星の流れに酔いしれる。「アメリカの夜空」を映した、壮大なタイムラプスムービー

移ろいゆく街の風景を収めたタイムラプスムービーは数多い。でも、ここで紹介する『Wonder Endlessly』は、「自然」に焦点が当てられています。

アメリカ西海岸各所で定点観測された星空は、壮大でロマンあふれるもの。「3分13秒の動画」と聞くと、少し長く感じるかもしれません。が、はじめの30秒を見てしまうと、そのまま見続けてしまうから不思議。

美しい映像はもちろん、音による演出が星空にさらなるダイナミズムを注入していますよ。写真だけでは良さが伝わりきらないので、ぜひ作品をご覧あれ。

つかの間の現実逃避をどうぞ。

流れ星も見所のひとつ。

このタイムラプスムービーは、サンディエゴ在住のフォトグラファー、Jack Fusco氏が制作したもの。普段の生活ではなかなか知り得ない「星の美」を、改めて私たちに教えてくれます。ちなみに、タイトル『Wonder Endlessly』は、常に新しい冒険を求めていたいという自身の欲望を表現したものだとか。

Instagramアカウントも
要チェック!

彼は撮影した天体写真の数々をInstagramでも発信中。上の2枚にビビっときた人は、こちらもあわせてチェックしてみて。

Licensed material used with permission by Jack Fusco
andmore
他の記事を見る
グルメやショッピングなど、私たちが旅行に出かける目的はさまざまです。が、「見たい景色がある」ということは、その最たるものと言えるのではないでしょうか。日本...
まだ電気のない時代に、美しく輝く夜空の星を見て感動した人々。彼らが、モミの木の周りにロウソクを飾って星を再現しようとしたことが、イルミネーションの始まりと...
超精細な天の川銀河の画像を400時間かけて撮影した、幻想的な映像を紹介します。夜空にかかるものとはまるで別の姿。電気を消して、しばし銀河へと想いを馳せてみ...
「星のや竹富島」に泊まってみて、実際に感じたことを書いていく。
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
「三日月」は、柔らかくてふかふかで、座りごごち抜群でした。
約半数のアメリカ人が異星人やそれに準ずる物の存在を信じていて、そのうちのほとんどの人が、「異星人は定期的に地球を監視するために訪れている」と思っていること...
夏の夜空は、気温の高さもあり星が眩しく瞬く季節。天体観測には気候も快適ですよね。そして、7月1日にはとても貴重な天体ショーを楽しむことができるようです。 ...
ツボミがゆっくりと開いていく様子は、ハッと目の覚めるような美しさ。今までは、満開になる前の姿がこんなにも魅力的だなんて、気づきませんでした。タイムラプス動...
アウトドアといえば、どう考えても夏のイメージ。寒さゆえ外で過ごす機会が減ってしまう冬は、はっきり言って不向きでしょう。でも、こんなグランピング体験なら話は...
9月20日にロサンゼルスを拠点にしているアーティストPlastic Jesusが新たな行動を起こしました。
『流星電波観測プロジェクト』によると、あまり条件は整っていないけれど、5月6日17時に、みずがめ座η流星群が極大を迎えます。
世界各国で活躍しているフォトグラファーのJason D.Pageさんは、10年以上前からこのライトアートの虜。この魅力をもっと世に伝えるべく、夜空に落書き...
テレビやネットを通しては見れない、リアルなアメリカを映す写真がある。被写体は皆、ベッドルームにいるBarbara Peacockさんの写真だ。様々な年代や...
長野県阿智村。そこは環境省認定の「日本でいちばん星が輝いて見える場所」。東京での生活に疲れた同じシェアハウスに暮らす私たち3人は、この星空の下で、自分たち...
イタリア関連のドキュメンタリーなんかを見ていると、未だあの国のイメージは「食べ物」や「歴史的な建築物」なのだろうと思う。が、壮大な自然も見逃せない。And...
JakeとJoは、ふたり組の写真家。カップルでもあるふたりは、2016年の冬、ニュージーランドを旅しながら、美しい星の写真を撮り続けました。ニュージーラン...
自然のものとは思えないような鮮明な木々の色に驚くはず。紅葉というよりも、赤、黃、緑、紫とまるで花畑。
7月25日、あのハリウッドスターなどの名前が刻まれている星形プレートが粉々になっていたそう。
2019年夏、全世界の旅行業界に向けて“挑戦状”をたたきつけようとしているアメリカのツアー会社があります。なんでも、参加者にツアーを楽しみながらゼロ・ウェ...