「今から左折します」が一目瞭然のサイクリスト向けヘルメット

自転車に乗っていると、いくら気をつけていても危険につながってしまうことがある。特に、視界の悪い夜はそう。減速したり、曲がったりする時は、自分なりに安全確認をしているつもりであっても、どう動くかを周囲に知らせるのってなかなか難しい。

私みたいにママチャリで短い距離を走るくらいならまだいい。だけど、ロードバイクに乗っている人にとって、ドライバーとコミュニケーションをとるのは非常に重要なはず。自転車が車道を走るのは義務付けられているけど、まだまだ認識されていなくて邪魔に思われるなんてことも。だから、車の運転手と目を合わせて合図を送るような人もいるみたい。でも、これって相当慣れていないとできなさそう。

そこで紹介したいのが、Lumosが開発したヘルメット。なんでも、車のように方向指示器を搭載しているらしい。

曲がる時に
矢印を点滅させる

自転車のハンドルに専用のワイヤレスリモコンを取り付けて、曲がる時にスイッチを押すと矢印が点滅。加えて、減速する時は車のように自動で、赤いブレーキランプが光るそう。

ただし、LumosのWEBサイトを見た限りでは、その仕組みの詳細は書かれていない。もしかしたら、速度を感知するセンサーが組み込まれているのかもしれない。

後ろは赤色のランプ点灯。

前は明るい白色。前も後ろも目立つから誰もが見てしまう。

付属のUSBケーブルで30分充電すれば1週間は使えるらしい。

とはいえ、矢印が点灯していると思って走行していたら電池が切れていた…なんて恐ろしいことにならないよう、ヘルメットはあくまでも補助として使うのが良さそう。なんだかんだ言って、自分で安全確認をするのは大切なこと。

現在、LumosのWEBサイトで販売中。今なら定価199ドル(約21,870円)が169ドル(18,570円)になっています。購入したい人はこちらから。

正直いって、ド派手なので、被るのはちょっとためらう。でも、ドライバーからの注目度はバツグン。夜のサイクリングの頼もしい相棒であることは間違いなさそうだ。

Licensed material used with permission by The Lumos
最近では、少しスピードの出るクロスバイクオーナーも、保育園の送り迎えのキッズたちも、ヘルメットを被っている。「スピードも出るし、もしかして自分も被ったほう...
昔に比べれば増えたけど、それでもヘルメットを被らずに自転車に乗っている人はまだけっこう多い。そこには「デザインがちょっと…」とか「持ち歩くのが大変」という...
転倒、衝突、接触…、もしもあなたが自転車に乗っていて、不意なアクシデントに遭遇したとする。そのとき、頭部を守ってくれるのは、このエアバッグ「Hövding...
シティサイクル用にピッタリなのがスペインの〈CLOSCA〉が作ったへルメット「FUGA」です。ユニセックスで使えるスマートな外見と、モバイル性がポイント。...
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
この4種類をデスクに常備しています。
最近よく見かける、片方だけ長い野球のヘルメット「Cフラップ」に迫ります。
ウクライナのデザイン会社Hochu rayuが開発中の『Helmfon』は、衝撃から頭を守るものではなく、周囲の雑音から守るためのヘルメット。防音効果だけ...
もはや、この乗り物を自転車と形容することのほうが正しくないのかもしれない。そんなプロダクトが最初に登場したのは2014年のこと。1本の動画に世界が釘付けに...
一見フツーに折り畳めるベースボールキャップ。なのに、被った人の頭を従来の自転車用ヘルメット以上にしっかり守ってくれます。
仲の悪い関係が続いているラッパーの50セント(50 Cent)とジャ・ルール(Ja Rule)。彼らのビーフはアメリカのメディアで度々取り上げられるのです...
見た目の派手さも手伝って、レーザーライトを路上に照らすことで自転車事故を防ごうとするムーブメントは数年前からありましたが、米・ニューヨークの自転車シェアサ...
元はと言えば、時差ボケを防止、解消するために開発されたデバイス「AURA」。だから、快眠へと誘う、たくさんのアイデアが詰まっています。
「Bosch」が開発したのは、バイクのタイヤが横滑りしたときに、これを検知すると同時に一気にガスを噴出させる機能。滑っている方向とは逆の力を発生させること...
雪の上だろうと、フィールドだろうと、たとえそれが街中だったとしても、今やヘルメットだって立派な自己主張アイテムだ。けれど、そのヘルメットとヘッドフォンだけ...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
サイクリストにとって、バイク周りのグッズはかっこよく揃えたいもの。「Oi」はミニマルでハンドルになじむ、スタイリッシュなバイクベルです。開発したのはオース...
「位置的頭蓋変形症」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?赤ちゃんの中には、子宮内や分娩時の状況によって、頭が変形して生まれてきてしまう子がいるのです。...
旅先で“チョイ乗り”したいときに利用するサイクルシェアリングの普及率は、年々増加傾向にあります。最近では、自転車を持っている人と、借りたい人をマッチングさ...
ロードバイク乗りにとって、日々の移動やツーリング時、ちょっとした荷物を何に入れるかというのは頭を悩ませるポイント。バッグパックは動きに制限が出てしまうし、...
飛行機のセーフティビデオといえば、淡々と安全事項が流れていくイメージがありますよね。飛行機に乗り慣れている人は、あの単調な映像に飽きてしまって、見るのが億...
クロスバイクに求められるのは、乗り心地だけでなく、ファッション性も重要な要素。「バイクで自己主張する」はもはや自明の理だけど、愛用の自転車にあれもこれもと...
自転車に乗るときに、ヘルメットの着用が義務化されていたり、追い越す時に確保しなければならない距離が定められていたりと、日本と比べてサイクリストの意識がちょ...
ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見する...