定食屋では「雑穀米」を迷わず選ぶ!けど家ではなぜか食べない人に朗報です。

この寒い時期、多くの女性を悩ませるのが、手先足先の冷え。最近では冷え性に悩む男性も増えているようです。

ひと昔前の人は平熱が37℃前後あったそうですが、現代人は、運動不足による筋力低下やストレスのほか、良くも悪くも至るところで空調により適温が維持されていることで、体温の自己調節機能が弱くなっているのだとか。

生姜湯などのホットドリンクもいいけれど、日常の食生活から「温活」をはじめるのもいいかも。

雑穀の偉大なパワー

61104226587115525825734778028032

雑穀米に食物繊維が多く含まれていることはよく知られていますが、血流改善効果のある栄養素を豊富に含んだ雑穀もあり、温活におすすめしたい食材のひとつ。

しかも抗酸化作用のあるポリフェノールを多く含むものや、鉄分、ビタミンが豊富な雑穀もあり、冷え性以外に悩む現代人にも嬉しいスーパーフードなのです。

ただし、雑穀の種類ごとに効果が違うため、自分に必要な栄養素を含んだ雑穀をかしこく組み合わせていただきたいところ。

今日はどれにする?

5887596265734144

菊太屋米穀店の「今日の雑穀1週間セット」は、2合分をひと袋にした使いきりサイズ。毎日異なる種類の雑穀ごはんが簡単に楽しめそう。

血流改善効果のある玄米や、マグネシウムやカリウム、ビタミンも豊富な黒米、ポリフェノールを含む赤米など、栄養バランスを考えたセットになっているから、雑穀米初心者も大助かりです。

まずは、自力で体温を保つことから

人間の理想の体温は、平熱36.5℃〜37℃だそう。会社や電車内、お店の中など、空調が効いたずっと環境にいると、自力でコントロールする力が低下してしまいますが、毎日の食生活を少しずつ見直して、強い体づくりをしていきたいものです。

Licensed material used with permission by 菊太屋米穀店
「お米」と一括りに言っても、ブランドや銘柄ごとに食感や味が大きく違う。日本人として、銘柄米の特徴はしっかりおさえたい!
やはり「お米」がうまく炊けるかどうかで、その日の食事のおいしさが決まるといっても過言ではありません。おいしいごはんを炊くうえで重要なのは、下準備である「米...
来たるバレンタイン。今年は何を作ろうかと考え始めている人も多いのでは?手作りしたいけど、お菓子作りはあまり得意じゃない...って人に朗報。先日ご紹介した、...
バルセロナにあるデザインスタジオBel&Belがつくった、電動立ち乗り二輪車「Z-Scooter」の紹介です。
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
最近話題のグルテンフリー。アレルギーがなくても、体質改善のために小麦粉を控えている方も多いよう。自宅にホームベーカリーやオーブンがなくても、フライパンです...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
埼玉県の小川町に、茶色い屋根の建物が、ぽつんと建っている。「土地と建物は借りているけれど、それ以外のことは全て自分の手で作っています。なんでも自分でやらな...
宮崎県・日南市。「一本釣りカツオ」で有名なこの街で食べた「漁師メシ」が絶品だったので紹介したいと思います。やってきたのは鈴之家旅館。旅館という肩書きがつい...
一人暮らしをはじめて、「丁寧な暮らし」に憧れていても、何をすれば理想の生活に近づけるのか、わからない人もいるでしょう。そこで、一人暮らしで実践しやすい丁寧...
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
バンズの代わりにお米を使ったあの「ライスバーガー」は、自宅でも簡単に再現できるんです。はさむ具材もアレンジ自在ですが、どうせならばヘルシーに。
アメリカやイギリスを中心に、海外ではスイーツ感覚で食べられている「ライスプディング」。あれ苦手という声をよく耳にします。日本人からしてみれば、お米を牛乳で...
寒い季節になると、無性に食べたくなるのがお茶漬け。東京の専門店では、心も体も温まりながら堪能することができる。日本食の美味しさにうっとりする、おすすめのお...
丁寧な暮らし、つまり心が豊かになるような生活は、無理な節約をしていると叶いません。節約をするにしても、無理やりするのではなく、できることなら楽しみながら行...
茨城県つくば市にある人気店、ベッカライブロートツァイトのパンは、食べるたびに首をかしげるほど美味しい。しかもそれは、サンドイッチ、クロワッサン、あんぱん、...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
あっという間に年末ですね。日頃の感謝の気持ちを込めて、今年も「TABI LABO YEAR END PARTY」を開催します。今回は、なかなか入手が難しい...
飲み終わったら、カップはゴミ箱へ。でもストローは……食べる!
特に何かめでたいことがあったわけじゃないんですが、この赤飯は食べたくなります。
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...
まるでカラフルな怪物のような、貝殻のような、臓器のような、じつに愉快なカタチ。食べ過ぎ防止には、こいつをお皿にポンと置くだけ?!
ひとり暮らしの人やオフィスでお茶を飲むのが好きな人は、心をギュッと掴まれるアイテムです。