このベルト、誰のためのもの?

突然ですがみなさん。おじいちゃん、おばあちゃんは元気?

うちのおばあちゃんは90歳を超えてるんだけど、尋常じゃなく健康で、毎日ガシガシ歩いてジムに通ったりするほど。でもいくらぱっと見元気でも、ご高齢であることに変わりはない。筋力は鍛えてても骨はさすがに強くはないし、転倒などには気をつけて欲しいもの。

とはいえ、あんまりうるさく「危ないからジッとしてて!」っていい聞かせるのも酷な気がする。でも杖は邪魔だって嫌がるからな…やっぱり心配なものは心配だし。

と、ここで、そんな堂々巡りのお悩みにまさかの手法で答えを示してくれたグッズを発見しちゃったんです。とりあえずPRを見てみてよ。

私も、孫と遊びたいけど…

庭ではしゃぎ回る孫を優しく見守るおばあちゃん。

愛しの孫ともっと触れ合いたいけど、さすがにあの中に入るのは危ないわね。昔の話ばかり聞かせても退屈でしょうし、安全に一緒に遊べたら一番良いんだけど…

そんな言葉が聞こえてきそう。いつもなら、ここで諦めて窓際の椅子に座ったりしていたことでしょう。しかし、今日の彼女は一味違う

なんと、腰に謎のベルトがついているじゃないか。これは一体…?

こう見えて、
かなりスペック高いんです。

そう、これこそが腰回り専用エアバッグ、「Hip'Air」。転倒を感知すると、瞬間的にベルトからエアバッグが飛び出し、腰骨、特に股関節を保護するという仕組みなのだ。感知からバッグが膨らむまでの時間はわずか0.3秒以下。

エアバッグといえば車に使われるイメージが強いけど、それをまさか腰に持ってくるとはね。でもパワーは本物。90%もの衝撃を緩和するという。

使い方だって超簡単。金具をカチッとはめて装着すると、自動的にセンサーがオンになる。あとは印にあわせてベルトの位置を整えるだけ。

しかもこれ、洗えるうえに繰り返しの使用も◎。

フランスでは毎年、65,000人が股関節を骨折しています。

55歳以上の股関節骨折者のうち23%が、骨折後1年以内に死亡しています。

股関節骨折者の約50%は、その後の人生において自分で歩くことができなくなります。

転倒による股関節骨折とその後遺症は、他人事じゃない。

安全のある自信を。

あぁ、これさえつけていれば、安心して孫たちと遊べるわ!

お年寄りの自由を尊重しつつ、安全も守ってくれるエアバッグ。

もっと知りたい人や、是非とも買いたい人はここからチェックしてみて。

Licensed material used with permission by Projet Hip’Air
ブランドロゴが入ってるだけの簡素なモノやレザー製の高価なモノまで。裾ベルトもいろいろ選択肢があるけど、見た目のインパクトならコレ。
 9月15日は敬老の日。でも昔といまでは、かなり「老」という言葉のイメージが変わってきている。昔の「老」は、こうだった。年を重ねて落ち着き、若いころの夢は...
転倒、衝突、接触…、もしもあなたが自転車に乗っていて、不意なアクシデントに遭遇したとする。そのとき、頭部を守ってくれるのは、このエアバッグ「Hövding...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
「Nice Balls」は、男性の体にぶら下がっているアレをモチーフにしたスクイーズ。要するに、ギューっと握って、ストレス解消ができるグッズです!
「寝たきり」という言葉は、日本の高齢化が進むにつれて、どこかタブーのような扱いになってきました。たとえば「大変そう」「介護がきつそう」といったネガティブな...
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
まな板を誰かにプレゼントする、考えたこともなかった。
LGBTQのニュースを見ない日はない、というくらい、ここ数年で一気にその認識や理解が深まってきているような印象を受ける。でも、そこに登場する人は若者が多く...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
誰とも被りたくない人にはうってつけ。プレゼントにも、ついでにドッキリにもうってつけ。
おなじみの料理でも最適の温度があるのですが、ご存知ですか?「弱火」「中火」「強火」なんてざっくりしてちゃ、失敗しちゃいますよ。
Elite Daily」のライターJasmine Vaughn-Hallによれば、この地球上にいるほぼ誰にでも贈ることのできる最高のプレゼントというのは、...
「このスケボーの人、デリバリー中だったんですよ(笑)」。びっくりを通り越してクスッと笑っちゃうような出来事って、時々ある。
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
ロシアのとあるファッションブロガーが、高齢者限定のモデル事務所を設立し、世界中から注目を集めています。驚きなのは、全員が経験のない素人だという点。しかも、...
65歳以上の高齢者の人口が全国民の20%を超え、「高齢社会」となっている現在の日本。年金や介護など、誰もが考えなくてはならない問題が山積みですが、そんな今...
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
「Shanghaiist」の記事によれば、中国の上海で「高齢の両親を訪問しないと、クレジットカードのスコアに傷がつく」という、仰天法案が2016年5月1日...
オフィスランチをメンバー持ち回りで手作りしているTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもおいしいけれど、いろいろな人とこの場を共有したらもっと...
ダイエットは辛い。何が辛いって、もし我慢できずに美味しいものを食べたところで、罰則を受けるわけでも、他人から怒られるわけでもない。つまり、完全に自分との戦...
cubcoatsの新製品は子ども向け。かわいいぬいぐるみの後ろのチャックを開くと、中から耳付きフードのパーカーが出てくる仕様。2歳、3歳、4〜5歳用の3つ...