アナタはまだ、本当の「ヨーグルトの価値」に気づいていない

デザートとして楽しむだけじゃ、もったいない——

こう強調するのは、1900種以上のヨーグルトを食し、1日1kgのヨーグルト生活を続ける、ヨーグルト専門家の向井智香さん。

筋金入りのヨーグルトマニアの食生活を覗いてみたら、意外すぎるヨーグルトとの付き合い方だらけでした。いかに日々の食事にヨーグルトを取り入れるか。研究を重ねて生まれた奇想天外な組み合わせをご紹介。

怖れるなかれ、まずは実践あるのみ!

アナタはまだ、本当のヨーグルトの価値に気づいていないだけ。

ヨーグルト専門家・向井智香

カップヨーグルト研究会。「全国ヨーグルトサミット」公式アンバサダー。毎日1kgのヨーグルトを食す筋金入りのヨーグルトマニア。日本中のヨーグルトを食べてはInstagramに記録する。メディア出演のほか、講演会、ワークショップなど精力的に活動。@yogurt_freak

目覚めよ!現代日本人
ヨーグルト × 味噌汁

©2021 NEW STANDARD

ヨーグルトと味噌汁。冗談みたいな組み合わせですが、じつは、めちゃくちゃ合うんです。どちらも同じ発酵食品ですから、すごく相性がいい。

もちろん乳製品ですからクリーミーさが増します。でも、酸味はそれほど目立ちません。脇役として味にアクセントをつけてくれる程度かな。香りや深みが強調され、濃厚にはなるんだけど、塩分は中和される。だから、マイルドでこっくり。

ヨーグルトはプレーンタイプであればどれでもマッチしますが、おすすめは「明治ブルガリアヨーグルト LB81 プレーン 乳素材だけ/無添加」です。ここにクミンパウダーをひと振りすると、エキゾチックなアロマが匂い立ってよりおいしくいただけますよ。

©2021 NEW STANDARD

味噌汁3に対して、ヨーグルト1が黄金比。いつもの味噌汁にほんの気持ち多めに味噌の量を増やして作ると、ヨーグルトを入れたときの濃さがベストになります。

ちなみに、乳酸菌自体が熱に弱いため、できるだけ低い温度で味噌汁に加えてあげたい。だから、調理途中でヨーグルトを加えるんじゃなく、出来上がった味噌汁に後入れする。これがポイント。

具材はどんなものでもOK。イメージとしては、牛乳とかチーズに合う食材がベターです。たとえばほうれん草やじゃがいも、玉ねぎなど。あとはクラムチャウダーっぽい味わいになるので、アサリやしじみも好相性です。

じつはこれ、料理家の小山浩子さんが提案する、和食に乳製品を使うことで減塩しようという「乳和食」を知ったのがキッカケなんです。いろんな和食に牛乳を足すという知識へのオマージュですね。いろんな和食にヨーグルトを加えて食べているなかでベストマッチだったのが、このヨーグルト味噌汁だったというわけ。

ダマされたと思って、一度試してみてください!

和洋折衷、バツグンの汎用性
ヨーグルト × 燻製岩塩

本当ならばヨーグルトを燻製したいところですが、それじゃあ手間もかかるし機材も必要。そこでスーパーで手に入る「燻製岩塩」を使って、ヨーグルトに味付けしていきます。といっても、混ぜるだけですけどね。

ギリシャヨーグルトのような水切りタイプに燻製塩を加えると、これだけでもう、最高の酒のつまみが完成します。もちろんそのまま食べてもOKですが、野菜スティックや乾き物のおつまみをディップしてもおいしくいただけます。

料理に使う場合は、水切りタイプ以外にもプレーンタイプのヨーグルトでも。たとえば燻製岩塩ヨーグルトをスライスした玉ねぎと和えるだけで、クリームチーズのような旨味がプラスされたアレンジサラダに。

こんな具合に、肉にも魚にも野菜にも。燻した香りがヨーグルトの旨味を引き出してくれるようで、メインから付け合わせまで、料理のアクセントとして汎用性の高い一品なので、ぜひトライしてみて。

DNAが呼応する酸味の掛け合わせ
ヨーグルト × スマック

「スマック(Sumac)」とは、トルコや中東を中心にイスラム文化圏の食に欠かせない香辛料のこと。ウルシ科の低木の実を乾燥させて粉末状にしたもので、爽やかな香りと酸味が特徴的。

ヨーグルトにこのスマックを少々。これだけで、簡易的なドレッシングが完成します。

そもそもヨーグルトにスパイスを合わせるレシピは、中東をはじめとする国々では定番中の定番。なかでも日本人がもっとも馴染みやすく、想像しやすい味がこのヨーグルトとスマックの組み合わせだと思います。

だって、味わいは梅干しに入った赤しそに似ていて、日本人なら一度は食べたことのある赤しそふりかけ「ゆかり」を連想させるんですから。酸味と酸味の掛け合わせなら、料理にも取り入れやすいはず。

とくにお肉との相性はバツグンで、おすすめはラム肉。臭み消しとしても使えますし、グリルしたお肉のソースに付け合わせてもおいしくいただけます。たとえば「サラダチキン」のプレーン味に飽きたとき、スマックヨーグルトで食べてみてください。梅ヨーグルト風味になって、食が進みますよ。

慣れ親しんだどこか懐かしいフレーバー。そんな味わいを生み出すのがヨーグルトとスマックの掛け合わせですね。

365日24時間、ヨーグルトに人生を捧げる
ヨーグルト専門家・向井智香さん。
彼女の“偏愛”に迫る記事はコチラから!

Top image: © 2021 NEW STANDARD