あなたのお気に入りはどれ?世界の「進化系」自転車7選【まとめ】

機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です。

クラシカルなものからエッジの効いたデザインまで、ファッショナブルに進化する「自転車」は、見ているだけでもアガりますよね。

01.
パワフルでレトロな
「電動自転車」はいかが?

ハイテク企業が集まっているカリフォルニアのオレンジ・カウンティより登場した、電動自転車「Super 73’」。その名の通り、見た目は70年代のバイクのようにレトロ。でも、中身は最新機能が満載なんです。

1,000ワットの高出力モーターを採用、時速40km〜50kmで安定して走行可能と、250ccのバイクと同等のパワフルさ。大容量のリチウムイオンバッテリーは、4時間でフルチャージできて、距離にすると30kmまで足を伸ばせます。

幅10cmの太いタイヤで、オフロードも楽々走行。最高に遊べる1台になってくれそうじゃありませんか?

→詳しい記事はこちらから。

02.
あなたの旅を大きく変える!?
バックパックに
「イン」できる自転車

「手軽に旅に携行できる自転車」を目指して、インド・バンガロールに拠点を置くLucid Design社が設計した「Kit Bike」。じつは、わずか21個のパーツを組み立てたものなんです。これくらいの数なら、(ギリギリ)面倒な気分にはならず、持ち運びも便利。

旅先で、そこに暮らしている地元民のように街をサイクリングすれば、風景が楽しめるほか、街の音や匂いだって体感できるんです。こんなワンランク上の旅、絶対楽しいに決まってますよね。

→詳しい記事はこちらから。

03.
自転車にペダルは不要?
街乗りの常識を変える
「ウォーキングバイク」

写真を見れば一目瞭然。ウォーキングバイク「Lopifit」には、ペダルがなければサドルもない。見た目はどこかキックボードのような風貌だけど、エクササイズマシンのように設置された「踏み台」を歩くことで動力に変える電動バイクなんです。

「街乗り」を意識した3段変速ギア付きで、最大時速は約25km/h。一回の充電でおよそ55kmの走行が可能。ハンドルを握って歩くことが前提のため、全長2.3mと少し大きめな「ブサカワ」デザインも魅力です。

→詳しい記事はこちらから。

04.
見分けがつかない!
普通の自転車みたいにスリムな
「電動アシスト」

「Ampler Bikes」によれば、その重さは14kg。出力は250W。最大時速35kmまでアシスト。一度の充電で走れる距離は平均60〜70kmで、最大100kmまで走行可能。

フレーム内に電子機器、シートチューブに電源ボタンと充電用のソケットと、どちらも目立たないデザインで、3時間ほどでフル充電ができるとか。

将来的には多くの電動自転車がこうなるのではないか、と考えさせられるシロモノ。実際に乗っている様子は動画でチェックしてみて!

→詳しい記事はこちらから。

05.
1950年代の
バイクパーツを使った
「電動自転車」が気になる

1950年代の古いバイクパーツ(主に燃料タンク)を使い、バッテリーをうまくデザインに溶け込ませたレトロな仕上がり。この「Agnelli MILANO BICI」のデザインを手がけているのは、アンティーク家具のリペア職人だったというルカ・アニエリさん。

見た目はヴィンテージでも、ヘッドライトにはLEDを採用。バッテリーもパナソニック製の36V10Ahで、さらにリアにはディスクブレーキを採用するなど、走行性能はしっかり今どきの電動自転車。各部のアクセサリーは、選んでモディファイすることもできるそうですよ。

→詳しい記事はこちらから。

06.
お値段は約200万円
「宝石のような電動自転車」

ブラジルからの移民としてNYを訪れ、ファッションモデルとしてキャリアを積んできた異色の経歴を持つヘリオ・アスカリ氏。彼が率いる自転車工房「アスカリ・バイシクルズ」のフラッグシップモデルにあたるThe Ascari Kingの値段は、驚きの2万ドル。

クライアントの使用目的や一日に乗る距離などをヒアリングしながら1台ごとに設計図面が引かれ、製作も数ヶ月を掛けてネジひとつに至るまですべて職人の手作業。ハンドルひとつとっても目を見張るこだわりが施され、もはや自転車というよりも美術工芸品の域。そのモノ作りは、ラルフ・ローレンも魅了し、実際にコラボレーションモデルも製作するほど。

→詳しい記事はこちらから。

07.
世界に1台だけ。
無限のデザインが楽しめる
「カスタム自転車」

Cocci Pedale(コッチペダーレ)」は、自分で簡単にパーツやカラーの組み合わせを選択し、カスタムオーダーできるサービス。20カ所のパーツそれぞれに約14色を準備しているので、その組み合わせは、なんと139,100,000,000,000,000,000,000通り!

自分でデザインした自転車を、プロが仕上げ、それを乗りこなせる。そんな楽しみを味わえるのが最大の魅力。

→詳しい記事はこちらから。

他の記事を見る
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
2月12日、フォードのヨーロッパ支社が自動運転技術を使って、寝返りが好きなだけ打てるベッドを開発しました。
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
シャネルが、ファンデーション、アイブロウ・ペンシル、マットな仕上がりの保湿リップクリームの、3つの製品で構成される「ボーイ ドゥ シャネル」を立ち上げまし...
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
ハイテク企業が集まっているカリフォルニアのオレンジ・カウンティより、超カッコイイ電動自転車が登場。その名も「Super 73’」!その名の通り、70年代の...
僕が通勤するルートには坂道が多いんです。だから、電動アシスト自転車に買い換えたいなと思うけど、値段を考えるとハードルが高い。でも、「Rubbee X」を知...
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
「HOKA ONE ONE」の「ORA RECOVERY SLIDE」は、疲れた足を回復させるためのリカバリーサンダルです。
茨城県・つくば市にあるサイクルショップ「tascycle(タスサイクル)」の店長・福田さんは、東京のおしゃれタウンで働いていたけど、つくばが気に入って移住...
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
シャフトドライブ式自転車は多く販売されているのですが、Ceramicspeedが手がけた「Driven」は一味違います。
やっぱり愛って永遠じゃないんですね。出会った頃と同じトキメキがずっと続くなんて、夢みていたワタシがバカでした。
「SEATY LOCK」のポイントは、自転車のサドル自体が、たった10秒で頑丈なチェーンロックに変身するところ。しかも、その頑丈さは、ボルトカッターでも切...
「Bosch」が開発したのは、バイクのタイヤが横滑りしたときに、これを検知すると同時に一気にガスを噴出させる機能。滑っている方向とは逆の力を発生させること...
中国・上海のBMWグループのテクノロジー部門によって、練られたアイデアは、電動自転車専用のハイウェイを建設するというもの。屋根もつけられる予定なので、悪天...