Via lactia。「天の川」の魅力にとり憑かれた男

普段、私たちが何気なく見ている夜空ですが、場所や時間によって、様々な表情を見せてくれます。

条件さえ整えば、日本でも綺麗な天の川を見ることができますが、フォトグラファーOscar Keserciさんがギリシャやフィンランドで撮影したものは、また極上の味わい深さがあります。

あなたも、一番好きな「天の川」を見つけてみては?

銀河系

0777d3bae94a86e3ff00047621f1ccf8fe3505c7

(ギリシャ・ロドス島)

天地創造

B31a9a7fb6eeae18365b15795e31a3f36e0da628

(ギリシャ・ロドス島)

青い夜

8dc3e69518689e907d9d33ee4c3e71de1723f548

(フィンランド・インコー)

インコー上空の天の川

4d20a7ed90ad862ca6753f9ab88ea37e1b284c83

(フィンランド・インコー)

氷河

3742d2639e3a9042072d1b30e165ef4d5378b2ba

(フィンランド・インコー)

ユルモ上空の天の川

6bccd063b5a087b43165d2be260bf0786b08c7c6

(フィンランド・ユルモ)

孤独

75a3ce7cfb2da731941f38f31f0d16496a381319

(ギリシャ・ロドス島)

瞬間の夜空

65f449935c23d7c4b02c97675a519bf6060e1562

(フィンランド・ユルモ)

記憶

B83240e1aab2465b20aa73e6ca889969721c6b48

(フィンランド・キルッコヌンミ)

孤独Ⅱ

70fee5c91fdaa3e1b23e0dd410ba64b78cebbc15

(ギリシャ・ロドス島)

収穫

39a8c65efb067a295dbf37efd13a1242837a17e4

(フィンランド・キミト)

Via lactia
(ラテン語で「天の川」)

04678a7d7928ea73b186816248aaa90b4c691e6f

(フィンランド・インコー)

Oscarさんは、フィンランドのキルッコヌンミという町で撮影した「記憶」という写真が一番のお気に入りだそう。

「天の川には、なんとも言えないすごい魅力があると思っている。僕は、その力をいろんな人と共有したいんだ。だから撮り続けるんだ」

Licensed material used with permission by Oscar Keserci Photography
ニュージーランドのクイーンズタウンを拠点にしているフォトグラファーのカップルは、南島を中心に夜空の写真を撮り続けている。大気汚染が少ない空には、息をのむほ...
イタリア関連のドキュメンタリーなんかを見ていると、未だあの国のイメージは「食べ物」や「歴史的な建築物」なのだろうと思う。が、壮大な自然も見逃せない。And...
日本でも七夕の物語が言い伝えられている、天の川。その幻想的な銀河の集まりは、一体宇宙のどこに位置するのか。その謎を解き明かすため、ハワイ大学の研究グループ...
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
超精細な天の川銀河の画像を400時間かけて撮影した、幻想的な映像を紹介します。夜空にかかるものとはまるで別の姿。電気を消して、しばし銀河へと想いを馳せてみ...
毎年、お盆のシーズンの定番になりつつある「ペルセウス座流星群」。世界各地でも美しい流れ星に魅了される人々は多いようです。 オランダの写真家Albert D...
フォトグラファーのThomas Biziourasさんが撮影した石橋のほとんどは、グレヴェナ県にあるものだそう。同県にはこのような橋が18本以上も存在して...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
ひと昔前までは、「男性も育児を!」などと言われていたけれど、今では日常の一部として目にするようになりました。それは、他国でもおんなじこと。今日は父の日。ア...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
今となっては、ウユニ塩湖の絶景写真は数多い。もちろんそのほとんどは何度見ても綺麗だし、一生に一度は訪れてみたいと思う。でも、いたるところで取り上げられると...
年輪のように深く刻まれたシワ、おでこから頬にかけ転写されたシミ。エーゲ海に浮かぶギリシャの小島パロス島で、漁師として働く男たちがいる。いや、正確に言えば「...
「冬のワンダーランド」。そんな言葉もしっくり来る写真を紹介しましょう。写真家ティーナ・トルマネンさんが撮り続けているのは、フィンランドのラップランドの風景...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
 19歳のカメラマン、アルデリコ・グランジャーはこの夏の間じゅう、夜になると眠らずにハワイ島を駆け回って星空を撮影。彼の情熱の前では、銀河を撮影するために...
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
誰もが憧れる場所で暮らすMarcela Nowakさんの楽しみは、深夜に家の近くを歩き回りながら撮影をすること。昼は多くの人で賑わう「華やかな街」、夜はネ...
25年間、ずっとモノクロ写真を撮り続けてきたJason M. Petersonさん。5年前から写真を公開し始めて、今やインスタのフォロワー数は100万人越...
ふと見た横顔、甘い香り、何気ない仕草。男性だけじゃなく、同性であってもたまらなく惹きつけられることがある。性的なものとは少し違う想像力を刺激する女性ならで...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...