冷えた体を芯から温める、寒〜い冬の「にんにく鍋」

秋が深まって急に寒くなった夜。風邪を引いたかなと嫌な予感のする日、そんなとときはにんにく鍋で元気をつけましょう。

スタミナ満点
丸ごとにんにくが美味い!

1000

<材料>白菜・にんにく・豚バラ肉・日本酒・醤油・酒・みりん・酢・白だし・シークァーサー果汁

日本酒たっぷり
まろやかな仕上がり

しゃぶしゃぶ用の豚バラ肉と白菜のざく切り、皮をむいてごろごろのままのにんにくを交互に土鍋に重ね、日本酒をどぼどぼと注いで煮ます。日本酒のうまさがこの料理のポイントなので、料理酒ではなく、日頃飲んでいるお酒をぜいたくに使ったほうが美味しくなりますよ。わが家では浦霞の本醸造。白菜がくったりしてきたらできあがり。
醤油、みりん、酢、白だし、シークァーサー果汁を等量混ぜた、自家製ポン酢でぜひ!

新・家めしスタイル
コンテンツ提供元:佐々木 俊尚
Photo by : 内田紘倫

着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
暖冬と言われるこの冬。ですが、それでもこの鍋がそろそろ恋しくなる頃ですよね。冬ごもりのホームパーティーに欠かせないのが、ピェンロー鍋。くたくたに煮えた白菜...
体内から温めて、夏バテ知らずの体をつくる「ニンニクの味噌汁」はいかがでしょう。
紹介するのは、シンガポールのレストラン「Spice World Hot Pot 香天下火锅」が提供しているタピオカ入りの火鍋です。
中国の杭州市に、空前のリラックス方法がありました。「火鍋風呂」です。四角い浴槽の中を9つに区切り、その一つひとつにレタスやトウモロコシ、唐辛子などを入れて...
食堂でも屋台でも夜市でもない、台湾家庭の味を伝える「台湾キッチン かのか」。薬膳鍋がうまい!
山口県のなかでも、主に瀬戸内海に面した宇部市や山口市阿知須(あじす)地域で古くから作られてきた漬物が「寒漬(かんづけ)」。昔は各家庭で作られていて、寒風に...
『筒井時正 玩具花火』がつくるこの線香花火は、気温・湿度が低いことが製造条件。出会えるのは、冬だけ。
「ええっ、ハワイで鍋?」なんて驚いてしまう人たちは、ハワイ通とは言えません。実はここ数年、常夏のハワイで鍋が大ブーム。その火付け役ともなった「Sweet ...
キーンと冷えた冬の朝、北国の海面が霧で覆われているのを見たことはありませんか。これは「けあらし」と呼ばれ、北海道の沿岸や富山湾などで見ることができます。冬...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
「クリーンカンティーン」「スタンレー」「GSI」など、冬のアウトドアの醍醐味「星空の下で飲むウイスキー」を素敵においしく楽しませてくれるギア&グッズをご紹...
マレーシアで愛される鍋料理「スチームボート」。
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
青梅ではなく完熟梅を使ってつくる自家製のポン酢。今の時期だけのおたのしみ。
話題の「ナンガ」から「ウールリッチ」、「オンワード樫山」のハイテクダウン「ADS」まで、この冬に絶対欲しい「ダウンジャケット」を大公開! 
どうやって?と思ってしまうような機能を持つ圧力鍋「SUR’POT」。料理をするのに、電気もガスも要りません。簡単にご飯を炊き上げることができるんです。
アヒージョとは、スペインの小皿料理でイタリアのペペロンチーノと味つけはだいたい同じ。ワインのつまみとして最高です。バゲットもお忘れなく熱々をめしあがれ!<...
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
ティッシュやのど飴に頼るだけでは不十分。カラダの中からポカポカあったまるドリンクをどうぞ。