「光の標識」を背中に投影!サイクリストの動きがハッキリわかるプロジェクター

夜道を走る自転車って、結構危ないですよね。サイクリストもドライバーもお互いドキッとするような怖い思いをした経験が少なくないはず。

とくにドライバーから見ると、自転車のテールライトを一瞬で認識できないこともあります。でも、これならきっと多くのドライバーにその存在を知らせることができるはず! 「cyclee」は、自転車にプロジェクターを装着し、背中に「光る標識」を投影するという、これまでにない発想のアイテムです。

85singo_0ac77c2416534b2ecdae5f4988ea32ee

画像のように、文字やサインを使って、近づいてくる車両に自転車の状態をより明確に知らせることが可能です。しかも、自転車の動きと連動しており、止まっているのか、走行中なのか、または右折しようとしているのかなど、サイクリストの動きを自動で認識し、表示するというから驚き。

chari3

スマホから、どんなサインを表示させるか編集することができます。
さらに、フレームとのマッチングを想定して、カラーバリエーションが豊富なのもうれしい限り。

chari5

85singo_4d78b2cd39c2c4ce976a4843838f5154

85singo_c71cdc2f3179af69c9cad727073560da

chari4

デザイナーElnur Babayev氏による「cyclee」は、世界中のクリエイターのアイデアが投稿されるサイト「Behance」発のアイテム。数あるアイデアグッズのなかでも、国内外で話題になりつつあります。

折しも、日本では2015年6月1日に自転車の交通ルール違反の罰則強化が行われるなど、事故防止への意識が高まっているところ。「cyclee」が注目されるのも当然かもしれません。

Licensed material used with permission by cyclee

厚さ約1cmのスマホ「Movi Phone」には、プロジェクターが搭載されていて、最長で6時間も投影できるそうです。加えて、12〜100インチのスクリーン...
光の線やドットをヌードモデルのカラダに投影し、それを作品として動画や写真に撮るフランス人フォトグラファー、Dani Olivierさん。彼が手掛ける作品は...
「Lightform」は、誰でも簡単に映像を制作してそれを投影できてしまう優れもの。自宅やオフィス、いつも行く場所を特別な空間に変えたい人に最適!?
popIn Aladdinは「YouTube」や「AbemaTV」の映像を自室の壁に映し出すプロジェクター。細かい設定や操作は必要ありません。天井に設置す...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
光を遮りたいから用いるブラインド。ところが、その性質を逆手にとった、こんなアイデア照明がありました。
現代人の多くは、太陽光があまり入らない部屋で、人工的なライトに照らされて生活しているのでは。時間や場所の感覚を失いがちな現代人が、あたたかい木漏れ日の光を...
「Monkey Light Automatic」は、自転車のスポークにLEDライトをつけて走ると、光の残像が弧を描き、その点滅をコントロールすることで、映...
12月12日に、目に入る光の量を自ら調節するテクノロジーを搭載したコンタクトレンズ 「アキュビュー オアシス トランジションズ スマート調光」の...
自転車用ライト「See.Sense ACE」には、AIが搭載されていて、後ろから来た車のライトに反応して、光るパターンを変えてくれるそうです。これがあれば...
今回は池袋にある「線條手打餃子専門店」。カラフルでかわいい餃子が売りのこちらのお店。ベジタリアンにも対応しているヘルシーな餃子専門店です。
ドイツのタイヤメーカー「Continental」が開発した「GRIP LINE」は、ゴムの微粒子が混ぜられた塗料。自転車レーンの塗装材料として使うと、スリ...
ソニーの「ポータブル超短焦点プロジェクター『LSPX-P1』」は、好きな映画や写真などを、家中のさまざまなところに投写できる画期的な商品。持ち運びやすい小...
見た目の派手さも手伝って、レーザーライトを路上に照らすことで自転車事故を防ごうとするムーブメントは数年前からありましたが、米・ニューヨークの自転車シェアサ...
自転車の交通ルールは、2015年6月に道路交通法の罰則規定が強化され、3年以内に2回以上危険行為を繰り返すと、都道府県公安委員会から自転車講習を受ける命令...
2018年で7回目の開催となる「Amsterdam Light Festival(アムステルダムライトフェスティバル)」。アムステル川沿いを中心に街のいた...
ファッション、アート、音楽を扱うニューヨーク拠点の老舗雑誌『PAPER MAGAZINE』の表紙にレディー・ガガが登場。サイボーグをイメージしたヌード姿が...
「Apple」は、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染しているかどうかの判断材料をSiriを利用して調べる新サービスを開始した。
そんな光の波紋をずっと見ていたい。という気持ちに応えるルームライト。
「Gates of Light(光のゲート)」は、オランダの「締切大堤防」にある60基の水門に、マイクロプリズムシートが取り付けられてできたインスタレーシ...
ドイツで生まれた自転車用リフレクター「FLECTR 360 WING」が、サイクリストの安全をしっかりと確保してくれそうだ。
エアバッグや自動ブレーキ、車線逸脱防止機能など、自動車の安全性能は、日進月歩で進化している。なかでも、「サムスン電子」のアイデアは画期的。なんせ、周りを走...
ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見する...
「Ridy」は、表情筋の動きや瞬きの回数、目線の方向、首の傾き、リアクションスピードなどの要素から、居眠り運転を防止するためのアラートを出してくれる。