ドライフルーツのように食べやすい「ニンニク」

洋の東西を問わず、ガツンとパンチの効いた味に欠かせない香味野菜といったら、「にんにく」をおいて他にない。ときに活力となりボクたちの日々を支えてくれる強い味方。が、そのにんにくを加工した「黒にんにく」となると……。

目にしたことはあるけど、手にしたことはない。なんて人が多いはず。そんな黒にんにく未体験の人たちのファーストステップになり得る一品を発見。

昨年暮れにECショップを立ち上げた、高級熟成黒にんにく専門店「舞匠」。国内産にんにくの7割を生産する青森県の十和田市に自社農場を構える「舞匠」の黒にんにくが、なぜに初めて食べる人向けか?

©舞匠
©舞匠

黒にんにくといえば、健康食品のイメージが強いかもしれない。もちろん栄養価が高く滋養強壮疲労回復にもいい。でも「舞匠」の黒にんにくは、これにとどまらない気がしてならない。まるで“アペタイザー”のように、お酒のつまみとしても成立してしまうんだから。

もともと黒にんにくは、生にんにくをそのまま熟成してつくられる。「舞匠」の黒にんにくも約30日間熟成濃縮し、その後二次発酵させてから、今度は約20日かけて乾燥させてできあがる。

すると、あの強烈な匂いは影を潜め、口当たりはなめらかに代わり、ほどよい甘さが舌に心地いい。喩えるなら、ドライフルーツを食しているかのよう。

だから、生ハムで巻いたり、刻んでクリームチーズやナッツと和えたり、ブルスケッタに乗せてみたり……と、お酒を選ばず簡単なおつまみに転用できてしまうのだ。

もちろん、最初の一粒はそのままを味わってみてほしい。黒には黒の旨味と香りがあるから。きっと、初めて「黒にんにくの実力」を知ることになるはずだ。

さて、「舞匠」の熟成黒にんにくは、それぞれにんにく1片のサイズごとに分かれた「プレミアム」「スタンダードプラス」「スタンダード」の3種類。まずは、70g入った「お試しサイズ」1500円(税込)がオススメ。

©舞匠

高級熟成黒にんにく専門店「舞匠」

【購入ページ】https://shop.maisyo.com/

Top image: © 舞匠
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「iHerb(アイハーブ)」でおすすめのドライフルーツを3つピックアップしました。マンゴー、ドラゴンフルーツ、ナツメというラインナップです。
フルーツよりも手軽で、甘い間食が欲しくなったときのお供「ドライフルーツ」。コンビニなどでもよく見かけるようになりましたが、“本当においしいドライフルーツ”...
青森県が今月19日から県内にある「まるで海外」な絶景スポットを紹介するスペシャルCMを公開中。青森は“今ちょうどいい旅先”かもしれない。
いつもの白湯に無糖のドライフルーツを加えてみました。
フレッシュで瑞々しいパプリカもいいけれど、天日に干したものを使ってつくるオムレツ。病みつきのおいしさです。
体内から温めて、夏バテ知らずの体をつくる「ニンニクの味噌汁」はいかがでしょう。
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布な...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
オートミールの種類や加工法から、美味しい食べ方、アレンジ料理まで。元祖スーパーフード「オートミール」について詳しく!
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...