年々、夜空が明るくなっている。その事実を知っていますか?

ここ数年、夜空が明るくなったと感じたことはないだろうか?

その感覚、間違いではないようだ。確実に、過去数十年よりも夜空が明るくなっているという研究結果が発表された。

スロバキア科学アカデミーとコメンスキー大学による研究チームが王立天文学会に発表した内容によれば、地球を周回する軌道上の人工物が、これまで考えられていた以上に夜空を明るくしていることが判明。

原因は、人工衛星宇宙ごみ(スペースデブリ)などの反射光によるもので、地球上の大部分で自然な状態の夜空よりも10%以上、明るさが増している可能性があるとの推測を示した。これは、40年以上前に国際天文学連合が設定した、天文台における“光害”の基準値を上回るものだそう。

これまでの研究では、個々の人工物が天体撮影に与える影響を算出する程度だったそうだが、今回の推計値の異常な高さを危惧した研究者らは、すくさま学会への発表を決めたという。

地球を覆い尽くすスペースデブリをどう低減していくか。深刻化する宇宙のごみ問題について、国を超えての協調の必要性やデブリ対策の国際ルール策定が提案されてきたが……。この先もずっと見上げる夜空に輝くのは、きら星であって欲しいものだ。

Top image: ©
Top image: © iStock.com/Jasonfang
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

地球上とは違い、簡単に除去することが難しいスペースデブリだが、ヨーロッパが共同で設立した欧州宇宙機関では、宇宙空間を清掃するというミッションを計画。スイス...
日本でのスペースポート開港を目指す「一般社団法人Space Port Japan」が、今年6月に発表した「スペースポートシティ構想図」にワクワク。
宇宙探索ソフト、SpaceEngine。自分で惑星をつくったりマニュアルを覚えて宇宙船を操作したり。とにかくリアルです!
11月30日、秋葉原に寿司ブリトー専門店「beeat sushi burrito Tokyo」がオープンしました。
チャームやブレスレットが幅広い世代に大人気の「Pandora」は、5月4日、今後一切採掘されたダイヤモンドを使用しないと宣言。同時に人工ダイヤモンドのみで...
「スペースX」は宇宙船での“国際宇宙ステーションへのドッキング”をWebブラウザで体験することができるシミュレーターを公開。実際のインタフェースを元にして...
「UHA味覚糖」が開発を進めていた宇宙日本食ミルクキャンディ「宇宙食 特濃ミルク8.2」。ついに「JAXA」の認証を受け、米国の宇宙企業「スペースX」が開...
フランス・マルセイユでは、ゴミ拾いとカヤックを融合させたアクティビティが誕生し、5月30日にはコンテストが開催される予定です。
ガス気球(バルーン)を利用し、成層圏をターゲットとした宇宙開発方式である「スペースバルーン」の事業などを手がける企業、「スペース・バルーン株式会社」が、「...
サンフランシスコの企業「Elysium Space(イリジウムスペース)」がこのサービスを運営していて、12月4日には遺灰の入ったカプセルを載せた小型惑星...
「ラム焼肉専門店lambne(らむね)」のラムチョップと、いま話題沸騰中の、カサスグリル社製「クラフトグリル」がコラボした、アウトドアでも手軽に本格的な料...
もともとは宇宙飛行士のトレーニングの一環として、出発前の宇宙飛行士たちに宇宙の香りに慣れてもらうために作られた「NASA」謹製のフレグランス「Eau de...
宇宙とリアルタイムでつながれる遠隔操作ロボット「space avatar(宇宙アバター)」の利用実証プロジェクトが本格スタート!
「wa/ter」は、インテリア制作の過程で出る「ゴミ(廃材)」にデザインの力で新しい価値を与え、別のインテリアに生まれ変わらせるプロダクトブランド。ゴミを...
世界で問題視される海洋ゴミ。その主なひとつとなっている漁網をリサイクルした新コレクション「GNB×russet Sustainable Collectio...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
「からあげクン」をフリーズドライにした「スペースからあげクン」が、6月10日、ついに正式に「JAXA宇宙日本食」に認証された。コンビニのオリジナル商品が認...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
実はすぐそこまで来ている、宇宙旅行に行ける未来。現状、いつから行けるのか、いくらで行けるかについて解説していきます。
2025年に完成予定の商用宇宙ステーション「Von Braun Rotating Space Station(ボン ブラウン ローテティング ステーション...
「The WasteShark」は、水上をスイスイとスベってお掃除してくれるマシン。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
10月16日、「Virgin Galactic」が宇宙旅行者向けのオーダーメイドの宇宙服を発表した。デザインは「Under Armour」が手がけている。
9月15日、「Hotels.com」が近未来で可能になるだろう宇宙旅行に備えて、宇宙ホテルの宿泊予約を受け付けを開始した。
都内の空き家を「収納スペース」として有効活用しようという物置のシェアリングサービス「モノオク」の実証実験がスタート。
12月8日、米菓で初めて宇宙日本食認証を取得した「亀田の柿の種」が、ついに国際宇宙ステーションに到着。
「NIKE」より最新コレクション「スペース ヒッピー」が今春にリリース予定。アッパーやソールに、リサイクル素材を採用したサステイナブルなフットウェアに。
11月5日、「アディダス」は「国際宇宙ステーション」の協力のもと宇宙空間での技術開発や研究をおこなうと発表した。アスリートのパフォーマンス向上に貢献するの...
NASA、ジェット推進研究所、南カリフォルニア大学、ハイデラバード大学らの共同研究チームが、ISSで採取されたサンプルから4種の菌株を分離した結果、そのう...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサステイナブルな...