スマホを使ってどこでも「ミニシアター」

小さい頃、大人になったらホームシアターが家に欲しい、と願っていた。「好きな映画を大画面で見れるなんて最高じゃん」という思いからだ。でも、現実的なところ、それなりに設置費用はかかるわけで、未だにその夢は実現されていない。

そう思って諦めかけていた私の救世主!を発見。スマホを使ってカンタンに、携帯の中の動画を映し出すことができるみたい。

スマホを設置して
「即席シアター」の完成

1ae4e13a1bb56348d095a0975aabc8e6f1a8d15eD4c884ed402594a7d4046d7011bef52aff3756e0

あまり詳しい仕組みは明かされていないが、プロジェクターの後方部分をパカっと開けて、このようにスマホを設置するだけでいいらしい。

ただ、素材はダンボールとのことなので、手荒に扱うのはご法度。丁寧に使用することさえ忘れなければ、凄く重宝できそうな“ガジェット”とは言えないだろうか。

0aebb5218aa3e58be2916d8566d3570e100b20df

このプロジェクターを使って、イベントや旅行の後、思い出をみんなで振り返って楽しむのはどうだろう。恋人同士であれば、記念日にこれまでの2人の動画を振り返れば、より絆を深めることができそう。

ダウンロード済みの映画があれば、ベッドルームで寝る前に見えても良し。フェスへ行った時には、テントの中で使用することもできると、製作者「Luckies of London」はオススメしている。

これはどうしても手に入れたい。海外への発送を調べてみたところ、残念ながら日本は対象外のよう。このアナログ感、いいんだけどなあ。

Licensed material used with permission by Luckies of London, Instagram
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
毎晩ベッドの中で子どもに読み聞かせる絵本、その重要性をアルベルト・アインシュタインは、こんな言葉で表現しました。子どもに賢くなってほしいと望むならば、おと...
空港での待ち時間って、どう過ごすか迷いませんか?ショッピングや食事をするのもいいけど、米・ポートランド空港は、ミニシアターで映画が楽しめるようになったんで...
小劇場、ミニシアター。大きなスクリーンのシネコンではなく、小さな空間でこだわりの一本を味わう。それは、多くの映画ファンにとっては至福の時間だろう。ブルック...
スマホ用製品の技術向上によって、物理的に見えなかった、壁の向こう側も見えるようになったようです。なんのために使うの?と思えても、アメリカでは数々のメディア...
旅先や自宅でリラックスする時間などに使用できる「MovieMask」。解像度がVRの4倍もあるパノラマの世界が目の前に広がるらしい。眼鏡をかけたままでも、...
「Smartables」は、僕たちの生活を便利にしてくれるスマートテーブルです。例えば、充電器として、スピーカーとしても。他にもある便利な機能を紹介します。
もしも、スマホを盗まれてしまったら?画像や個人情報を見られてしまうなど、様々なリスクが予想されます。オランダに住む映画学校の学生、Anthonyさんも過去...
ソニーの「ポータブル超短焦点プロジェクター『LSPX-P1』」は、好きな映画や写真などを、家中のさまざまなところに投写できる画期的な商品。持ち運びやすい小...
スマホを使ったことがある人なら、一度は落下させたことがあるはず。バンカーリングとかも流行ったけど、見た目が、ちょっとヤボったいし、スタイリッシュじゃない。...
スマホ用の後付けレンズはほとんどがクリップ式で、付けたときにどうしてもメカメカしかった。でも、この「Moment」は今までのものとは違う。カメラには欠かせ...
海外を旅行するとき、盗難には注意が必要。たとえばスマホを無防備にポケットに入れていては、スルッと盗られてしまう可能性大です。この「C-Safe™ Pock...
iPhone 8/8 PlusやiPhone Xが「Qi」に対応したことで、ワイヤレス充電が注目されるように。でも、ネックなのは”置く”という動作。ここで...
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
テクノロジーの急速な革新によって、新たな可能性を切り拓いているAR(拡張現実)。「MAD Gaze」もまた、同じ技術を利用して生まれたスマートグラスです。
デザイナーKlemens Schillingerさんが制作したのは、スマホ中毒リハビリ用アイテム。これを使えば、スマホをいじっているときの動作ができるそうです。
特徴は、スマホの背面に貼るシールタイプというところ。これまでのスマホスタンドは、専用の台に置いて使う式かバンガーリングで支える式のモノだったので、新しいデ...
スマホを強制的に手放すよう設計されたのが、このベッドサイドランプです。デザイン性云々よりも、アイデアの勝利です。
1950〜60年代、アメリカを中心に隆盛をきわめた「ドライブインシアター」。車の中から鑑賞できる屋外映画館です。テレビの普及などによって徐々に廃れてしまい...
Harvard Business Reviewに掲載された、人間の行動心理を巧みに表現した記事を紹介します。人間は、新しくてより機能性や価値の高いものを手...