料理の腕が劇的に上がる!「ストウブ」の復刻フライパン

Stay Homeで調理器具の買い替え、買い足しが活発らしい。自炊が増えればそれも必然か。フライパンのグレードアップをお考えなら、保湿性にすぐれた鋳鉄製はいかがだろう。

鋳物ホーロ鍋の老舗ブランド「STAUB(ストウブ)」より「ヴィンテージフライパン」が復刻発売された。一般販売予定価格1万8700円〜(税込)と、フライパンとしてはかなりの高額。それでも、見合う価値と機能は十分にありだ。

鋳物の利点は第一に畜燃性が高く、弱火でじっくりと食材に熱を加えられること。高温で旨みを外に逃してしまうことなく、じっくり風味を残したまま火を入れる。要するに仕上がりが格段にうまくなる。ガス代や電気代が抑えられるのも◎

また、コーティングがはげるたびに寿命がくるテフロン加工のフライパンと比較しても、耐年性は当然こちらに分がある。一生モノ!

鋳物製フライパンの需要の高まりで、長く廃番だった「ストウブ」のヴィンテージフライパンもいよいよ復刻。いつものフライパンとの違いは、ヘンに凝った料理よりも餃子の焼き加減で感じてほしい。表面カリカリ、なかはジューシーな仕上がりは、まるで鉄鍋餃子のそれだ!

©Makuake
©Makuake

『ストウブ ヴィンテージフライパン』

【購入ページ】https://www.makuake.com/project/staub/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「石川鋳造」から2017年に発売された「おもいのフライパン」。このたび、要望の多かった新サイズ(24㎝・深型)が登場した。
あんな料理やこんな料理、フライパンひとつでいつもの料理が作れると洗い物も減るし、時短にもなります。ここでは、いつもはハードルが高かった“あの料理”をフライ...
大阪の町工場「藤田金属」とデザイン事務所「TENT」がコラボ。“つくるとたべるをひとつにする”をコンセプトに、お皿になるフライパン「ジュウ」を発売中。
料理は毎日のこと。ならば、少しでもトキメキのあるツールに囲まれて過ごしましょう! 台所に立つのがもっと楽しくなる、アイデア道具9選!
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。有識者の話は参考にしにくい。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようという...
あのスモークサーモンが自宅でつくれるなんて…。
最近話題のグルテンフリー。アレルギーがなくても、体質改善のために小麦粉を控えている方も多いよう。自宅にホームベーカリーやオーブンがなくても、フライパンです...
キャンプやBBQの醍醐味といえる肉料理を手軽に楽しむため、必要最小限のギアに集約させ、コンパクトにまとめた、アウトドアブランド「WAQ」からリリースされた...
美味しいうえに、太りにくく、体にもやさしいお茶受け。フライパンで気軽に作れちゃいますよ。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
日本初のノンアルコール飲料専門ECサイトとして、ノンアルブームの一翼を担ってきた「MARUKU」が、プラベートブランド「MARUKU AF」を創設。第一弾...
おなじみの料理でも最適の温度があるのですが、ご存知ですか?「弱火」「中火」「強火」なんてざっくりしてちゃ、失敗しちゃいますよ。
オーブンも、発酵器も不要。フライパンを使った「チョコパン」レシピのご紹介。発酵時間を除けば、所要時間わずか20分!動画はたったの3分ですが、作り方のポイン...
道具を一切使わず自分の体だけを使ってイスをつくりあげたNikolas Bentelさん。歯や腕など体の様々な部位だけを使ってイスをつくりました。その内容が...
みんなで料理を持ち寄るホームパーティー。何を持って行こうか迷ったら、ワインによく合うしょっぱいクッキーはいかが?
鋳物ホーロー鍋ブランド「バーミキュラ」の最高傑作「バーミキュラ フライパン」が新発売。
機能とデザイン、調理のしやすさ、さらには焚き火の炎の美しさにまで着目した、欲張りすぎる焚き火台「BonHax」
「扱いにくい」イメージのある銅鍋だけど、おうち時間の浸透とともに注目度が高まりつつある。銅鍋の魅力とは?メリットからお手入れ法、おすすめ鍋までご紹介!
いつものあの味、あの料理に「ちょい足し」するだけで、劇的に美味しくなるものがある。
〈STAUB(ストウブ)〉の「ルチャワン」はオススメです。和洋折衷なたたずまいは、どんな器や皿ともマッチ。ありそうでなかなかない、モダンなお茶碗だと思うんです。

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
昨年に続き、ニューノーマルを求められる2021年。在宅ワークはたしかに浸透したかもしれない。でも、皆がみな「家=シゴトの場所」とできているかは……。生活の...