科学者が認めた「自転車用エアバッグ」ヘルメットの8倍の安全性能

転倒、衝突、接触…、もしもあなたが自転車に乗っていて、不意なアクシデントに遭遇したとする。そのとき、頭部を守ってくれるのは、このエアバッグ「Hövding(ホーブディング)」かもしれない。従来のヘルメットに比べ、リスクを1/8倍にも軽減できるという結果が出た。

エアバッグを搭載した「Hövding」
マフラーのように巻きつけるだけ

B05b4469dfb222ea027be44746f886b85e962e85

 それを裏付けるだけのデータは周到だ。

自転車事故による脳への障害を減らすため、1,000件以上の自転車事故のデータを詳細に分析。サイクリストの挙動を何百時間も追跡することで、事故をデータベース化し、独自の自転車専用エアバッグの開発に至った。

C9820bc533565a3b8dd644a7dbc63c1d00aef573

エアバッグが開いた姿は、さながら宇宙飛行士が着用するヘルメット。ちょっと見た目には驚かされるが、このままライドする訳ではないし、ヘルメットに比べ、洋服やシーンを気にしなくても良さそう。

もちろん、後頭部だけでなく、前頭部まできっちりホールドしてくれる安心設計。時速25キロで走行中にアクシデントが起きた場合、脳を損傷するリスクは約90%。だが、このエアバッグであれば、そのリスクが2%にまで抑えられる、とメーカーホーは自信をのぞかせる。

脳挫傷のリスクを大幅軽減
「ほぼ完璧に近い」と科学者

Acecf9149c88774008b0f226aae3e279565529f6

エアバッグ(型の自転車用ヘルメット)は、従来の気泡ゴムやクッション材が入ったヘルメットと比較して、脳挫傷のリスクをおよそ1/8に軽減できる」。スタンフォード大学の研究員が出した答えだ。

生物工学の専門家David Camarillo教授は、「ヘルメットとはまったくの別物と考えるべき」、と評している。いわく、従来のヘルメットは頭蓋骨の挫傷を防ぐ目的でつくられたものだが、頭を強く打った時や、事故の衝撃で、脳神経が損傷してしまうことまではカバーしきれない。

その点、衝撃を受ける前に膨らむホーブディングの厚みやクッション性、それが衝突や転倒による、脳震盪・脳挫傷を防ぐのに「“near perfect”(ほぼ完璧)」、とのお墨付きを得た。

最新モデルは、
よりコンパクトに。

3eef129dc982e82ca32f5c96aadeaf32507185cc

2016年に発表された最新モデルは、よりコンパクトで軽量になった(S,M,Lのサイズ展開)。公式ページから直接購入も可能、価格は日本円にして約32,000円プラス送料。

結局のところヘルメットにしたって、このホーブディングだって、“転ばぬ先の杖”。多少値が張るのも事実。それでも、以下の動画に登場するユーザーの言葉に、確信が込められている気がしないだろうか。

ホーブディングは、ちょっと安めの保険に入ったようなもの」、と。 

Licensed material used with permission by Maria Persson
シティサイクル用にピッタリなのがスペインの〈CLOSCA〉が作ったへルメット「FUGA」です。ユニセックスで使えるスマートな外見と、モバイル性がポイント。...
昔に比べれば増えたけど、それでもヘルメットを被らずに自転車に乗っている人はまだけっこう多い。そこには「デザインがちょっと…」とか「持ち歩くのが大変」という...
最近では、少しスピードの出るクロスバイクオーナーも、保育園の送り迎えのキッズたちも、ヘルメットを被っている。「スピードも出るし、もしかして自分も被ったほう...
自転車に乗っていると、いくら気をつけていても危険につながってしまうことがある。特に、視界の悪い夜はそう。減速したり、曲がったりする時は、自分なりに安全確認...
ウクライナのデザイン会社Hochu rayuが開発中の『Helmfon』は、衝撃から頭を守るものではなく、周囲の雑音から守るためのヘルメット。防音効果だけ...
旅先で“チョイ乗り”したいときに利用するサイクルシェアリングの普及率は、年々増加傾向にあります。最近では、自転車を持っている人と、借りたい人をマッチングさ...
自転車の交通ルールは、2015年6月に道路交通法の罰則規定が強化され、3年以内に2回以上危険行為を繰り返すと、都道府県公安委員会から自転車講習を受ける命令...
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
転倒の危険からお年寄りを守るために開発されたこのベルト、おじいちゃん、おばあちゃんも安心て孫と遊べるっていいですよね。
彼の名前は「Graham(グラハム)」。メルボルン大学の外科医、自動車事故調査官の意見をもとに、アーティストが製作した人体標本だ。まるでミュータントのよう...
スタンドアップパドル、カヤック、カイトサーフィン…。ウォーターレクリエーションの幅は拡がり、それらを楽しむ人口も増えている。対して水の怖さは、分かっていて...
雪の上だろうと、フィールドだろうと、たとえそれが街中だったとしても、今やヘルメットだって立派な自己主張アイテムだ。けれど、そのヘルメットとヘッドフォンだけ...
見た目の派手さも手伝って、レーザーライトを路上に照らすことで自転車事故を防ごうとするムーブメントは数年前からありましたが、米・ニューヨークの自転車シェアサ...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
「位置的頭蓋変形症」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?赤ちゃんの中には、子宮内や分娩時の状況によって、頭が変形して生まれてきてしまう子がいるのです。...
エアバッグや自動ブレーキ、車線逸脱防止機能など、自動車の安全性能は、日進月歩で進化している。なかでも、「サムスン電子」のアイデアは画期的。なんせ、周りを走...
12月の平均日照時間がわずかに6時間半ほどしかない、北欧スウェーデン。そんな自然環境だからこそ、暗闇を快適に過ごす便利グッズのクオリティには、思わず唸って...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新...
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...