遊牧民のスマートな生活道具でつくるフライパン鍋料理

遊牧民と聞くと、モンゴルの草原をイメージする人が多いと思いますが、中央・中東アジアに位置するアフガニスタンも大地を移動する民が暮らす土地。

移動する彼らにとって、持ち運ぶ家財道具は必要最小限に抑えるのが鉄則。だからこそ生まれた生活の道具があります。それが「カラヒィ」と呼ばれる鍋。

見た目は丸底の鉄鍋ですが、ひっくり返すと底面で小麦粉をこねることができるようにデザインされたもの。というより、「いつからかそうなった」のほうが正しいかもしれません。この底面でパンに近い食感の郷土料理「ロティ」をつくるそう。

さて、この鉄鍋カラヒィですが、いつの頃からかこの鍋を用いてつくる料理そのものを指す呼び名にもなりました。羊や鳥の肉、野菜をトマトベースのスープで炒め煮して、ターメリックを中心としたスパイスで風味付けした料理が、それです。

〈材料:2人分〉

玉ねぎ:1/2個
鶏もも肉:300g
しょうが:1かけ
パクチー:適量
サラダ油:大さじ1/2

A トマト水煮缶:200g
A 水:100ml
A レモン汁:小さじ1
A ターメリック:小さじ1/2
A 塩:小さじ1/3

〈つくり方〉
しょうがをみじん切り、玉ねぎは薄切り、パクチーは2センチ幅、鶏もも肉はひと口サイズに切り分けます。つぎにフライパンにサラダ油をひいて中火で熱し、玉ねぎとしょうがから炒め、鶏もも肉を入れて表面を焼いていきます。そこにAを加えて弱火で10分。器に盛り付けて、最後にパクチーをちらせば完成です。

フランスの老舗鋳物ホーロー鍋メーカー「STAUB(ストウブ)」より「ヴィンテージフライパン」が復刻発売。
すべては、極上のシメのため。コタキナバルの「蒸し鍋」について。
渋谷の鍋料理店「ゆるり屋」では、発酵食品を使った人気鍋に皮付きピーナッツを合わせた健康効果が高い鍋を考案。ピーナッツは、オレイン酸や食物繊維が豊富に含まれ...
紹介するのは、シンガポールのレストラン「Spice World Hot Pot 香天下火锅」が提供しているタピオカ入りの火鍋です。
実は食品廃棄大国なんです。そんな事態をなんとかしようと注目を集めているのが、「フードロスを減らしながら、お得に美味しいものが食べれちゃう」というサービス。...
食堂でも屋台でも夜市でもない、台湾家庭の味を伝える「台湾キッチン かのか」。薬膳鍋がうまい!
一部店舗で限定販売だった「松屋」の「シュクメルリ鍋定食」。Twitterで話題となり、ついに全国展開へ。
中国の杭州市に、空前のリラックス方法がありました。「火鍋風呂」です。四角い浴槽の中を9つに区切り、その一つひとつにレタスやトウモロコシ、唐辛子などを入れて...
天然クラフトコーラ専門店「ともコーラ」が教えてくれたのは、鍋ひとつでつくる「自家製コーラ」。スパイスたっぷりで、カレーや肉料理にも使えます。
「Pasco」の焼成後冷凍パンブランド「L’Oven」と鍋料理の相性を、慶応義塾大学が研究・開発したAI味覚センサー「レオ」で実証実験。結果は……。
日本にも上陸しているサンフランシスコ生まれのチョコレート専門店「Dandelion Chocolate」が、チョコレートチップの形を再考。
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
LAで大人気「台湾ひとり鍋」が渋谷区宇田川町に日本初上陸。ぼっち飯の選択肢がさらに広がりそう。
暖冬と言われるこの冬。ですが、それでもこの鍋がそろそろ恋しくなる頃ですよね。冬ごもりのホームパーティーに欠かせないのが、ピェンロー鍋。くたくたに煮えた白菜...
多くの遊牧民が建国にたずさわったキルギス。現在では定住者も増え、首都ビシュケクの近代化が進んでいます。いっぽう、遊牧生活時代の文化が色濃く残っているのが料...
まだまだ寒い日が続く今日この頃。夕食に出てくる鍋の“安定感”は、依然として健在です。ただし、近頃Instagramを賑わせている鍋のビジュアルは、普通のそ...
スーツに見える作業着「ワークウェアスーツ(WWS)」と、アパレルブランド「ジャーナル スタンダード レリューム(JOURNAL STANDARD relu...
アパレル業界の廃棄課題に取り組むブランド「Rename(リネーム)」がおこなうアップサイクルプロジェクト「Rename X(リネームクロス)」から、リラッ...
素敵なデザインが多い反面、その重さや洗いにくそうなイメージから、使ったことがないという人も多い「無水調理鍋」。ですが、この鍋でつくった料理を一度食べてしま...
いくつレシピがあっても事足りないのがパスタ料理。ということで、絶品レシピをまとめてみました。「おうちパスタ」をもっと充実させましょう!
どうやって?と思ってしまうような機能を持つ圧力鍋「SUR’POT」。料理をするのに、電気もガスも要りません。簡単にご飯を炊き上げることができるんです。
マレーシアで愛される鍋料理「スチームボート」。
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
強い火力で、ごはんが美味しく炊ける「鍋炊きごはん」。ですが、常にガス台のそばで見張っていなければならないため、ワンタッチで予約ができる炊飯器と比べて「手軽...