まだ、ブロッコリーの本当の茹で方を知らないアナタへ。

一年中売り場に並んでいるイメージのブロッコリーですが、冬場が最旬期。味も濃く、茹でたてはまるでお芋のようなホクホク感を楽しむことができます。

そんな旬のブロッコリーをおいしく、かつ栄養を逃さず食べるための「茹で方」に注目してみました。きっと意外!って思うはず。

鮮度の高いブロッコリーは
茎で判断

473e8dc7aed348f1eae11ed8f4334de5d5be4e38

とその前に、まずはおいしいブロッコリーの見分け方から。

裏返してみて、茎の切断面にみずみずしさが残っているものほど鮮度が高い証。緑色が濃く、茎が大きいものほど味が濃いとされ、つぼみが開いていないものの方がベターです。

おいしく茹でるには
一株丸ごと煮る

ポイントは、一株まるまるお鍋で煮ること。

ブロッコリーの茎の部分を切り落とし、火が通りやすいよう十字に切り込みを入れておきます。鍋にたっぷりの湯を沸かし塩をひとつまみ入れ、芯を湯に浸して1分茹でます。次にブロッコリーを横にして1分茹でたら、上下をひっくり返してさらに1分。

最初に芯だけ茹でておくことで、ちょうどよく全体に火が通ります。ザルにあげて冷ましましょう。水にさらすとどうしても水っぽくなってしまうので、冷水にはさらしません。茹でてから小房に分ければ、旨味も逃がしませんよ。

いつものようにパスタを茹でるお湯を用意したら、塩、パスタ、そして野菜くずを同時に入れます。薄い野菜のダシスープを作り、それをパスタと一緒に茹でることで、野...
より白くきれいに茹で上がり、見た目からもおいしそうになるそうですよ。
スーパーで野菜を前にして、コレとコレどっちが美味しいんだろう…なんて悩む人って、意外と多いのでは?今回は『モノの見分け方事典』より、新鮮な野菜の見分け方を...
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
麺がおいしい季節となりました。生麺や乾麺、茹で麺など。麺にも様々な種類がありますが、ささっと食べられる茹で麺は忙しいときや料理に時間をかけたくないときに重...
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
葉物野菜はお湯から茹でるーー料理の常識ですが、これ絶対正解というわけでもないんです。野菜の水分が抜けてシナシナになってしまうのは、細胞膜が壊れることで野菜...
 タイ料理というとすぐに思い出すのは、超辛いトムヤンクンやピリっとした肉のサテ。でもこういうガツンと刺激のある料理だけじゃなく、酸っぱ甘くてさわやかなサラ...
フランス中南部オーブラック地方に伝わる、摩訶不思議な料理が、ここのところSNSで大きな話題になっています。「アリゴ」という名のポテト料理。じゃがいものポテ...
見た目もサイズもお米のような「リゾーニ」という粒状パスタがあります。ギリシャではこれをサラダに加えて食べるスタイルが好まれているようですが、それを本物のお...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった『聡明な女は料理がうまい』。これは、社会が進化しても変わらない“女性の生き方”について、“料理”と“台所”...
ドレッシングがボウルの下に溜まったり、葉ものが元気なかったり、あの原因すべて解決しちゃいます。
カットした野菜を、オリーブ油、塩、シークァーサー果汁で和えただけの超シンプルなサラダ。「野菜の大きさを均一にする」「氷水にくぐらせる」。この2点を押さえれ...
冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...
岡山にある「フヌイユ農園」。草野友希さんという女性が、お豆を中心に季節の野菜を一人で育てています。収穫されたばかりの野菜は、食卓に並んでいるときとは違った...
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
夜遅くから始める家飲みパーティー。コンビニでできあいのおつまみを見つけるのも楽しみのひとつですが、コンビニ食材だけでちゃっちゃとつくる、こんなサラダはいか...
この料理つくってみたい。けど、野菜のみじん切りが多すぎて…。こんなふうにして挑戦しようとした料理を諦めてしまった。ありますよね。料理を職としている私たちだ...
英語では「Forbidden rice(禁じられた米)」と呼ばれる黒米。古来中国では身分の高い人のみが口にできる貴重なものだったそうです。
冬だからって、ニオイに油断はできません。ニオイを抑える方法はいろいろですが、食べ物に注意するというのも効果的です。例えば、こんな食べ物はニオイの元になりや...