カメラマンが捉えた、日常に潜む「非日常」。

なんてことのない部屋。ありふれた日常。
なのによく見るとどこか違う。

見慣れた風景の見慣れたものを
もとの文脈から切り離して置くことで、
独特な世界観を表現するフォトグラファーMauricio Alejo。

彼のプロジェクトをこうして並べてみると、
非日常を構成するプロダクトよりも
その空間にばかり目がいってしまうのはナゼだろう。

「普通」がつくり出す
フシギな感覚

63806057637478406308074503536640599893134750515253846417709465604871294797479936594759172436787246381509535334404829483827724288531043010478080049918851311206405757523583827968611778503796326452058416113254405955671631593472458445970158387262532091149025284842123379605504
Licensed material used with permission by Mauricio Alejo
なんかちょっと、変なんだけど。
いろんな国の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載企画です。
あこがれの街。
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
昔ながらの中国が色濃く残る。
「名前はよく聞くけど、なんだかイメージが湧いてこない国」にフィーチャーして、紹介していきます。
それぞれのチャートに紐づく日用品を使い、日常のあるあるをチャート化!なかでもウンと頷けるものを勝手にピックアップしてみました。
彼らの日常を、ちょっと覗き見。
プロのモデル並みとはいかなくたって、自分のあるべき場所で生き生きしている姿は、やっぱり美しい。大切な家族のそばで見せる笑顔であったり、しごとに勤しむ時の真...
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
Fearless Awardsに応募したのは世界中のトップクラスの腕を誇るプロカメラマン。ここにあるのは、厳しい審査を通った写真ばかり。これを見ると、カメ...
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第5弾です。
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
Sabrina Boemが撮影した猫たちのほとんどは、はじめから飼い主を持たずに生まれてきた猫や人間に捨てられた悲しい過去をもつものばかりです。自分の家の...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
非日常的で、どこか近未来を連想させる工場夜景。数年前からブームとなった“工場巡礼”は、無機質な夜の表情を鑑賞しようというファンで賑わっているようです。ラン...
イラストレーターのMax Gutherは、人々の何気ない日常を描いているんだけど、どれも「監視カメラ」で見ているような角度から。リアルだったら絶対にいけな...
 加工とか演出がほどこされていない、あらゆるものごとの「生」の状態って、とてもすてきだと思います。中国の若者たちの日常を紹介した記事の反応をみていると、こ...
彼らの日常を、ちょっと覗き見。
彼らの日常を、ちょっと覗き見。
ルービックキューブのような、現実にはありえないこの部屋。