自転車を修理中の男性が、ヘッドバンドをしている理由

パソコンやスマホに不具合があるとき、ほとんどのメーカーが電話やチャットを利用した遠隔サポートで対応してくれます。軽い故障なら自分で修理ができる便利なサービスですが、ある問題が。

コレ僕の場合ですが、あまり専門的なことを言われると、もう何がなんだかさっぱり分かずパニクる。でも意外といると思うんだよなぁ、そういう人。でもこれからは……。

分からないことは
「SENSEI」に聞く!

その名の通り「SENSEI」は、自分ではどうにもならない家電のトラブルや、修理なんかを遠隔で専門家の指導を得ながら、直してしまおうというもの。ゆえにSENSEI。

写真の男性がおでこに付けた丸いヘッドランプみたいなもの、内部には小型カメラが仕込まれていて、それをモニタリングしながらトラブル対応していくという、構造はいたって単純な遠隔サポート。

自分の目線をシェアすることで
的確なアドバイスをもらう

使い方はこんな感じ。

SENSEIを頭に装着して、トラブル内容に最も近いジャンルから専門家を選ぶ。その人へと電話をつなぎ、状況を伝えると、修理の仕方を教えてくれるんだそう。

おでこに装着した際のルックスに抵抗感を抱く人もいそうですが(苦笑)、ここが重要。トラブっている本人がいま何を見ているか、この「目線」がカギになるんですよね。

いくら同じものを見ていたって、シロウトには何がなんだかサッパリ分からないときもある。こんなときも心配無用みたいです。SENSEIたち側からも、レーザーポインターを照射して指示をしてくれるようになっているようだから。それもあのヘッドバンドから。

パソコン、自転車、家電製品…その道のエキスパートたちが、専用アプリを通じて直したいモノや聞きたい人を選べる構造。まだ試作段階なのか、詳細な価格は発表されていないようですが、こうしたサービスはありがたい。

さらに、AIに相談ができるようなシステムの開発も進めているらしく、相手が会話中で電話をすることができないという状況も少なくなっていきそうですね。

Licensed material used with permission by Daljinder (DJ) Sanghera, SENSEI Home Page
バレンシアガの洋服のデータを取り込んだAIが、それらの要素分解をして、いくつかの特徴を捉えて新しい洋服を再構成しました。
使っているものが壊れたら、修理せずに買い換える。その方が安いし、新品の方が優秀だーー。スウェーデンはそんな“使い捨ての仕組み”を変えようとしている。「修理...
アーティストBen Snellさんのサポートによって、AIがオブジェを考案しました。
先日、炊飯器が壊れたので、ある家電量販店へ修理を依頼しに行った。すると、修理費を見積るのに前金が必要で、もし、見積もりが高く、修理を中止にする場合は、預け...
AIがイスを設計しました。裏ではデザイナーのフィリップ・スタルク、ソフトウェア開発企業のオートデスク、インテリアブランドのカルテルがサポートをしています。
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で、目標金額の27倍もの資金調達に成功した注目度大のガジェット。それが、ここで紹介する「Sleep ...
「Mr. ESP 1」の使い方はカンタン。頭につけてから、瞑想を行えばイイだけ。すると、本体が脳波やその動きを読み取り、より深い状態へと導いてくれるようです。
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
リンゴから作られるアルコール飲料「シードル」を自分で作れちゃうガジェット『ALCHEMA』です。
「Lumen」は、息を吹き込むだけで現在の新陳代謝を測定してくれます。さらには、栄養素などのアドバイスも。リアルタイムで体内の調子を知ることができて優秀な...
デスメタルの曲をノンストップで配信するYouTubeチャンネル。これ、DADABOTSというアーティストによるもの……とされていますが、その正体はAI(人...
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
「UFO」という化粧ガジェットは、フェイスパックと同じ効果を発揮してくれて、たったの90秒で顔のケアができるようです。男性へのプレゼントなんかにもアリかも...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
AIの進化によって、数多くの職業が失われるという説があります。今でもすでに、機械化によって職を追われる人々が出てきている状況です。しかし「Inc.com」...
SF映画の金字塔「E.T.」の有名なシーンに、日本メーカー「KUWAHARA(クワハラ)」の自転車が起用された理由!
人は見た目からでは判断できない。それを痛烈に教えてくれるオーストラリア発の動画が話題になっています。屈強な男性たちが、自分たちのスキルを披露してくれる内容...