こんなにオシャレだっけ?「古都イスタンブール」の印象が一瞬でふき飛ぶ(写真21枚)

アジアとヨーロッパ、ふたつの大陸にまたがる都市・イスタンブール。かつて、ローマ帝国、ビザンチン帝国、オスマン帝国と三代続いた大帝国の首都として、数多くの遺産も遺る世界有数の観光都市です。

と、これは国外から訪れる観光客目線。地元生まれの建築家が撮影したこれらの写真を見れば、古都イスタンブールのイメージが一変するはず!

古都が見せる
もうひとつの表情
ネオ・イスタンブール

8c76ecbf70d47d9fd8cdbe8fe8dfbec9e65899f7

建築家のYener Torunさんはここ数年、地元イスタンブールの街で、ビビッドな色使いのモダン建築を探して歩き回っているそうです。それらを撮影してはInstagramに投稿を繰り返しているうちに、いつしかフォロワー数が10万人を超えるほどに。

「きっと、あなたの知っているイスタンブールと言えば、スルタンアフメット・ジャミィ(ブルーモスク)や、旧市街や、ボスボラス海峡を望む海岸線でしょう。僕は、そのまったく真逆の街の印象をみんなに紹介したかったんです。同じイスタンブールだって信じられますか?」

彼が追っているのは、色彩、幾何学模様、シンメトリー、強調する線、陰影がつくり出すイメージ。 

01.

15d2e43d63c9689583d9db4a6607b8ec1bea5c7f

02.

7bae2549bb17f279a8bc65f0c59e79956d926932

03.

831ed5bd7123b2197a121d49aa0ab0311ead2e3a

04.

761d911d92f43b4a8fe17404769ebe713bb66527

05.

Bff8a3e5e8d015513f8694878b35f738f473bd35

06.

0e9809b6841ae0aea56b9c23a97b60e6bca26d97

07.

05f70902323b6ca8afe734d1eb70de213bdc51d4

08.

2d65ed75301cc1a9629991b3a593ced9cf4417f9

09.

A91251b6bf0bcddee47be68491756a2681f70b94

10.

66d38a3faa88296dbc110fe00015f84591ecd5c3

11.

C7af1e49ffa2920b0136a4b464ce1a21584d84ba

12.

43a2b886372a0389130c4be8717f2ab5f22b696b

13.

A67f84fc9a329834fc2e8231f7500d14d0197bb8

14.

Ebdfb6a80c6ac0fa061118bb50e5621fd97bfc54

15.

569d7c4f2ba41dcf3f25a881dcd60dd40262f03a

16.

04aed442905efc9d65c62295a504df2ac2822e7b

17.

5b46b1c0e3f98f7c7c610624a92fce0f556a9a53

18.

437a20a5eaedebf4c1da8d3a1aaebf35148c3de6

19.

Bc974a0d988e7a4f2608d8ded0e0afd66763ac65

20.

Ab69a0684652ad2054d76653bc91303ac0590670

21.

Bc21e111c69f950e841b534c4d9e4c518258fc8f

こんなおしゃれなイスタンブール、見たことない!

Reference:The Guardian
Licensed material used with permission by Yener Torun
旧市街、新市街、そしてアジア側と、広域にわたり点在するイスタンブールの観光スポットを効率よく回るのに、便利な交通手段がトラム(Tramvay)だ。現地に暮...
Googleマップの「ストリートビュー」が歪んでいるようなこれらの写真。じつは、すべて意図的に撮影されたもの。見ればみるほど平衡感覚が失われていく、違和感...
シルケジ駅からは、今でもオリエント急行が辿った同じルートを、東欧各地に列車が走っています。当時のような豪華列車ではありませんが、日本でも夜行列車がほとんど...
エッフェル塔や自由の女神、マチュピチュなどの世界的に有名な観光地は、よくInstagramに投稿されています。だけど、「それって同じものばかりじゃない?」...
ここに紹介する観光マップは、ある視点をもって集めた都市ガイド。旅の目的は人それぞれだけど、どこか既視感を抱いてしまう名所旧跡に足を運ぶよりも、僕にはこっち...
丹後鉄道が運行する観光列車「丹後くろまつ号」「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」は、丹後の風土を感じることのできる車両、丹後の歴史や特産を目と舌で味わえる...
これは、ビッグデータを使用した芸術表現を得意とするErick Fischer氏が製作した、「世界主要都市の観光マップ」だ。氏は、Twitter投稿された画...
建築コミュニティをネットサーフィンしていると、あっという間に時間が過ぎる。Googleマップで新しい場所を探しては、現地へ足を運んで撮るーー。と、ドイツ人...
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...
イギリス人のOliver Curtisさんは、これまで世界中の観光地を訪れては、カメラを構える観光客を尻目に、名所旧跡にあえて背を向けシャッターを切り続け...
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
サグラダ・ファミリア、カサ・ミラ、グエル公園…。思わず見上げてしまう観光名所ひしめくバルセロナで、あえて目線を足元に落としてみたら、そこにしかない特別なア...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
母想いの息子が、一緒に観光旅行をしているだけの「ブログ」かと思いきや、そこには心温まるストーリーがありました。息子のBarton Brooksさんは、婚約...
001 大陸:南米002 国名:チリ003 都市名:バルパライソ004 日付:2012.5.5「この美しさ、まるでヨーロッパ」About the City...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんのテクノロジー要素が盛り込まれたもの。それだけでなく、建築の未来も変...
STELLA LYDAKIはベルリンで撮影した写真を公開しています。中には、かの有名なブランデンブルク門もアレクサンダー広場も、ベルリン大聖堂も出てきませ...
イギリス人デジタルアーティストのJames Gilleardさんが訪日した際に体験した、都会から田舎までの道のりを描いた「Japan By Car」作品が...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...