次にイタリアへ行く時は、 「夜空を見上げる」と決めた。

イタリアといえばピザやパスタ!北から南まで旅したことある人には「そんなことないよ」と一蹴されちゃうかもしれないけど。

じゃあ、そんなイタリア通の人に聞きたいことが。イタリアと言われて「夜空」というイメージはある?

あなたのイタリアのイメージが
変わるかもしれない。

冒頭で、ピザ、パスタと叫んでしまった私だが、一応イタリアの自然を堪能した思い出もある。

北部ヴェネト州へ行った時、まる1日山奥で過ごした。真夏の熱い日差しの中、小さな崖と崖の間に溜まったターコイズブルーの水にダイブした瞬間は、今でも忘れられない。身体に刺さるような水の冷たさが、生きていることを実感させてくれた気がしたから。

イタリアの自然にまたどっぷり浸かりたい。今度は、夜空を見上げることも忘れない。

Licensed material used with permission by Studio f/Zero
夜空に流れる「天の川」の美しさを追い求め、世界各地で捉えた天の川の画像をまとめました。夜空を眺める前にこちらもいかがですか?
ニュージーランドのクイーンズタウンを拠点にしているフォトグラファーのカップルは、南島を中心に夜空の写真を撮り続けている。大気汚染が少ない空には、息をのむほ...
フォトグラファーPascal Mannaertsさんは、10年間にわたり世界中を旅して、「朝8時の写真」を撮影し続けました。朝8時だけでこんなにも多様性が...
JR埼京線・武蔵野線「武蔵浦和駅」から1分ほど歩くと「イタリア」が見えてきます。イタリア風の建物がある、といった子供だましではありません。ヨーロッパ野菜を...
オフィスでカップ麺を食べる時、デスク周りの小物やPCなどに汁がハネるのを防いでくれる画期的なアイテム「麺ウォール」。通常はB5ノートほどの大きさ、閉じてい...
イタリア人フォトグラファーのRoberto Berteroさんは、自らの足でアルプス山脈を登り続け、絶景写真を撮りつづけている。その高さ、約3,000〜4...
イタリアのローマで生まれ育ったAlessio Trerotoliの雨の日の写真。彼にとって、滅多に雨が降らないローマでの雨は、特別な日だったそう。憂鬱な気...
普段、私たちが何気なく見ている夜空ですが、場所や時間によって、様々な表情を見せてくれます。条件さえ整えば、日本でも綺麗な天の川を見ることができますが、フォ...
1970年代、アメリカからイタリアに伝えられたチアリーディング。イタリアの伝統的なマーチングバンドと結びついて発展を遂げ、いつしかイタリア独自の文化へと姿...
超精細な天の川銀河の画像を400時間かけて撮影した、幻想的な映像を紹介します。夜空にかかるものとはまるで別の姿。電気を消して、しばし銀河へと想いを馳せてみ...
「コムサコミューン」が、国内で廃棄される、落ち綿や端切れを集めて作ったリサイクル素材を用いたチェスターコートを展開中。
世界的な権威を持つファッション雑誌のイタリア版『VOGUE ITALIA』は、2020年最初に刊行する1月号において「写真を使用しない」と発表。今月号では...
イギリス人写真家のLloyd Evans。彼の作品が注目される最大の理由は、劇場の照明デザイナーという専門スキルをもつフォトグラファーだからと言えるでしょう。
イタリア本土と水の都ベネチアを結ぶ街メストレに、博物館「M9(Museo 900)」がオープン。展示内容は20世紀のイタリア。テクノロジーを駆使した館内の...
先日、イタリア北西部のチンクエ・テッレではサンダルを履いてハイキングをすることが禁止となりました。
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
「国際障害者デー」にちなんだオンライン映画イベント「True Colors Film Festival」が、12月3日(木)〜13日(日)に開催。“One...
イタリア人の「おいしい」の表現方法は、じつに多様。さすがほめ上手な国民性ってところでしょうか。
世界各国で活躍しているフォトグラファーのJason D.Pageさんは、10年以上前からこのライトアートの虜。この魅力をもっと世に伝えるべく、夜空に落書き...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
50年以上に渡ってカメラを握り続けてきた、アメリカのベテラン写真家Charles H. Traub。長いキャリアでも氏の傑作と呼ばれる作品を紹介します。4...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。