ドライバーよ刮目せよ!ランドセル型の「速度計」

通学中の交通事故から子どもたちを守る方法は、標識交通指導員以外にないのだろうか?

今年秋、「ケベック州自動車協会(SAAQ)」の安全運転啓蒙キャンペーンの一環として、とある広告動画が公開された。

© TNSense Inc / YouTube

テック企業「TNSense」が仕掛けたのは、通学路の子どもたちに、ランドセル型の速度計「Live Radars(ライブ・レーダーズ)」を背負わせることで、リアルタイムでドライバーに走行速度を知らせるという作戦。

子どものそばを通り過ぎるときに、通学路の制限速度30km/hを超えていた場合、赤く表示される数字を目にして、ドライバーたちはハッとした表情を見せた。

実際に動画内では「子どものランドセルを見てすぐに速度を落としたよ」「あんな物を見たことがなかったから、とても考えさせられたわ」「私は速すぎました」などのコメントが紹介されている。

不特定多数が利用する公共交通機関の利用を避け、徒歩自転車での通学が増加する今、子どもたちをどのように守っていくかを、保護者もドライバーも再度意識する必要があるだろう。

Top image: © TNSense Inc.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
土屋鞄製造所の2021年入学用ランドセルに新シリーズ「SHAPE(シェープ)」が登場。
1975年から続く、茨城・日立の「ランドセル贈呈」のプロジェクト。日立市内の新入生全員にオリジナルのランドセルをプレゼントしています。
「Ridy」は、表情筋の動きや瞬きの回数、目線の方向、首の傾き、リアクションスピードなどの要素から、居眠り運転を防止するためのアラートを出してくれる。
2020年3月、イタリアのファッションブランド「DIESEL」がランドセルの販売をスタート。翌年4月に小学校入学を予定している新入生を対象に、8万1000...
お茶を製造する工程で発生する「茶殻」を有効活用すべく、伊藤園が研究開発に取り組んでいる「茶殻リサイクルシステム」。茶殻からできたのは3D立体構造のマスクフ...
ヨーロッパの小国「ルクセンブルク」が、2019年の夏までに公共交通機関をすべてタダにすると発表しました。
ロシアの配車サービス「Yandex.Taxi」が導入しているテクノロジーの紹介。
西インドのマハシュトラ州政府は、ムンバイ・プネ間の高速輸送技術として「ハイパーループ」を推進する計画を公式に宣言した。実現すると、通常3時間半かかるムンバ...
「ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン」のLidia Galdino博士が率いる米電気通信会社「Xtera」と「KDDI総合研究所」の共同チームがインター...
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
衣類をかけてボタンを押すだけで服を除菌してくれる「スマートUV除菌ハンガー」が誕生。
小学生のマストアイテム、ランドセル。6年間を共に過ごす、かけがえのない“相棒”です。が、中学生になると、まったく使われず押入れに眠るのがオチ。ましてや、大...
以前、オーストラリアのイケメン消防士のカレンダーを取り上げましたが、ここでは特徴が異なるアメリカ・ニューヨークのタクシー運転手のカレンダーを紹介。
2019年のCESでアイシン精機が初公開した「i-mobility TYPE-C」。ドライバーの感情を読み取る技術が搭載されていて、気が立っていたら座席が...
ベースボールキャップやバッグなどのアパレル商品で名高い「New Era」が、ランドセルの展開を開始!
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
1月5日より、Netflixが卑語をテーマにした新番組『あなたの知らない卑語の歴史』の配信を始めた。6話構成で、それぞれ約20分の長さとなっている。
いま「SpaceX」や「Blue Origin」などが打ち上げた人工衛星が天体観測の邪魔になっているようだ。
車のスピードは車自体の性能に左右されるのか、それともドライバーの腕によって変わるのか。この疑問を解消すべく、実際にレースをして検証を行った男たちがいました。
日本でブロックチェーンと言えば、仮想通貨を支える技術というイメージ。けれども、ガーナでは社会問題を解決するテクノロジーとして期待が高まっているようなんです。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
ドイツのタイヤメーカー「Continental」が開発した「GRIP LINE」は、ゴムの微粒子が混ぜられた塗料。自転車レーンの塗装材料として使うと、スリ...
エアバッグや自動ブレーキ、車線逸脱防止機能など、自動車の安全性能は、日進月歩で進化している。なかでも、「サムスン電子」のアイデアは画期的。なんせ、周りを走...
もうドナーを待つ必要がなくなるかも?そんな可能性が感じられるニュースが、アメリカ科学振興協会が運営している科学誌「EurekAlert!」に掲載されました...