惰眠だって、「意識高め」に貪りたい。

ちょっとしたことに気付ける人がトクベツな人、そんな昔話があった。

何枚もの敷き布団の一番下に豆をひとつ置いて、それに気付ける人が本物のお姫様、みたいな。そんな感じで、「違いがわかる」人だけが使うべき(?)な枕カバーをご紹介。

毎夜、新たな一面を見せてくれる

4571597079838720

まっしろしろの、何の変哲もない枕カバーに見えるでしょ。

でもよく見るとミルフィーユ状になっているの、わかる?

…そう、答えは極めてシンプル。カバーをめくることで、“8日間”、全て違う面で寝ることができる、たったそれだけの工夫の枕カバー。ここ、8日間というのもポイント。洗濯のタイミングも配慮した設計が◎。

でも「なぁんだよ、大したことないじゃん」って思われるのはちょっと心外。

だってさ、前に枕カバー洗ったのいつ?なかなか治らない肌荒れの原因、睡眠不足じゃなくって、「不潔な枕カバーのせい」ってことだってありうるんだよと開発者。

洗っていない枕カバーで寝るということは顔面を油、細菌、死滅した皮膚細胞、チリや埃に擦り付けているのと同じです。毎晩毎晩、溜まった汚れが、あなたの肌にべっとり当てられているんです。

結果ニキビは悪化し、毛穴は詰まり、敏感なお肌は肌荒れへと一直線。

毎晩洗う手間なくお肌を休ませるには、このカバーはとっても効果的です。

5042140543451136

そ、そんなに汚かったんだ。これに加えてたヨダレとか垂らしちゃった日には、もう大変って感じだな…。

ちょっとの違いで大きな変化

4712178875629568

そんな訳で、このカバー。日本円にして約4,700円。お望みとあらば、シルク製バージョンだって作ってくれるそうですよ。気難しい潔癖症のアイツにあげれば「くだらない」とか言いつつ、夜中にはこっそりめくって寝るんだろうな。

詳しい情報はこちらから。

6445503927549952
Licensed material used with permission by déjà
一人暮らしをはじめて、「丁寧な暮らし」に憧れていても、何をすれば理想の生活に近づけるのか、わからない人もいるでしょう。そこで、一人暮らしで実践しやすい丁寧...
丁寧な暮らし、つまり心が豊かになるような生活は、無理な節約をしていると叶いません。節約をするにしても、無理やりするのではなく、できることなら楽しみながら行...
午後からの仕事の効率を上げるために、昼の休憩で仮眠を取りたいという人も少なくないはず。とはいっても、職場でリラックスして寝るのってなかなか難しいですよね。...
枕カバーって、どれくらいの頻度で交換していますか?お風呂に入ってサッパリきれいになった顔が触れている枕には、死んだ皮膚や細菌、バクテリアが……、なんて考え...
スウェーデンには「lagom(ラーゴム)」と呼ばれる概念があります。「多すぎず少なすぎず、ちょうどよい」という意味で、物質主義や消費主義とは反対の、適度で...
プロデュースしたのは、年間約4万人を心地よい眠りへと誘っているヘッドスパ専門店「悟空のきもち」。頭皮を刺激することで快楽ホルモンの分泌を促し、絶頂へ高まっ...
寝返りが多くて、朝起きたときにはいつも枕がどこかへ行っている。日によって寝る体勢が違うから、どの向き寝ても頭にフィットする枕がほしい。そんな人にオススメの...
睡眠不足は、様々な健康上の問題を引き起こす可能性もあるといわれている。それだけに、睡眠、ひいては、睡眠の質の重要性については、古今東西、様々な研究がなされ...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
「SleepBliss」は、ノンレム睡眠を深くしてくれるデルタ波を発するように加工した水晶。枕の下に置いておくだけで、効果を発揮してくれるそうです。
ひとり暮らしは、自由の象徴。全裸で踊り狂ったって誰もあなたを咎めません。ただその分、責任も発生します。「Elite Daily」のライター、Laura A...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
「最新のテクノロジーを搭載したロボット」と言われたら、なんだか金属やプラスチックでできたものをイメージしてしまいますが、現在オランダで開発されている「So...
誰の目も気にすることなく、のんびりと生活できる「ひとり暮らし」。頼れる家族やルームメイトから離れ、すべてひとりでこなしていくのはちょっと不安かもしれません...
今回訪ねたのは、山梨県笛吹市芦川町にある1日1組限定の貸し切り古民家宿「LOOF」。兜作りの屋根が特徴の「澤之家」と、瓦屋根の昭和建築「坂之家」の2棟から...
つる性の観葉植物で、葉の緑色が鮮やかな「ポトス」は、手軽に始められる水耕栽培でも育てることができます。部屋に緑あふれる暮らしを望む方や、癒しの雰囲気づくり...
「花屋に行くのを習慣化する」ってなかなかハードルが高い。そんなハードルを取り除いてくれるのが、「霽れと褻(ハレとケ)」っていうオンラインサービスです。
オートバックスセブンが展開する〈JKM〉のシートカバーは店頭で見かけた瞬間、ソッコーでレジへ持っていきました。
恋愛よりも睡眠を優先すべき!そんな面白い切り口の記事が「Elite Daily」に掲載されています。なかには、ちょっと過激な意見も!? 項目こそ多いものの...
台湾やタイ、ベトナムなどで開催されるフェスティバルが一大コンテンツとなっているように、ここ数年で急激に注目度を高めている「ランタン」。そのやさしい光を空に...