欧州の「サイクリング環境」がさらに進化。自転車通勤手当に専用高速道路まで!

自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新しい取り組みが注目されています!

自転車で通勤するだけで、
手当が貰える!?

2016年2月29日の「The Guardian」紙によれば、イタリアのマリオ・マントヴァーニ地方議員が、ミラノを対象にした自転車手当の予算申請をする予定。ミラノはとくに大気汚染が深刻化している都市として知られており、過去には街の空気が人体に有害なレベルに達したと判断され、期間限定ではあるものの、交通規制がかかったことがあります。

そこで、自転車通勤を推奨して排気ガスを削減しようというのがこの取り組みの目的。

同紙にあるマントヴァーニ議員のコメントによれば、アプリケーションによって走行距離を計測し、距離に応じて手当を支払うとのこと。誤差は許容範囲にあるようです。

フランスで前例あり。

なお、この制度は2014年に試験導入されたフランスの事例がもと。特定の企業に務める従業員に対し、1kmあたり日本円にして1円未満と少額ながらも、金銭が支給される仕組みに。

気になるのはその結果ですが、残念ながら参加者は8,000人中数百人に留まりました。「Better By Bicycle」の調査によれば、全体の60%は関心を寄せていたにも関わらず、“検討中”の姿勢。

これについて、専門家たちはまず駐輪場やシャワー室など、サイクリストにとって必要な設備を整えることが重要であると指摘。さらに、実際に走る道路が少しでも快適であるよう、改善を進めるのが先決だと見解を示しています。

ノルウェーが巨額を投資?
「スーパーサイクルパス」

たしかに、いくらお金が貰えるからといって、不便では意味がありません。そこで、ドイツに次いで自転車専用高速道路への設備投資を予定しているのがノルウェーです。

2016年3月3日の「City Lab」によれば、「Super Cycle Path」と呼ばれる自転車専用高速道路構想に、日本円にして1,000億円超の予算が投入される模様。排気ガスを半減させるために、同国にある9つの主要都市を行き来する、2車線の広い通路を10本つくるとか。

速度制限は、30-40kmを想定。交通事故を防ぐためのルールづくりなど課題もありそうですが、これによって、自転車が高速、かつ安全に走行できるようになれば、石油燃料を使用する車よりも健康的で、なにより便利な移動手段として広く用いられる可能性があります。

専用道路があるなら
自転車通勤もラクちんかも!

VG News」はデンマークにある自転車専用道路を紹介しています。走行しやすく整ったアスファルトの路面や、LEDライトによる誘導灯、信号で停まる必要がない道。もしもそんな環境が勤務先付近まで続いていたらと考えると魅力的ですよね。さらに、手当まで貰えるとなれば尚更かもしれませんね。

関連する記事

建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
日本でも、仕事先まで自転車で行く人が増えてきているように感じます。そんな中、自転車大国とも言われるオランダでは、自転車通勤にも手当が出るなどますます優遇さ...
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
レイングッズを扱う「ワールドパーティー」が、安全面や機能面に配慮した、自転車に乗る人のためのポンチョ「レインバイシクルポンチョ」を自社ブランド「Wpc.」...
BBQやキャンプで盛り上がるスイーツの定番と言えば、焼いたマシュマロをサンドした「スモア」が真っ先に思いつくけど、今年は「バウムクーヘン」で盛り上がろう!
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
緊急事態宣言は解除されたものの、まだまだ安心できないこのご時世。この機会にクロスバイクでの通勤を取り入れてみては?初心者にぴったりな製品もご紹介します。
元・自転車雑誌編集長の石川望さんに「通勤でオススメのE-BIKE」を4台挙げてもらった。
愛媛県は、2017年3月に「四国一周1,000キロルート」を発表した。これは、四国を周遊するサイクリングロード。台湾が取り組んでいる、台湾島を一周する環島...
「Daytona PotteringBike」の電動アシスト自転車「DE01」の紹介。
「アディダス ジャパン株式会社」と「オールバーズ合同会社」が、コラボレーションによるランニングフットウェア「FUTURECRAFT.FOOTPRINT」を発表。
自転車を解体することなく、そのまま愛車と一緒に乗車できる「JP東日本」の列車「B.B.BASE」が、銚子コースの停車駅に、人気自転車競技アニメの舞台でもあ...
やっぱり愛って永遠じゃないんですね。出会った頃と同じトキメキがずっと続くなんて、夢みていたワタシがバカでした。
ニュージーランドを拠点にする企業「Manta5」が水上をサイクリングできるバイク「HYDROFOILER XE-1」を開発。まったく新しいマリンスポーツギ...
最近どんどんと女性解放が進んでいるサウジアラビアでは、ランニングやサイクリングなどで使える運動用アバヤが販売されています。
「Make」の社員は、自転車通勤をすれば特別ボーナスがもらえる仕組みになっている。1日あたり5ドル。もしも1年の勤務日の半分以上に、自転車を使って出勤すれ...
中国・上海のBMWグループのテクノロジー部門によって、練られたアイデアは、電動自転車専用のハイウェイを建設するというもの。屋根もつけられる予定なので、悪天...
「しまなみ海道サイクリングロード」は今、海外のサイクリストたちからも注目を集めている。瀬戸内海に面した広島・尾道から愛媛・今治間に通じている、全長約70k...
ドイツのタイヤメーカー「Continental」が開発した「GRIP LINE」は、ゴムの微粒子が混ぜられた塗料。自転車レーンの塗装材料として使うと、スリ...
元・自転車雑誌編集長の石川望さんに「休日に乗りたいE-BIKE」を5台挙げてもらった。
パリでは渋滞問題による救急患者への医師の派遣の遅れが問題に。そこで電動自転車ベースの救急車「Emergency Bike」が導入された。
JR「土浦駅」に直結する日本最大級のサイクリングリゾート「プレイアトレ土浦」内に「星野リゾート BEB5 土浦」がグランドオープンした。
「Google マップ」の経路検索で「自転車ルート」の選択が可能に。状況に応じて、坂道やトンネル、悪路を避けてくれて、自転車にとって最短&最適なルートを提...
電動自転車は重たく、持ち運びにくいというイメージを払拭する、折りたたみ式電動アシスト自転車「VELMO Carbon」。新しい3Dプリント技術を活用するこ...
都市空間での最適な移動手段を追求し続け、Folding BikeやCross Bikeを展開する「Tern Bicycles(ターンバイシクルズ)」。ここ...
自転車の交通ルールは、2015年6月に道路交通法の罰則規定が強化され、3年以内に2回以上危険行為を繰り返すと、都道府県公安委員会から自転車講習を受ける命令...
ニューヨーク市ブルックリンに拠点を置く「CLIP.BIKE Inc」が開発した「CLIP」は、どんな自転車にも電動アシスト機能を加えられるガジェット。20...
今年9月にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をする予定の「Tuck Bike」。これ、フレームだけでなくタイヤまで折りたた...
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
足けりバイク・キックスケーター・自転車の3つのモードで乗ることが可能な幼児用自転車「Kiccle」が、先週4月5日(月)から発売!