スマホを「インスタントカメラ」に変身させるガジェット

撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動きも出てきた。が、撮ってから転送する作業はかなり面倒だったりする。

そんな時は、この「PRYNT POCKET」を。

20秒で現像!

これはスマホをインスタントカメラにしてくれるガジェット。スマホにセットし、専用アプリを起動してシャッターボタンを押すだけ。約20秒後には写真を手にとることができるらしい

重さは210gなので、たとえ長時間使ったとしても気にならないと思う。女性の手にも収まるくらいコンパクトだから、持ち運びもラクラク。

これがあれば、友達やパートナーの誕生日に、その場で現像したスマホの写真に、メッセージを書き加えてプレゼント、なんてこともできそうだ。

撮った写真をスキャンすれば
ARを楽しむことも

その仕組みはわかりかねるが、現像した写真を専用アプリでスキャンすれば、上のようなAR動画が再生されるとのこと。動画は後付け可能なので、使い方はたくさんあるだろう。例えば、サーフボードを持っている写真に、波に乗っている動画を組み合わせる、なんて使い方も面白そうだ。

ちなみに、現像された写真はシールにもなるらしい。日記に貼るのもイイかもしれない。

この「PRYNT POCKET」は、現在「Makuake」でクラウドファンディング中。15,900円(税込)から購入可能だ。

Licensed material used with permission by Makuake
シャッターの切り替えもフィルムの巻き取りも完全手動式で電源不要、というインスタントカメラ「Escura Instant camera 60s」が発売。
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
Abhishek Singhが1から考えて生み出した「Instagif NextStep」を見て、頭に浮かんだのはハリポタに登場するカエルチョコの動くおま...
「Lumen」は、息を吹き込むだけで現在の新陳代謝を測定してくれます。さらには、栄養素などのアドバイスも。リアルタイムで体内の調子を知ることができて優秀な...
「ヴィクトリアズ・シークレット」初の日本人モデルは、小椚ちはるさん。2020年春コレクションを今すぐチェックすべし。