考えを学ぶのがいい。エロス、フィリア、アガペーは...
サントリーニ島といえば、白と青のコントラストであまりにも有名なギリシャの人気観光地。エーゲ海に囲まれた美しい島を「一度は訪れてみたい!」と思っている人も、...
タンパク質が多く低カロリーな「ギリシャヨーグルト」は、デザートとしてだけでなく、料理にも使えてとにかく汎用性が高い。今ではスーパーでも買えるほど身近になり...
このサービスを見て、従来のモーニングコールの盲点に気づいてしまった。当たり前のことだが、家族や恋人という慣れ親しんだ関係の人からしか電話がかかってこないの...
イタリアのイメージが強いパスタ料理ですが、イオニア海を南東に下ったギリシャでも、古くからラザニアによく似た「パスティツィオ」という料理が親しまれてきました...
URBAN RESEARCHが展開しているローカルコミュニティプロジェクト「JAPAN MADE PROJECT」。人気アパレルブランドが、なぜ地方でこの...
暑さを言い訳にして、ついつい何杯も飲んじゃいそうなオレンジ色したレモネード。いちごとバジルの香りがスッキリしていて、うだるような暑さも気持ちよく感じられるかも!
巨大網の中にいるのは、たくさんの人間。これは文字通り、漁師の編んだ網に掛かれるアトラクション。漁業が盛んな小さな島「グロワ島」でうまれた「パカブ」という遊...
濃厚でクリーミーな味わいが人気の「ギリシャヨーグルト」。高タンパクで低カロリー、さらにカルシウムも豊富に含まれているとあって、健康やダイエットを意識する人...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
EUが国際社会のなかで大きな存在を占めていること、ブレグジットが連日ニュースを騒がせること。その規模の大きさから是非も議論されるようになってきていること。...
エチオピア・ナミビア・ケニア・インド・中国の部族を探し求めて旅をする写真家のTerri Gold。彼女は、現代に残った「ごくわずかな伝統」を目にしてきた。...
ギリシャの家庭料理には、食用の葉っぱでお米やひき肉を詰めて煮込んだものがあります。「ドルマダキア」がそれ。調理法はとってもシンプル。これをおつまみにお酒を...