こぼれ落ちていく一瞬の思い出たち

 

わたしたちは、すべての思い出を鮮明におぼえておくことができない。
どんなにたいせつで、ずっとおぼえておきたいと願った特別な思い出でさえ、あわただしい日常に飲み込まれて、みるみる曖昧なものになってしまう。
だから、また明日もそこにあることが当たり前のような、何気ない一瞬の思い出なんて、あっという間に記憶からこぼれ落ちていく──。

 

これは、バルセロナで活動するフォトグラファーTessa Roseの作品をみて、改めて感じたこと。

 

65449898656399365567001116278784592708728206131247030484462469125721942464135168450863581206937659544834020474884876009597829120

きれいじゃなくていい
ほんのすこしの断片でも

 

でもでもでも、わたしたちの「今」も、そして「これから」も、そういう何気ない一瞬の思い出がつみかさなって成り立つわけで。

だとしたら、べつにきれいじゃなくても、ほんのすこしの断片でも、(むしろそういうものこそ)とにかくかたちに残しておくっていうのがすごく大事なことなんだよなあ。Tessaみたいに。

 

Licensed material used with permission by Tessa Rose
スマホに保存したり、財布の中にしまっていたり、自分にとっての大切な写真は常に持ち歩きたい。そうすることで、いつも大好きな人たちとの思い出にひたることができ...
プロのモデル並みとはいかなくたって、自分のあるべき場所で生き生きしている姿は、やっぱり美しい。大切な家族のそばで見せる笑顔であったり、しごとに勤しむ時の真...
なんかちょっと、変なんだけど。
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
宇宙飛行士になるための基礎知識と身体能力が鍛えられる「Space Nation Navigator」。
いろんな国の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載企画です。
「名前はよく聞くけど、なんだかイメージが湧いてこない国」にフィーチャーして、紹介していきます。
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...
あこがれの街。
旅の思い出を記録に残す方法は写真や動画が一般的。それ以外では、せいぜいスケッチといったところですよね?でも、ファッションデザイナーのTERESA LIM氏...
書いて削って、短くなったら終わり、がこれまでの鉛筆。けどSproutには続きがありました。
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
認知症の一種である「アルツハイマー病」は、記憶や思考力が徐々に失われ、最終的には日常生活に必要な作業すら困難になっていく病気。私たちが忘れられない瞬間、忘...
持っているから「思い出」なのか? 失ってしまうから「思い出」なのか?
女優であり監督でもあるStephanie Leigh Roseは、世界の各地で美人台無しの“死体ポーズ”を撮影している。公共の場で死体を演じることで、周囲...
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
バルセロナにあるデザインスタジオBel&Belがつくった、電動立ち乗り二輪車「Z-Scooter」の紹介です。
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
彼らの日常を、ちょっと覗き見。
Sabrina Boemが撮影した猫たちのほとんどは、はじめから飼い主を持たずに生まれてきた猫や人間に捨てられた悲しい過去をもつものばかりです。自分の家の...
現在20歳のConor Nickersonは、少年時代の自分と青年になった自分が一緒にうつる合成写真を作り出した。はじめは、ただの個人的な挑戦だったのらし...
 加工とか演出がほどこされていない、あらゆるものごとの「生」の状態って、とてもすてきだと思います。中国の若者たちの日常を紹介した記事の反応をみていると、こ...
彼らの日常を、ちょっと覗き見。