「松屋」の新メニュー「世界一にんにくをおいしく食べるための鍋」

牛丼チェーン「松屋」で、本日(1/14)10:00から販売開始となる新メニューは、ジョージア料理を代表する「シュクメルリ」。

なぜに松屋でジョージア料理?とか、味噌汁はいるのか?といったギモンはさておき、このメニューはタイトルにある通り「世界でもっともにんにくをおいしくたべる鍋」という触れ込みだ。

じつは、昨年12月より一部店舗で限定販売されていた「シュクメルリ鍋定食」(税込790円)。これが予想外の大好評で、このたび全店販売の運びとなったようだ。

ちなみに、シュクメルリとは、鶏肉をたっぷりのにんにくとホワイトソースで煮込んだ、クリームシチューのようなもの。松屋で提供される鍋には、とろけるチーズとホクホクのさつまいもが加わるわけだからライスと合わないわけがない!

新発売を記念して1月28日(火)10:00まで、ライス大盛りを無料サービス。平日の昼間だろうとカンケーなし。にんにくでガツンとスタミナ注入といってみてはいかが?

Top image: © 株式会社松屋フーズホールディングス
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事