シンガポールで「タピオカ火鍋」が誕生

紹介するのは、シンガポールのレストラン「Spice World Hot Pot 香天下火锅」が提供している火鍋。

クマの方ではなく、その隣に注目です!

そんな突拍子もないことを考える彼らは、タピオカドリンクのブームにあやかって、新しい火鍋を提供し始めました。タピオカはもちろんのこと、細切りになった野菜や牛肉も具材の一部に。ココアパウダーも混ざった温かいスープと一緒にこれらを楽しむのが、正解なんだとか。

ちなみに、クマは辛いスープを使って作られた固形ブイヨンみたいなもので、この店の最大の特徴。お湯が注がれたら少しずつと溶けていきます。

タピオカ入りの火鍋、気になる〜。

Top image: © 2019 Mabel Lau
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
中国の杭州市に、空前のリラックス方法がありました。「火鍋風呂」です。四角い浴槽の中を9つに区切り、その一つひとつにレタスやトウモロコシ、唐辛子などを入れて...
台湾のデザイナーMikey WuさんとFang Shihさんが、タピオカ専用エコカップ「Float」を製作しました。
シンガポールのクラーク・キーには、今や大手旅行会社もインスタ映えするスポットとして注目する建物、The Old Hill Street Police St...
なんかちょっと、変なんだけど。
大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000」が、Amazonのカスタマーレビュー数1万件を達成(2月10日18:00時点)したこ...
休日ともなればタピオカ店はどこも行列。もっと手軽に飲みたい!という人は“インスタントタピオカ”に注目だ。
タイ発のプチプラコスメブランド「Mistine」より、本物のタピオカミルクティーを原料とした「タピオカミルクローション」が発売。紅茶に含まれるポリフェノー...
ハリー・ポッターにインスパイアされたというシンガポールのカフェ「Platform 1094(プラットフォーム 1094)」を知った途端、『ハリー・ポッター...
おもにキャッサバというお芋のでんぷんからつくられるタピオカは、デザートとしてすっかり定着しています。欧米でもそれは同じで、アメリカのスーパーに行くと「タピ...
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
「NEC」の「A-RROWG(アローグ)」は、日常を変えることなく“品格”をアップさせるために開発された「歩行センシングインソール」。
「ぐるなび総研」が毎年選定する「今年の一皿」、2019年は空前のブームに沸いた「タピオカ」に決定。
LAで大人気「台湾ひとり鍋」が渋谷区宇田川町に日本初上陸。ぼっち飯の選択肢がさらに広がりそう。
「Wizarding World Holiday at Changi's」は、シンガポール・チャンギ国際空港のターミナル内で開催されています。
「teapasar」は、シンガポールで新しくオープンした紅茶専門店。と言っても店舗はなく、販売はWEBサイトのみ。全種類の詳細データを管理しているので、簡...
日本からしたら意外かもしれない、シンガポールのあるあるを9個紹介。体験談入り。様々な罰金制度の他にも、チャイニーズ・ニューイヤーでお店が休みになること、結...
ロンドン生まれの“本物の木”からできたノートブランド「Bark&Rock」が日本初上陸。「銀座 蔦屋書店」の店頭及びオンラインショップで販売がスタートした。
イタリアに拠点を置くデザイン事務所「F. Taylor」が開発したカーペットは、掃除をするのが簡単なだけでなく、不要になったら自然に還るエコな製品。
「Pasco」の焼成後冷凍パンブランド「L’Oven」と鍋料理の相性を、慶応義塾大学が研究・開発したAI味覚センサー「レオ」で実証実験。結果は……。
「空飛ぶタクシー」の実用化に向け、先日、「Volocopter」が専用ターミナルをシンガポールに建設すると発表。ターミナルの完成は今年の後半を予定していて...
いっときのサードウェーブ系コーヒーショップのように、いまだに長い行列をつくる台湾茶スタンド。お目当はもちろんタピオカ入りミルクティーなんでしょうけど……。
ファッションは、この社会を生き抜くための鎧だ。
食堂でも屋台でも夜市でもない、台湾家庭の味を伝える「台湾キッチン かのか」。薬膳鍋がうまい!
どうやって?と思ってしまうような機能を持つ圧力鍋「SUR’POT」。料理をするのに、電気もガスも要りません。簡単にご飯を炊き上げることができるんです。