視界の明るさを自動で調節してくれる「スマートアイウェア」が登場!

視界の明るさが自動で切り替わるアイウェアが登場しました。特に自転車に乗る人にとっては便利かも!明るさを認識して、瞬時にレンズの色の濃さが変化します。

 

ロードバイクに乗っている人にとってはもちろんのこと、例えば毎日自転車通勤している、という人にも目を守るためのアイウェアは重要ですよね。長い距離を走っていると、どうしても目にゴミが入ってきたり、飛び石で怪我をする可能性だって考えられます。

でも、実際つけるとなると不便なことが多いのも事実。そのうちのひとつが明るさではないでしょうか。透明なグラスだと太陽が眩しいし、かといってサングラスでは暗いところで視界が悪くなってしまいます。

「CTRL ONE」はそんな悩みを解決するスマートアイウェア。自動で周囲の明るさを認識し、視界を見やすく調節してくれます。手動でも切り替えできるようなので安心。

BlackandWhiteDark RedWhiteOrange

85singo_sszsvzru1ftwvepa20gg

調節できる明るさは3段階。自転車以外にも、車の運転などで大活躍しそう。その他、ランニングやハイキングなどのアクティビティでも便利かもしれません。

クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で注目されているのは、Micro USBで1時間ほど充電すれば操作だけの時間で50時間ほど利用できるというスタミナや、明るさを認識して0.1秒で変化するという瞬発力。もちろんノーズパッドやテンプルもつけやすいように調整が可能です。

送料込みで200ドル(約2万5千円)から予約ができるようになっており、発送開始は2015年の11月を予定しています。気になった人はチェックしてみては?

Licensed material used with permission by CTRL Eyewear

自転車に乗っていると、いくら気をつけていても危険につながってしまうことがある。特に、視界の悪い夜はそう。減速したり、曲がったりする時は、自分なりに安全確認...
もはや、この乗り物を自転車と形容することのほうが正しくないのかもしれない。そんなプロダクトが最初に登場したのは2014年のこと。1本の動画に世界が釘付けに...
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見する...
自転車のハンドルに装着するだけで様々なハイテク機能を利用できる「SmartHalo」は、スマホと連動した多彩な機能が魅力的なデバイス。その手軽な操作性も必...
遠くから見ると自転車だが、どうやらペダルは漕いでいない。では、自動で走る電動スクーターなのか?といえばそれも違う。ドライバーはその乗り物の上を"歩いている...
スポーツカーよりも速い自転車を見たことがあるだろうか。ここで紹介する動画は、2014年11月にフランスのサーキット「Circuit Paul Ricard...
ロードバイク乗りにとって、日々の移動やツーリング時、ちょっとした荷物を何に入れるかというのは頭を悩ませるポイント。バッグパックは動きに制限が出てしまうし、...
「Kleverness」は、部屋の電気のスイッチや調光器、プラグを、“音声操作”で一括コントロールできるスマート家電です。セットは簡単で、専用の製品に取り...
中国・上海のBMWグループのテクノロジー部門によって、練られたアイデアは、電動自転車専用のハイウェイを建設するというもの。屋根もつけられる予定なので、悪天...
自転車に乗っておでかけをするとき、スマホで色々調べながら、という人も多いのではないでしょうか。でもいちいち立ち止まらなければいけなかったり、自転車に設置し...
ドローンの選択肢は急増中。種類がたくさんあるのは嬉しいのですが、ちょうどいいモノを見つけるのがなかなか難しいところ。いくつか欲しい機能がありますよね。たと...
部屋全体をパッと明るくする大きな室内灯に、一部をぼんやりと照らす間接照明などなど、複数のランプを使っている人も多いかもしれません。が、両方使い分けるのって...
テクノロジーの急速な革新によって、新たな可能性を切り拓いているAR(拡張現実)。「MAD Gaze」もまた、同じ技術を利用して生まれたスマートグラスです。
使い方はカンタン。後輪に装着したデバイスにUSBでスマホを接続!あとは自転車に乗って走るだけで充電ができちゃう便利なデバイスが登場しました。しかもこれ、自...
結論、これは使えます。耳を塞がないので、会話や生活音、街の騒音なんかも聞こえます。街歩きをしながら、ランニングしながら、自転車に乗りながら、といった「なが...
普段はほとんど使わないサングラスも、海外を旅するときは不思議とかけたくなる。日本よりも強い日差しがそうさせるのかもしれないし、海外に来たという解放感が自分...
バランス感覚を養うことで、補助輪なしでもすぐに自転車に乗れてしまうとあって(わが家も一発OK)、いまや子どもたちの三種の神器のひとつとも呼べるのが、ストラ...
これまで世に登場した骨伝導スピーカー。どれもガジェット感が主張されすぎていて、オシャレとは程遠いものばかり。いくらモノが良くてもファッションとして不適格で...
サイクリストにとって、バイク周りのグッズはかっこよく揃えたいもの。「Oi」はミニマルでハンドルになじむ、スタイリッシュなバイクベルです。開発したのはオース...