「横断歩道を渡る」から、「渡る場所に横断歩道」へ。

大通りを歩いていて、道の反対側へ渡りたいのに横断歩道はずっと先、という状況を思い浮かべて欲しい。見渡してみると、車は通っていないようだ。

あなたなら、横断歩道まで歩く?それとも横切る?

ここだけの話、私は後者の時もある。本当はイケナイのだとわかっていながら、心に余裕がない時だとつい…。先日、「これ日本にもあれば良いのに!」と思った、最新の横断歩道を見つけてしまった。

歩行者の動きに合わせ、
ラインやサインが出現!

Photo by Direct Line
Photo by Direct Line

「The Smart Crossing」と呼ばれるこのテクノロジー。スマートと呼ばれる理由は、歩行者や車、自転車が通りかかった時、リアルタイムで「横断歩道」や「止まれ」のサインが出てくるから。

仕組みは、カメラが歩行者や車などの動く対象物を追い、道路の表面に埋め込まれたLEDがタイミングに合わせて光ることで、横断歩道などを形づくるというもの。

開発に携わっている「Umbrellium」によると、イギリスで年に7,000件ほど発生する交通事故への対策だという。

「緊急事態」にも対応
事故を“本気”で減らすために…

Photo by Direct Line

事故対策について少し詳しく書く。例えば、学校や公園周辺で、思わぬアクシデントが起きた時でも、安全面に配慮できるよう開発が進められている。

サッカーをしている最中、ボールが道路へ転がっていってしまい、反射的に追いかけた子どもがいる場合でもほら、車やバイクの運転手の目につきやすいよう、飛び出している人がいることを知らせる赤い印が出現する。

Photo by Direct Line

ダメとわかっていても、歩きスマホをしている人が道路に差し掛かった時、歩行者の目の前にサッと横断歩道が出てくれたり。

横断歩道のデザインが、少し大げさなほど太くて目立つ理由は、手元や足元しか見ていない彼らに注意を促すためだという。

「イギリスでの普及が実現すれば、やがては日本にもスマートな横断歩道が、ポッと目の前に出現する日がくるかもしれない。

Licensed material used with permission by Umbrellium
交通事故を減らすために、リトアニアの第二の都市カウナスが地元のストリートアーティストとタッグを組みました。それは、横断歩道を渡る前に自然と周りに注意を向け...
世界中、どこに行っても横断歩道は基本的に“無機質”なゼブラ模様ですが、スペインのマドリード郊外には、こんなカラフルな横断歩道が出現しています。渡っている画...
いけないことだと分かりつつ「クルマが来ないから」と信号無視をして横断歩道を渡ってしてうこと、あるのではないでしょうか。でもそれって、あなたが思っている以上...
思わず「この発想はなかった!」と言ってしまいそうな「横断歩道」のデザインをご紹介。これならどれだけ人が多いところでも、対面の人とぶつかりそうになることなく...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
警察官が人を呼び止めるケースは、どうしても「犯罪の取り締まり」のイメージが強い。でも、ここカナダ・ナナイモでは、真逆のことが行われています。彼らが捕まえて...
自転車の交通ルールは、2015年6月に道路交通法の罰則規定が強化され、3年以内に2回以上危険行為を繰り返すと、都道府県公安委員会から自転車講習を受ける命令...
2015年12月2日に投稿されたツイートに注目が集まっています。運転免許証を持っていれば知っているはず!なのですが、過去に警視庁が行ったアンケート調査では...
ある日、横断歩道を渡ろうと信号待ちをしていたGuido Gutierrez Ruizさんは、足元にある水たまりに目を留めました。するとそこには、空の雲が映...
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
テレビやYouTubeで見る「ドライブレコーダーの映像」といえば、なにかとネガティブなシーンばかり。事故の瞬間や、悪質な運転の証拠…。でも、それらの劇的な...
「Ridy」は、表情筋の動きや瞬きの回数、目線の方向、首の傾き、リアクションスピードなどの要素から、居眠り運転を防止するためのアラートを出してくれる。
現地時間の21日、北アメリカ大陸を「皆既日食」が99年ぶりに横断しました。帯状の地域で、約2分間観測できたとのこと。地上にいたみなさんは、99年ぶりの皆既...
ヨーロッパの小国「ルクセンブルク」が、2019年の夏までに公共交通機関をすべてタダにすると発表しました。
キャビアやトリュフなど、味は全部で12種類銀座で話題の大人のクレープ専門店PÄRLA〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1http://par.la/
彼の名前は「Graham(グラハム)」。メルボルン大学の外科医、自動車事故調査官の意見をもとに、アーティストが製作した人体標本だ。まるでミュータントのよう...
今でこそ「世界最強のロックバンド!」なんて具合に讃えられている“レッチリ”ことレッド・ホット・チリ・ペッパーズですが、かつてはほぼ全裸ライブ、ほぼ全裸のミ...
エアバッグや自動ブレーキ、車線逸脱防止機能など、自動車の安全性能は、日進月歩で進化している。なかでも、「サムスン電子」のアイデアは画期的。なんせ、周りを走...
今、日本には多くの外国人観光客が訪れています。富士山や京都も魅力的ですが、東京にも多くの魅力的な楽しみ方があると彼らは言います。ここでは世界旅行が大好きな...
2017年8月21日(日本時間22日)、アメリカで大規模な皆既日食が起こります。アメリカ大陸を横断するのは、実に99年ぶり。この世紀の天体ショーを間近に控...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見する...
ある意味、これは“走るイルミネーション”。だけど、単なるクリスマス用のデコレーションを施したお気楽列車な訳ではありません。今年で18年目を迎える、カナダ太...