彼らの日常を、ちょっと覗き見。
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
日本からしたら意外かもしれない、シンガポールのあるあるを9個紹介。体験談入り。様々な罰金制度の他にも、チャイニーズ・ニューイヤーでお店が休みになること、結...
使用されているのは、「西洋ハーブ」やアーユルヴェーダなどで古くから知られる「薬用植物」「和漢植物」。私たちのココロやカラダの状態に合わせて、独自の調合で作...
あこがれの街。
シンガポール生まれ、シンガポール育ち、悪そうなシンガポールのスポットはだいたい撮影に行ってるんじゃないかなっていうフォトグラファー、Yik Keat。彼の...
それぞれのチャートに紐づく日用品を使い、日常のあるあるをチャート化!なかでもウンと頷けるものを勝手にピックアップしてみました。
地域インフラが整い、「クリーンさ」を強く印象づける国・シンガポール。新たなクリーン戦略の一環として、学校教育の現場で生徒たちによる放課後の清掃が、2016...
「名前はよく聞くけど、なんだかイメージが湧いてこない国」にフィーチャーして、紹介していきます。
軟膏薬タイガーバーム (虎標萬金油) をつくって大成功した、胡文虎と胡文豹の兄弟により建設された公園。主にコンクリートを用いて造形された1,000以上の像...
誰かに背中を押されているような、ちょっと前向きになれるイラスト入りのメッセージが、シンガポールの街のあちこちに出現。どうやら、すべて一人のアーティストによ...
昔ながらの中国が色濃く残る。
なんてことのない部屋。ありふれた日常。なのによく見るとどこか違う。見慣れた風景の見慣れたものをもとの文脈から切り離して置くことで、独特な世界観を表現するフ...
机に座ってうーんと頭を抱えたり、眉間にしわを寄せて思索にふけったり。「考える」というと、何か「お勉強」的なイメージがつきまとう。だが、それはもっと身近で、...
折りたためるのは便利だけど、友人を自宅に招いた時に、折りたたまれたベッドが部屋の片隅に鎮座していたら、なんだか恥ずかしい。たたんだ状態でも別の家具として役...
彼らの日常を、ちょっと覗き見。
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第5弾です。
50万以上の植物に囲まれている空港がある。 2015年3月、イギリスのリサーチ会社スカイトラックス社は、シンガポール・チャンギ国際空港を世界で1番の空港と...
シンガポール国立大学の研究によって開発された「Vocktail」は、視覚と嗅覚、味覚を操ることで、ただの水でもカクテルを味わったような感覚にさせるのだとか。
プロのモデル並みとはいかなくたって、自分のあるべき場所で生き生きしている姿は、やっぱり美しい。大切な家族のそばで見せる笑顔であったり、しごとに勤しむ時の真...