知ってるようで意外と知らない。おいしいゴハンを炊く3つのポイント

私たちTABI LABOでは、週に3回、全社員分のランチを自分たちでつくって食べています。チームごとに趣向を凝らした献立を考えていますが、大人数ともなると"丼モノ"が手軽で人気。そうなると、やはり「お米」がうまく炊けるかどうかで、その日のランチのおいしさが決まるといっても過言ではありません。

お米をおいしく正しく炊く方法、知っていますか?
ギュッギュと、押すようにしっかりお米を洗っていませんか?

『一日の終わりに地味だけど「ほっとする」食べ方』(ワニブックス)にて、管理栄養士の圓尾和紀さんが紹介するのは、下準備である米のとぎ方の重要性。この3つのポイントをしっかりおさえて、ホカホカでおいしい白米をいただきましょう。

01.
初回だけでもミネラルウォーター

米に最初に触れる水はよく吸収されます。なので、米をとぐ際、初回の水だけでも、ミネラルウォーターもしくは浄水で!できれば、その後のすすぎもすべてミネラルウォーターなどで行うことが理想。たっぷりの水を使って、さっとかき混ぜてすぐ水で流します。

02.
指を立てながら"軽め"に洗う

手のひらでお米を押すように力強く洗うのはNG。米が割れてしまわないよう、指を立てながら軽く洗うこと!また水が透明になるまで洗う必要はなく、都度匂いを嗅いで確認。ぬか臭さがなくなったらOKです。

03.
30分以上はそのまま吸水

炊飯器にセットしたら、目盛りに合わせて水を入れ、30分以上放置。しっかり米に吸水させてからスイッチオン!

ちなみに……

炊き上がったら、すぐにフタを開けずに10~15分蒸らして、そのあとしゃもじでサックリ混ぜましょう。

ちなみに生米を保管する際、酸化しやすいので(とくに分つき米はぬかが残っているため)、3合分など、1回で炊く分をジッパーなどで小分けにして冷蔵庫で保管するのがベストです。

忙しく生活しているとなかなか自炊できず、炊いたごはんを冷凍したまま時間が経ってしまい、マズくなってしまうことも……。そんなとき、アレをかけると大復活するんです!
「お米」と一括りに言っても、ブランドや銘柄ごとに食感や味が大きく違う。日本人として、銘柄米の特徴はしっかりおさえたい!
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
世間では今、“ルビー“のような赤きピンクのカラーが特徴の「ルビーチョコレート」が話題。色による新しい楽しさもあって、カワイイ!食べたい!誰かにあげたい!そ...