タイヤに空気を自動充填!「新時代の自転車3選」

密とは無縁——。withコロナ時代の“最強の移動手段”ともいうべき自転車だが、近年、この分野へのテクノロジーの導入が加速している。

ここでは、日・米・独の3ヵ国から最新の自転車を3種類ピックアップ。中には誰もが煩しいと感じている“あの手間”を解消する「革命的なシステム」を搭載したものも!

クラファンで5億7000万円も集めてる!

©2020 Arevo

クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」にて資金調達中の「Superstrata」は、シリコンバレーのベンチャー企業「Arevo」が製造する自転車。3Dプリンターを使い、一人ひとりのニーズに合わせたフレームを作れるのが最大の特徴だ。

フレームは体型や身長、体重、ライディングスタイルなど、さまざまな要素をもとにパーソナライズしてくれるという。

パンク知らずの「クロスバイク」

©Makuake

応援購入サービス「Makuke」にて、走行すると自動でタイヤに空気を補充してくれるシステム「エアハブホイール」を搭載した革命的なクロスバイクが販売中。

「エアハブホイール」は、車輪1回転ごとにおよそ0.5ccの圧縮空気をタイヤチューブに送り込むテクノロジー。空気圧が設定値を上回れば、余分な空気を開放弁から放出し、常に一定の空気圧を保ってくれるため、乗り心地が変わることもなく、面倒な空気入れ作業も一切必要ナシ!

ビーチクルーザータイプの「eバイク」

©Ruff Cycles GmbH

e-bikeの中でも、より個性的なモノに乗りたい人にオススメなのが、ドイツの自転車メーカー「RUFF CYCLES」の「THE RUFFIAN」だろう。

フレームこそオールドスクールな印象も、ドライブユニットは「Bosch Performance Line CX」を搭載。近年、マーケットを急拡大させる「Bosch」のニューモデル。ブレーキもディスクブレーキ仕様だ。

Top image: © 2020 Arevo

関連する記事

今年9月にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をする予定の「Tuck Bike」。これ、フレームだけでなくタイヤまで折りたた...
誰もが「欲しい!」と思うかというと、きっとそうじゃない。でも、これまでになかったタイヤの開発に、相当な熱意を持って取り組んでいることは確かです。
走行することで空気を自動で注入するシステム「エアハブホイール」を搭載したクロスバイクが「Makuake」に登場。面倒な空気入れ作業が必要ないほか、空気圧の...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
しかもこれ、“自転車に乗って走る”ことを動力源として機能するものなので、電気も要らないのです。もちろん空気圧も設定可能。つまり…、ゴムでできたタイヤチュー...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
遺伝子検査によって肌傾向を分析できる次世代スキンケアサービスが登場。簡単な検査キットで肌タイプを知り、さまざまな種類の化粧水を試して、自分に合ったスキンケ...
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
「ピップエレキバン」でお馴染みの「ピップ株式会社」が手がけた、たった15分で肩こりを和らげてくれるという磁気治療器「ピップ ジースピナー」が「Makuak...
「Makuake」にて販売中のシリコーンほうき「Tyroler」は、掃き掃除から水掃除まで一本でこなしてくれるバツグンの掃除効率を実現。