タイヤに空気を自動充填!「新時代の自転車3選」

密とは無縁——。withコロナ時代の“最強の移動手段”ともいうべき自転車だが、近年、この分野へのテクノロジーの導入が加速している。

ここでは、日・米・独の3ヵ国から最新の自転車を3種類ピックアップ。中には誰もが煩しいと感じている“あの手間”を解消する「革命的なシステム」を搭載したものも!

クラファンで5億7000万円も集めてる!

©2020 Arevo

クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」にて資金調達中の「Superstrata」は、シリコンバレーのベンチャー企業「Arevo」が製造する自転車。3Dプリンターを使い、一人ひとりのニーズに合わせたフレームを作れるのが最大の特徴だ。

フレームは体型や身長、体重、ライディングスタイルなど、さまざまな要素をもとにパーソナライズしてくれるという。

パンク知らずの「クロスバイク」

©Makuake

応援購入サービス「Makuke」にて、走行すると自動でタイヤに空気を補充してくれるシステム「エアハブホイール」を搭載した革命的なクロスバイクが販売中。

「エアハブホイール」は、車輪1回転ごとにおよそ0.5ccの圧縮空気をタイヤチューブに送り込むテクノロジー。空気圧が設定値を上回れば、余分な空気を開放弁から放出し、常に一定の空気圧を保ってくれるため、乗り心地が変わることもなく、面倒な空気入れ作業も一切必要ナシ!

ビーチクルーザータイプの「eバイク」

©Ruff Cycles GmbH

e-bikeの中でも、より個性的なモノに乗りたい人にオススメなのが、ドイツの自転車メーカー「RUFF CYCLES」の「THE RUFFIAN」だろう。

フレームこそオールドスクールな印象も、ドライブユニットは「Bosch Performance Line CX」を搭載。近年、マーケットを急拡大させる「Bosch」のニューモデル。ブレーキもディスクブレーキ仕様だ。

Top image: © 2020 Arevo