日中の太陽光を蓄えて、夜道を青白く照らす「自転車ロード」

モルディブに青く光る海があるという。砂浜近くに押し寄せた海洋性プランクトンの一種「夜光虫」が、夜の海に青い道をつくる現象だ。瞬間、それをイメージさせるが、画像を見ればわかるようにこれは砂浜ではなく夜の道。では、光の正体はというと。

人と環境にやさしい灯りは
郊外でこそ生きる

北ポーランド北部の町に伸びるこの道(自転車専用道路)は、日中の太陽光を蓄えて夜に暗闇で光る。表面に用いられた素材には、りん光と呼ばれる物質が光を発する現象を利用したもの。

「ネオンの届かない森の中でも煌々とひかり輝く道になる」、と開発メーカーの担当者は強調する。だいたい10時間は発光が続くということだから、明るさが一晩中絶えることはないんだろう。

現在のところ、距離にして100メートル。まだ、試験は始まったばかりだ。今後はこの距離を伸ばし、冬場の平均気温が氷点下という環境でいかに機能するかを見ていきたいという。

これが首都ワルシャワではなく、郊外都市のさらにバイパス道路だということにも意味がある。少し郊外に出るだけで、行く先を照らす灯りが極端に少ないことを意識させられるのはやっぱり夜だ。そこに月明かりでもない限り、自転車はおろか歩くことだってままならない。

今回発表された自転車レーンも、当然そうした安全面を考慮してのもの。だけど、周囲の景観に溶け込むデザインでありたいと各色試作をしたうえで、目にもやさしいこの色が採用された。 

たしかにオランダをはじめとする自転車先進国では、すでに太陽光発電機能を備えた自転車専用道路の試験運用が始まっている。強化ガラスで覆われた太陽光発電機を、直接地面に埋め込むといったやり方だ。

同じ持続可能エネルギーを利用する光であることには変わりない。それでも、このやさしい光を見ているだけで、エコフレンドリーな心象を抱かせる。自転車乗りの一人として、青白く輝く夜道を走る姿を想像してしまった。

Licensed material used with permission by Press materials TPA
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
仲の悪い関係が続いているラッパーの50セント(50 Cent)とジャ・ルール(Ja Rule)。彼らのビーフはアメリカのメディアで度々取り上げられるのです...
自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新...
やっぱり愛って永遠じゃないんですね。出会った頃と同じトキメキがずっと続くなんて、夢みていたワタシがバカでした。
シャフトドライブ式自転車は多く販売されているのですが、Ceramicspeedが手がけた「Driven」は一味違います。
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察が導入を発表したホバーバイク『S3 2019』の飛行訓練がはじまりました。実際に運転している様子は『YouTube』...
茨城県・つくば市にあるサイクルショップ「tascycle(タスサイクル)」の店長・福田さんは、東京のおしゃれタウンで働いていたけど、つくばが気に入って移住...
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
見た目の派手さも手伝って、レーザーライトを路上に照らすことで自転車事故を防ごうとするムーブメントは数年前からありましたが、米・ニューヨークの自転車シェアサ...
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見する...
「SEATY LOCK」のポイントは、自転車のサドル自体が、たった10秒で頑丈なチェーンロックに変身するところ。しかも、その頑丈さは、ボルトカッターでも切...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
中国・上海のBMWグループのテクノロジー部門によって、練られたアイデアは、電動自転車専用のハイウェイを建設するというもの。屋根もつけられる予定なので、悪天...
自転車の交通ルールは、2015年6月に道路交通法の罰則規定が強化され、3年以内に2回以上危険行為を繰り返すと、都道府県公安委員会から自転車講習を受ける命令...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
多くの人が共感して、彼女の投稿には約29万件のいいねがついています。
中国の都市部では自転車のシェアリングがみるみる広がっています。今夏、日本国内でも札幌でローンチされ話題となった『Mobike』のオレンジ自転車をはじめとし...