知ってるようで意外と知らない。おいしいゴハンを炊く3つのポイント

私たちTABI LABOでは、週に3回、全社員分のランチを自分たちでつくって食べています。チームごとに趣向を凝らした献立を考えていますが、大人数ともなると"丼モノ"が手軽で人気。そうなると、やはり「お米」がうまく炊けるかどうかで、その日のランチのおいしさが決まるといっても過言ではありません。

お米をおいしく正しく炊く方法、知っていますか?
ギュッギュと、押すようにしっかりお米を洗っていませんか?

『一日の終わりに地味だけど「ほっとする」食べ方』(ワニブックス)にて、管理栄養士の圓尾和紀さんが紹介するのは、下準備である米のとぎ方の重要性。この3つのポイントをしっかりおさえて、ホカホカでおいしい白米をいただきましょう。

6344556224184320

01.
初回だけでもミネラルウォーター

米に最初に触れる水はよく吸収されます。なので、米をとぐ際、初回の水だけでも、ミネラルウォーターもしくは浄水で!できれば、その後のすすぎもすべてミネラルウォーターなどで行うことが理想。たっぷりの水を使って、さっとかき混ぜてすぐ水で流します。

02.
指を立てながら"軽め"に洗う

手のひらでお米を押すように力強く洗うのはNG。米が割れてしまわないよう、指を立てながら軽く洗うこと!また水が透明になるまで洗う必要はなく、都度匂いを嗅いで確認。ぬか臭さがなくなったらOKです。

03.
30分以上はそのまま吸水

炊飯器にセットしたら、目盛りに合わせて水を入れ、30分以上放置。しっかり米に吸水させてからスイッチオン!

ちなみに……

炊き上がったら、すぐにフタを開けずに10~15分蒸らして、そのあとしゃもじでサックリ混ぜましょう。

ちなみに生米を保管する際、酸化しやすいので(とくに分つき米はぬかが残っているため)、3合分など、1回で炊く分をジッパーなどで小分けにして冷蔵庫で保管するのがベストです。

5761287317356544
忙しく生活しているとなかなか自炊できず、炊いたごはんを冷凍したまま時間が経ってしまい、マズくなってしまうことも……。そんなとき、アレをかけると大復活するんです!
「お米」と一括りに言っても、ブランドや銘柄ごとに食感や味が大きく違う。日本人として、銘柄米の特徴はしっかりおさえたい!
日本人の私たちからすれば、お米は水で炊くのが常識。ですが、赤道付近の南洋諸島では、だいぶ勝手が違うようです。水の量を減らしてそこに加えるのは、なんとココナ...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
管理栄養士いわく、ごはんとそれ以外(麺類含む)の主食の比率が9対1くらいが理想的だそう。毎日3食食べるのであれば、3日に1食くらいのバランスがおすすめです。
料理スキルに自信はないけれど、気の利いたゴハンは作ってみたい。そんな願望に応えてくれるのが、今回紹介する「ビールごはん」。読んで字のごとく、水の代わりにビ...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
本格的なバターライスに仕上げるには、それなりに手間はかかります。はい。それでも、一度でいいから作ってみてください。きっとハマるはずだから。押さえるべきポイ...
開発を手がけた「Organic Basics」は、数週間洗わなかったとしても臭わないと強気な主張もしている。
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...
強い火力で、ごはんが美味しく炊ける「鍋炊きごはん」。ですが、常にガス台のそばで見張っていなければならないため、ワンタッチで予約ができる炊飯器と比べて「手軽...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
オフィスランチをメンバー持ち回りで手作りしているTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもおいしいけれど、いろいろな人とこの場を共有したらもっと...
見た目もサイズもお米のような「リゾーニ」という粒状パスタがあります。ギリシャではこれをサラダに加えて食べるスタイルが好まれているようですが、それを本物のお...
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
結婚式などのドレススタイルで欠かすことのできないポケットチーフですが、正しい折り方を知らないという人も意外に多いのでは?「Presidential Fol...
研修や会議で「ん?今、なんて言った?」というような言葉が出てくることはありませんか?そんな疑問を解決すべく、知ってしまったら使いたくなるカタカナ語を紹介。...
知っても知らなくても生きていける。でも、知ってたほうがちょっぴり得をすることってありますよね。今回『モノの見分け方事典』から紹介するのは、そういう豆知識的...
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...
炒めるだけのシンプルな料理だからこそ、それぞれこだわりも強くなりますよね。これらのポイントを抑えれば、簡単にパラパラになりますよ!