知っているだけで、全然違う!料理の腕が上がる知識

ずばりタイトルのまま。だって、知ってるのと知らないのとでは雲泥の差です。普段から料理をするわけでもなければ、誰かに食べさせるほど料理の腕に自信があるわけでもない。結局、自分のためにつくる日々。

そんな人たちにこそ覚えておいてほしい「料理ハック」をどどんとまとめてみました。連休明けたら、周りが驚くような料理上手になれる……かも。

01.
その調理法が
野菜の栄養素をムダにする

5198337363935232

当たり前のようにやっている調理方法。その方法、知らず知らずのうちに野菜の栄養素をムダにしていたとしたら?そんな、“モッタイナイ調理”は……

➡︎今日で終わりにしましょう!

02.
キャベツの青臭さ解消にアレが効く!

5020211648397312

柔らかくて、瑞瑞しくて、ほんのり甘い。春キャベツが美味しい季節です。けど、まるまる1玉買ってはみたものの、使い切らずにいると外葉と芯から独特の「青臭さ」が。そこで活躍するのがアレ!

➡︎青臭さを消してみる

03.
ジャガイモがもっと美味しくなる保存法

6059044615749632

ジャガイモってどうやって保存してます?新聞紙でくるむ、ネットに入れる、冷蔵庫で保存する。いろいろあるけれど、このアイデアでジャガイモはもっと美味しくなる!秘密は“熟成”にありました。

➡︎保存の仕方を変えてみる

04.
春野菜は
「食べ合わせ」がポイント

4999714185412608

そのまま食べても美味しい旬の春野菜。ですが、一緒に食べることで健康効果の向上が期待できる組み合わせがあるって知ってました?

➡︎さっそく、組み合わせてみる

05.
食材の栄養効果を
最大限に発揮する調理法

6338686715166720

同じ食材だったら、無駄なく栄養を摂りたい。もっと言うなら、栄養が増えたら嬉しい……

それぞれの食材からムダなく栄養を摂りたいですよね。もっと言うならば調理法ひとつで、栄養素が増えてくれたら……なんて甘い話……

➡︎はい、その方法あるんです

と、こんな具合に料理する楽しみを教えてくれるFCF。他にも知って得する情報や、機転のきいたアイデアレシピが満載です。

➡︎今日の料理に困ったら…

「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
この料理つくってみたい。けど、野菜のみじん切りが多すぎて…。こんなふうにして挑戦しようとした料理を諦めてしまった。ありますよね。料理を職としている私たちだ...
街でも宿泊先でも、フリーのWi-Fiを利用すればいいだけの話かもしれない、けれど、それがいつでもどこでも快適に、ネット環境にアクセスできるとは限りません。...
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
アメリカ料理界の発展に大きく寄与し、“料理界のアカデミー賞”と呼ばれる食の祭典にその名を配すジェームズ・ビアード。アメリカの食に多大な影響を与えた人物。な...
書いて削って、短くなったら終わり、がこれまでの鉛筆。けどSproutには続きがありました。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。
「やば、お鍋焦げ付かせちゃった!」なんてことにならないために、これからの料理には3本目の腕が手放せなくなりそうです。
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
このチョコレートは「食前酒」→「スープ」→「魚料理」→「シャーベット」→「肉料理」→「カフェ」の順番でお召し上がりください。
リッチなレストランで食事をするよりも、人気のデートスポットに行くよりも、他のどんなデートプランよりも一番ステキなのは「2人で料理を作ること」。そう主張する...
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
やっぱり子どもに包丁を持たせるのは怖いし、大人でも料理初心者の包丁使いにはハラハラ。でも、何事も挑戦しなきゃ上達なんてできないから。
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
「いまや女たちの料理力はどんどん退化して、無能な男レベルに近づき、おいしいものをみずからの腕でほしいままにする自由を喪失している」。約40年前に発売された...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第7回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
沖縄・那覇市にある「ゆうなんぎい」のお母さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味...