冬にピッタリ!「ピェンロー鍋」で、SNSは大盛り上がり

暖冬と言われるこの冬。ですが、それでもこの鍋がそろそろ恋しくなる頃ですよね。冬ごもりのホームパーティーに欠かせないのが、ピェンロー鍋。くたくたに煮えた白菜や春雨をよそって、自分なりの塩加減で熱々をハフハフしながらいただく。今年も、みんなピェンローに夢中なようです!

真冬の鉄板鍋
美味すぎる「白菜鍋」

6b25352f299320d07258f692f1710679cae48182

このピェンローなる鍋を、最初に世に紹介したのは、舞台美術家やエッセイストとして活躍する妹尾河童さんだと言われています。著書『河童のスケッチブック』にイラスト入りで、その魅力を紹介したのが1992年のこと。これがグルメ雑誌『dancyu』で掲載されるや、その美味しさが一挙に広まることに。

以来、毎年冬の寒さが増すこの時季になると、黙っていたって、ピェンロー熱が盛り上がる。つまり、そのくらい市民権を得た鍋という訳です。
SNS上でも、ご覧の通り。どれも美味しそうでしょ?

37d5fb8453db8b6bfa1ac66c5a70986a94fdc1dd5ed1ea131f2c1b54e8ced57f3c5b5cb52f172f1503b21ea3aaa2747b11d6182bec07a1ec819669fa0aed08c64433ea60d17d2688686d11a4b00db22b3870b6359a9d4739e1ec62198e8f925799666ba452bd91408d1d0cfacff6552ec5693d5446e4e8fc

中国広西省生まれの白菜を使ったピェンロー(扁炉)は、家庭的な田舎料理だそう。くたくたになるまで煮た白菜を美味しくいただく料理ですが、他に豚バラ肉、鶏のもも肉、春雨を使います。そして、ピェンローの味の決め手となるのが、干ししいたけ。

妹尾さんのレシピにもあるように、干ししいたけでしっかりダシを摂ることで、旨みが格段に変わってくるようです。目安は一昼夜だとか。

B5a825753132bfd23b5100d03a951d414a40b6cd

ところで、鍋自体にほとんど味付けをしないのがピェンローの特徴。なぜかといえば、各自取り分ける前に、お塩と一味唐辛子をスープで割って、自分流に味付けをする。これがピェンローの流儀だと妹尾さんも書いています。

より詳しいつくり方を知りたい人はこちらをどうぞ。

Licensed material used with permission by mae38, motomin, tomacoro, wacky0214, shukokik, maimu0506, pinocopinoco, kanabonbon
まだまだ寒い日が続く今日この頃。夕食に出てくる鍋の“安定感”は、依然として健在です。ただし、近頃Instagramを賑わせている鍋のビジュアルは、普通のそ...
「ええっ、ハワイで鍋?」なんて驚いてしまう人たちは、ハワイ通とは言えません。実はここ数年、常夏のハワイで鍋が大ブーム。その火付け役ともなった「Sweet ...
秋が深まって急に寒くなった夜。風邪を引いたかなと嫌な予感のする日、そんなとときはにんにく鍋で元気をつけましょう。スタミナ満点丸ごとにんにくが美味い!<材料...
遊牧民と聞くと、モンゴルの草原をイメージする人が多いと思いますが、中央・中東アジアに位置するアフガニスタンも大地を移動する民が暮らす土地。移動する彼らにと...
9月27日のアイルランド・ダブリン空港では、驚くべきことをした男性がいました。
何を狙っているのかは分かりませんが、ただただ見続けちゃいます。
素敵なデザインが多い反面、その重さや洗いにくそうなイメージから、使ったことがないという人も多い「無水調理鍋」。ですが、この鍋でつくった料理を一度食べてしま...
強い火力で、ごはんが美味しく炊ける「鍋炊きごはん」。ですが、常にガス台のそばで見張っていなければならないため、ワンタッチで予約ができる炊飯器と比べて「手軽...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
すべては、極上のシメのため。コタキナバルの「蒸し鍋」について。
マンハッタンにある高級住宅「Kips Bay Decorator Show House」では、毎年、いろんなアーティストが集まって、展示会を開催しています。
パスタを10分以内に、しかもお鍋ひとつでつくれちゃうスゴ技レシピ。言ってしまえば、コレをそのままゆでるだけ!
今年ほど世の中がパクチーに注目した年はありません。パクチー盛り放題のお店やパクチー料理専門店ができるなど、あのクセのある味にどっぷりハマってしまった“パク...
「やば、お鍋焦げ付かせちゃった!」なんてことにならないために、これからの料理には3本目の腕が手放せなくなりそうです。
マレーシアで愛される鍋料理「スチームボート」。
コーヒー、紅茶、緑茶を“ショットグラス”で楽しむ。 世界初のオーガニックカフェインチャージバーcaffeineholic〒103-0002 東京都中央区日...
温暖な気候でフルーツやオリーブがたくさん採れて、というイメージのスペイン。ですがガリシア地方はその限りではありません。北部に位置するこのあたりは、山に囲ま...
食べ過ぎ注意です。でも、止まらないおいしさなんです。
台湾のコンビニで寸胴鍋に入ったまっ茶色のそれを見たことがありませんか。これ、「茶葉蛋」という立派な料理で、おやつ代わりに食べたり、中国茶のお茶請けとして提...
せんべい汁は青森県八戸市を中心に、青森県南〜岩手県北周辺で食べられてきた郷土料理。鍋専用の南部せんべいを鍋の中に割り入れて煮込むと、美味しい出汁がしみ込ん...
韓国では、妊娠ママたちが出産を終えたあとの数週間(人によっては3ヶ月くらい)、毎日食べた方がよいとされるメニューがあります。日本でもおなじみの「わかめスー...
 エッセイストの玉村豊男さんが書いた『料理の四面体』という本に、アルジェリアをヒッチハイクしていて若者たちに食事に誘われるシーンが出てくる。 若者たちは道...
どの家庭にも必ずある「あの調味料」で、簡単に鍋底の焦げ汚れが落とせるのです!それは一体なんだと思いますか。酢?砂糖?塩?醤油?味噌?こしょう?
近年、アウトドア好きや料理好きに人気を博している「燻製」。チップや専用のグッズを買ってくる必要があると思いきや、そんなことはありません。お茶を飲んだ後の「...