交換も空気入れも必要ない「新時代のタイヤ」

宇宙開発の代表格として誰もが知る「NASA」。その技術は宇宙だけでなく、地上にいる人々の生活をも豊かにしてくれるようだ。

「SMART」との共同開発によって生まれた新技術「SMA(形状記憶合金=Shape Memory Alloy)」で作られたタイヤを備えた、従来のものとは比較にならないほど丈夫な自転車「METL」が公開された。

「SMA」は、もともと月面や火星探査機の耐久値を向上させるために研究された技術

分子レベルで元の形に戻れて、チタンのように丈夫でありながら、ゴム製タイヤと同等のトラクション性能をもち、さらに衝撃吸収の機能まで備えられている。

また、空気を必要としないため、パンク空気漏れの心配がなく持続性が高いのも魅力。

開発元のSMARTは、リアリティーゲーム番組の優勝者らが設立したスタートアップ企業で、米「Ford」傘下の「Spin」との提携によって「SMAタイヤ」を用いた電気スクーターも開発している。

これからは自動車にも「SMAタイヤ」を導入する予定とのことで、消耗の激しいゴム製に代わってタイヤのスタンダードとなる日は近いのかもしれない。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

走行することで空気を自動で注入するシステム「エアハブホイール」を搭載したクロスバイクが「Makuake」に登場。面倒な空気入れ作業が必要ないほか、空気圧の...
今年9月にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をする予定の「Tuck Bike」。これ、フレームだけでなくタイヤまで折りたた...
手のひらサイズの「TROPO」は、電動空気入れです。海水浴では浮き輪を、キャンプでは寝袋用エアーマットを膨らますことができます。逆の機能もあって、圧縮袋か...
誰もが「欲しい!」と思うかというと、きっとそうじゃない。でも、これまでになかったタイヤの開発に、相当な熱意を持って取り組んでいることは確かです。
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
日・米・独の3ヵ国から最新の自転車を3種類ピックアップ。
宇宙探索ソフト、SpaceEngine。自分で惑星をつくったりマニュアルを覚えて宇宙船を操作したり。とにかくリアルです!
しかもこれ、“自転車に乗って走る”ことを動力源として機能するものなので、電気も要らないのです。もちろん空気圧も設定可能。つまり…、ゴムでできたタイヤチュー...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
シティサイクルブランド「マルキン自転車」90年目の歴史を象徴する実用自転車「ニューマルキン号」
「スノーピーク」が2024年春、栃木県鹿沼市に関東初となる直営キャンプフィールドを開業することが発表された。
国連が掲げる「SDGs」の認知度を高めるプロジェクト「SDGs×マンガのチカラ」が発足。発起人である浜田ブリトニーのもとに17名の有名漫画家が大集結。SD...
イラストでSDGsの17の目標を表現した展示会「本田亮SDGsユーモアイラスト原画展~楽しく知る世界を変える17の目標~」が、10月1日〜16日、東京・青...
イギリス・ロンドンの学生たちによって結成されたチーム「The Tyre Collective」がタイヤ片を集められるガジェットを開発した。
今だからこそ欲しい空気清浄機「puripot L1」が「Makuake」で先行販売中。見た目はインテリアライトそのもの。有害物質を光触媒機能で分解して除去...
「LG」からマスク型の着脱式空気清浄機「LG PuriCare Wearable Air Purifier 」がついにローンチ!同社の家庭用空気清浄機と同...
8月31日〜9月4日まで「micro FOOD&IDEA MARKET」をはじめとした大手町・丸の内・有楽町にある全12スペースにて、“SDGs”がテーマ...
ネックストラップ式で手軽に使えるパーソナル空気清浄機が「Makuake」に登場。マイナスイオンによる空間除菌システムを採用しており、フィルター不要で使いやすい。
「阪急阪神ホールディングス」と「東急グループ」は、9月8日より、ラッピング列車「SDGsトレイン 2020」の運行を開始する。
最近よく聞くSDGsで出てくるレジリエンスってどういう意味?この疑問にお答えします!
宇宙とリアルタイムでつながれる遠隔操作ロボット「space avatar(宇宙アバター)」の利用実証プロジェクトが本格スタート!
「Oxygene」と名付けられたコンセプトモデルの内部には、苔が生息しているようです。端的に言ってしまえば、その光合成を利用し、酸素を生み出すのが狙いなん...
「Daytona PotteringBike」の電動アシスト自転車「DE01」の紹介。
食のサステイナビリティへの取り組みとして、宇宙空間での培養肉生産プロジェクトが本格始動した。地球への負担を軽減する、土壌や水などの天然資源を利用しない、ま...
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
全国の小学生を対象に「よりよい世界をつくるためには」という内容でアンケートを実施したところSDGsを知っていた子は全体の48.5%となった。
実はすぐそこまで来ている、宇宙旅行に行ける未来。現状、いつから行けるのか、いくらで行けるかについて解説していきます。
世界最大級のタイヤメーカー「MICHELIN」が、スペインのサステイナブルアパレルブランド「ECOALF」と共同開発したローファー「JOHN」を公開。ビッ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。