お行儀が悪い「シンデレラの灰皿」

机の上に置いておいたら、誰かに怒られそう。でも、なんだかたまらなく魅力的に思える、これは灰皿。タバコ吸わないけど、これはキニナル。だって……。

"お行儀悪い"がクセになる

5005468904718336

「シンデレラの灰皿」と名付けられたこの商品、灰の受け皿となるのは、まさしく本物のハイヒールだという。サイズは23.5センチ。色はホワイトシルバーでぱっと見は靴にしか思えません。

5540759268753408

浅草で職人の手によって、しっかり不燃性繊維で仕上げられているため、ハイヒールにタバコの火を押し付けて消すことが可能なんだそう。

でも、なんだろう。この不道徳な感じ。

あの純粋なシンデレラも

実はタバコを吸っていて

夜な夜な脱ぎ捨てたもう一足のハイヒールを灰皿にして

タバコをスパスパ吸っていたかもしれない……

そんなヒールなシンデレラの物語も

今の女の子には丁度いいお伽話かな……

ROKKAN 「シンデレラの灰皿」広告コピーより引用

6504284447309824

ドキドキするような、後ろめたいような、でもついつい手を伸ばしてみたくなるような……。

価値や思い込みを一度壊し、再構築して、新しい価値を産み出すことを意識してます。「誰も見れない世界じゃなく、誰も見ない世界」を表現したいと思っています。

今夜だけはちょいワルになりたい気分なら、どうですか。

Top image: © ROKKAN
Reference: ROKKAN
喫煙者ではないので、一度も灰皿に興味を持ったことはないのですが、これは素直にカッコイイと思いました。耐熱ガラスとステンレスを組み合わせた「BP.」のASH...
2016年に誕生したgaugeが創り出すのは、“あなただけ”のハイヒール。デザインはもとより、長さ、横幅、振り角(カーブ)までもが掛け合わされると、その数...
クリスマスを控えて、そろそろお祝いの準備を進めていることでしょう。そして、いつもこの時期に迷ってしまうのが、友だちや恋人へのプレゼント。渡したあとに「そう...
家族や友だちが入院。お見舞いといえば…、お花を持って行くのもいいですが、花瓶がなかったり水を換えるのが大変ということも。また、フルーツも定番ですが、具合が...
最近見つけたストーブ「Aquaforno Ⅱ」。これ、とっても多機能なんです!肉を焼くのはもちろん、ピザもつくれる焼き窯もあるんですよ。他にも便利な機能が...
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
母親って、どんな時にも見返りを求めない。でも、だからこそ、クリスマスには最高のプレゼントを贈りたくなる。今年は、ちょっとユニークなプレゼントはどうだろう。...
紙香といえば、〈サンタ・マリア・ノヴェッラ〉や〈パピエダメニイ〉などのブランドが有名で、どちらかというと女性っぽいアイテムだと僕は思ってました。でも、〈C...
おなじみの料理でも最適の温度があるのですが、ご存知ですか?「弱火」「中火」「強火」なんてざっくりしてちゃ、失敗しちゃいますよ。
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
「麦茶」と「ベーコン」という、意外な組み合わせに驚くでしょうが、その味も驚きです。
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
手づくりのオフィスランチをチーム制で楽しんでいるTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場を共有した...
オフィスランチをメンバー持ち回りで手作りしているTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもおいしいけれど、いろいろな人とこの場を共有したらもっと...
Elite Daily」のライターJasmine Vaughn-Hallによれば、この地球上にいるほぼ誰にでも贈ることのできる最高のプレゼントというのは、...
世代のちがう子どもや孫が喜んでくれるプレゼントをあげるのは、意外に難しいもの。とくに年頃になると、一体何が欲しいのやら…。でも、16歳のローレンさんが誕生...
cubcoatsの新製品は子ども向け。かわいいぬいぐるみの後ろのチャックを開くと、中から耳付きフードのパーカーが出てくる仕様。2歳、3歳、4〜5歳用の3つ...
スイスにはマッシュルームをお出汁にしてしゃぶしゃぶの要領で食べるスタイルのフォンデュ(フォンデュ・シノワーズ)があります。
若い頃は、最初のドキドキでなんとなく関係を続けられていたものの、大人になると、そればかりに頼ってられない…と気付くでしょう。「大人な関係」を「幼稚な関係」...
クリスマスはもう直ぐそこ。恋人へのプレゼントの準備はできていますか?モノよりも心が重要!なんてここで言う必要もないでしょうが、「LittleThings」...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
まな板を誰かにプレゼントする、考えたこともなかった。
30代の私だけど、今だに“大人の基準”が良くわからない。年齢的にはずっと前に成人しているものの、心の中にはいつもどこか「幼さ」が残っているような気がするん...
僕の場合、考えた末に出たのがこの答えでした(笑)。