壁はもちろん、床にも投写!使い道が盛りだくさんの「プロジェクター」

ソニーの「ポータブル超短焦点プロジェクター『LSPX-P1』」は、好きな映画や写真などを、家中のさまざまなところに投写できる画期的な商品。持ち運びやすい小型サイズながらも、バッテリーとスピーカーを内蔵しており、生活における新しい映像と音楽の楽しみ方を提案しています。

見たい時に、見たい場所で
楽しめるプロジェクター

まずはじめに、家での過ごし方を思い出してみてください。テレビやプロジェクターの置き場所によって、居場所が縛られてはいませんか?

当たり前といえばそれまでですが、そんな課題にも真正面から向き合うのがソニー。「見たい時に、見たい場所で楽しめるプロジェクターがあったら」という想いから、すっきりとした空間を作りながらも、部屋のレイアウトや家具の制約を受けず、空間そのものを活用して新たな体験を生み出すことをコンセプトとし、開発したそうです。

そうして開発されたこのプロジェクターは、さまざまな映像コンテンツを22インチから最大80インチまでの大きさで、壁はもちろん、テーブルや床にも投写できるよう設計されています。本体にはバッテリーとスピーカーが搭載されているので、持ち運んでどこでも使用可能。加速度センサーによって、壁か床側かを判断し自動で投写画面を見やすいように反転させたり、持ち上げるときにはレーザーが目に入らないように消える仕様にしているのだとか。操作には、スマートフォンのアプリケーションを使います。

常識にとらわれない
使い方の提案

その一つが、プロジェクターから映し出される動画や静止画をインテリアの一部にして、より自分の好きな空間や心地よい時間を作ること。このような使い方の提案として、スマートフォンの位置情報から取得した、実際の天気と連動した映像をプリインストールしています。天気によって映像が変化するため、窓から自然の景色を楽しむような新しい体験が可能となりました。

別売の専用フロアスタンドは、空間をそこなわないデザイン。かつ、椅子やソファに座ったときに、心地よく映像が楽しめる最適な高さと台座の大きさのバランスを追求しています。

スマートフォンに入っている写真や動画を投写して家族や友人と囲んで見たり、手元の空いたスペースに好きな映像を映し出すーー。プロジェクターの楽しみ方は、今後ますます広がっていきそうですね。

Licensed material used with permission by SONY
厚さ約1cmのスマホ「Movi Phone」には、プロジェクターが搭載されていて、最長で6時間も投影できるそうです。加えて、12〜100インチのスクリーン...
popIn Aladdinは「YouTube」や「AbemaTV」の映像を自室の壁に映し出すプロジェクター。細かい設定や操作は必要ありません。天井に設置す...
大勢でスマホ内の動画を見たい時や、思い出をシェアしたい時、様々なシチュエーションで大活躍してくれそうなプロジェクターがある。スマホを設置するだけで、壁に映...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
夜道を走る自転車って、結構危ないですよね。サイクリストもドライバーも、お互いドキッとするような怖い思いをした経験が少なくないはず。とくにドライバーから見る...
NetflixやYoutubeを大画面で視聴できる「巨大スクリーン」と「高性能スピーカー」がついた夢のようなスマートベッド「HiBed」には、そのほかにも...
「Lightform」は、誰でも簡単に映像を制作してそれを投影できてしまう優れもの。自宅やオフィス、いつも行く場所を特別な空間に変えたい人に最適!?
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
プロジェクター「Atmos FX」は、通報されそうなくらいリアルなゾンビやガイコツを投影してくれるんです。
7月28日、イーロン・マスクがテスラの自動車に搭載されているディスプレイでNetflixやYouTubeが視聴可能になるとツイート。近日中にソフトウェアア...
京都の紅葉は、いまが見頃。昼間に眺めたい人もいれば、夜間ライトアップが好きという人もいるでしょう。そうそう、源光庵のように「窓で切り取られたもの」も話題に...
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
大人になった今、壁に落書きしようだなんてまったく思わないけど、このおウチを覗いたらなんだかやっぱり楽しそう!まあ、マネしようとは思わないけどね(笑)
1989年に崩壊したベルリンの壁。あれから30年……。記念としてその一部が、3月にオークション出品されることとなりました。
球体型の楽器「Oddball」は衝撃を感知するドラムマシン。Bluetoothを使って、イヤホンやスピーカーから音を出せます。
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。