「みじん切り」の手間からすべての人を解放したい!

この料理つくってみたい。けど、野菜のみじん切りが多すぎて…。

こんなふうにして挑戦しようとした料理を諦めてしまった。ありますよね。料理を職としている私たちだって、同じように思うんだから。それくらい「みじん切り」の手間は料理のモチベーションを左右します。実際。

でも、そのみじん切りをわずか30秒で終わらせる、画期的なグッズがあるんです!

これ、いわゆる「フードチョッパー」と呼ばれる調理道具。フードプロセッサーの人力版と表現するのがわかりやすいかと。シンプルな構造ゆえ、洗うのも楽ちん。軽くてコンパクトなので、収納場所も取りません。

こんな感じにざく切りにした食材を入れて、フタをしてハンドルを引っ張るだけ。すると中の刃が回転して食材をあっというまにみじん切りにしてくれます。

たまねぎ半個ぶん程度なら、ハンドルを15〜20回ほど引くだけで、このくらいの荒みじん切りが完成。しかもあっという間に。

あの手間を考えたら、ちっとも高い買い物じゃないと思うんですよね。料理の幅もぐっと広がるはずですよ。

あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
突然ですが、どんな方法で玉ねぎのみじん切りに挑んでいますか?ただでさえ目にしみるうえに、ちっともパラパラ「みじん」にならない人へ。ライターChris Wu...
一流シェフ直伝の料理を提供してくれる『Moley Robotics』社が開発中の調理ロボット『Robotic Kitchen』。再現できるレシピ数は200...
素材の持ち味を逃さず、しかも柔らかく仕上がると、いま話題の調理法に“真空調理”があります。材料に応じた時間と温度設定で真空状態にしたお肉などを加熱していく...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
ただの照明器具?それとも、便利な機械?たぶん、もっと新しい、友だちのような存在。
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
アフリカ料理を並べたInstagramのアカウント「@kitchensofafrica」。彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きない!楽しみながら...
実はこれ、食品サンプルではないんです。
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
素敵なデザインが多い反面、その重さや洗いにくそうなイメージから、使ったことがないという人も多い「無水調理鍋」。ですが、この鍋でつくった料理を一度食べてしま...
ペペロンチーノはそれなりに時間がかかるのです。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
卵焼きのために作られた、日本ならではの調理器具「卵焼き器」。じつはいろいろな料理に使える万能器具なんです。いつもはオーブンや専用の鉄板で作っていた料理も、...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
本格的なバターライスに仕上げるには、それなりに手間はかかります。はい。それでも、一度でいいから作ってみてください。きっとハマるはずだから。押さえるべきポイ...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。