こぼれ落ちていく一瞬の思い出たち

 

わたしたちは、すべての思い出を鮮明におぼえておくことができない。
どんなにたいせつで、ずっとおぼえておきたいと願った特別な思い出でさえ、あわただしい日常に飲み込まれて、みるみる曖昧なものになってしまう。
だから、また明日もそこにあることが当たり前のような、何気ない一瞬の思い出なんて、あっという間に記憶からこぼれ落ちていく──。

 

これは、バルセロナで活動するフォトグラファーTessa Roseの作品をみて、改めて感じたこと。

 

きれいじゃなくていい
ほんのすこしの断片でも

 

でもでもでも、わたしたちの「今」も、そして「これから」も、そういう何気ない一瞬の思い出がつみかさなって成り立つわけで。

だとしたら、べつにきれいじゃなくても、ほんのすこしの断片でも、(むしろそういうものこそ)とにかくかたちに残しておくっていうのがすごく大事なことなんだよなあ。Tessaみたいに。

 

Licensed material used with permission by Tessa Rose
スマホに保存したり、財布の中にしまっていたり、自分にとっての大切な写真は常に持ち歩きたい。そうすることで、いつも大好きな人たちとの思い出にひたることができ...
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
プロのモデル並みとはいかなくたって、自分のあるべき場所で生き生きしている姿は、やっぱり美しい。大切な家族のそばで見せる笑顔であったり、しごとに勤しむ時の真...
なんかちょっと、変なんだけど。
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!