スマホを「インスタントカメラ」に変身させるガジェット

撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動きも出てきた。が、撮ってから転送する作業はかなり面倒だったりする。

そんな時は、この「PRYNT POCKET」を。

20秒で現像!

これはスマホをインスタントカメラにしてくれるガジェット。スマホにセットし、専用アプリを起動してシャッターボタンを押すだけ。約20秒後には写真を手にとることができるらしい

重さは210gなので、たとえ長時間使ったとしても気にならないと思う。女性の手にも収まるくらいコンパクトだから、持ち運びもラクラク。

これがあれば、友達やパートナーの誕生日に、その場で現像したスマホの写真に、メッセージを書き加えてプレゼント、なんてこともできそうだ。

撮った写真をスキャンすれば
ARを楽しむことも

その仕組みはわかりかねるが、現像した写真を専用アプリでスキャンすれば、上のようなAR動画が再生されるとのこと。動画は後付け可能なので、使い方はたくさんあるだろう。例えば、サーフボードを持っている写真に、波に乗っている動画を組み合わせる、なんて使い方も面白そうだ。

ちなみに、現像された写真はシールにもなるらしい。日記に貼るのもイイかもしれない。

この「PRYNT POCKET」は、現在「Makuake」でクラウドファンディング中。15,900円(税込)から購入可能だ。

Licensed material used with permission by Makuake
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
Abhishek Singhが1から考えて生み出した「Instagif NextStep」を見て、頭に浮かんだのはハリポタに登場するカエルチョコの動くおま...
「Lumen」は、息を吹き込むだけで現在の新陳代謝を測定してくれます。さらには、栄養素などのアドバイスも。リアルタイムで体内の調子を知ることができて優秀な...
スマホ用の後付けレンズはほとんどがクリップ式で、付けたときにどうしてもメカメカしかった。でも、この「Moment」は今までのものとは違う。カメラには欠かせ...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
「Draw This」は、アーティストやデザイナー、エンジニアとして活躍するDan Macnishさんによって開発されたインスタントカメラです。
インスタントカメラ界で旋風を巻き起こし続けているLomography。今度の新作は、レトロな折りたたみ式のカメラ。世界初のアナログなスクエア写真が楽しめる...
リンゴから作られるアルコール飲料「シードル」を自分で作れちゃうガジェット『ALCHEMA』です。
「FITT360」は、首にかけるタイプとなっていて、本体に内蔵されている3つのカメラが、あなたの周囲の光景を切り取ってくれるそうです。つまり、カメラを手に...
「Lomo’Instant Automat」は、インスタントカメラのシンプルな操作性を保ったまま冒険心まで満たしてくれる優れもの。まさに痒いところに手が届...
撮影した写真をその場で現像してくれる。つまり、インスタントカメラの役割を、強引にもスマホのケースに内蔵させちゃったのが、この「Prynt」です。あるオモシ...
デジタルカメラから使い捨てカメラまで、写真ブームな昨今。その中で、ハンディで初心者でも使いやすい大判カメラを生産しようと、キックスターターで資金を募ったT...
アクションカメラ「PITTA」は、マウントを付け替えるだけで、手のひらサイズのドローンへと姿を変えます。使っていないときは、防犯カメラとしても活躍してくれます。
「Mr. ESP 1」の使い方はカンタン。頭につけてから、瞑想を行えばイイだけ。すると、本体が脳波やその動きを読み取り、より深い状態へと導いてくれるようです。
Snapはカメラ内蔵サングラス「Spectacles 3」の最新バージョンを今秋にもリリースすると発表し、米国内では早くも予約が開始された。洗練されたデザ...
「Fairphone」は、壊れた部品も簡単に取り替えられるスマホ。環境にも気を使っていて、地球に優しい製品とのこと。
もう使わなくなった古いスマホはどうしてる?ほとんどの人が、引き出しの奥にしまったままなのではないだろうか。僕もその一人だ。何か再利用の方法でもないものかと...
今日(6月21日)から発売される富士フイルムの「instax mini LiPlay」。巷ではチェキの愛称で知られるインスタントカメラの新しいモデルです。
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
「Arrow Smartwatch」の特徴は、360度に回転するカメラがついているところ。しかも、フルHD(1080P)に対応しているため、SNS投稿には...