死海だけじゃない。イスラエル旅で外せないアクティビティは「バードウォッチング」だ!

中東のシリコンバレーといえば、ご存知イスラエル。では、この国がバードウォッチング大国だということを知っていますか?

じつは世界有数の渡り鳥の中継地で、毎年5億羽近い鳥がイスラエルの空を渡っていくそうです。

ヨーロッパからアフリカへ大移動

©Dafna Tal
©Akiko Terai

それにしても、なぜたくさんの鳥たちがイスラエルにやってくるのか?答えは地理的条件にありました。

ユーラシア大陸からアフリカ大陸へと渡る鳥の飛行ルートの中で、もっとも旅しやすいのがイスラエル経由なんです。

イタリアやスペインをはじめヨーロッパ南部から北アフリカへと渡るには、地中海上を飛び続けなればなりません。また、アラビア半島の南端イエメンから東アフリカに抜けるルートは広大な砂漠地帯が続くうえ、やはり紅海を越えていく必要があります。

その点イスラエルは、ヨーロッパとアフリカを陸続きに越える唯一の道。渡り鳥にとって重要な気流も味方してくれるのがイスラエルルート、というわけです。

豊かな自然は
渡り鳥にとってのオアシス

鳥たちがイスラエルを好む理由がもうひとつ。豊かな自然です。

半日もあれば車で国内を移動できてしまう小国ながら自然が凝縮。ピレネー山脈やガリラヤ湖の湿地帯が広がる北部、東はおなじみ死海、砂漠の広がる南部へと下ればそこは紅海です。つまり、空から地上に降り立って燃料補給ができるイスラエルは、さながら渡り鳥たちの理想のオアシス。

そのためか、南へと下らず定住してしまう鳥も多く、国内で観測される野鳥約500種のうち、じつに半数近くが定住型。なんだか本末転倒な気がしないでもないですが(笑)。

こうなるとバードウォッチャーにはたまりません。移動距離の少ない中で海鳥から山鳥、さらには砂漠に生息する鳥にだって出会える格好の旅先というわけ。実際、世界各国からバードウォッチング目的のツアー客が押し寄せ、イスラエル最南端の街エイラットでは、毎年国際バードフェスティバルが開催されています。

バードウォッチングは
普段着のアクティビティ

©イスラエル大使館
©Akiko Terai

ところで、バードウォッチングと聞くと、野鳥愛好家によるお堅い趣味といったイメージがありませんか? けれどイスラエルにおいてはもっとカジュアル。若者からお年寄りまで幅広く楽しまれているアクティビティです。

なかでも渡り鳥が多く立ち寄ると人気の、北部フーラ渓谷内のアガモン・フーラ湖周辺では、レンタサイクルのほか、ゴルフカートまで貸し出して野鳥との出会いを楽しむ人々がたくさん。

テルアビブ市内でも十分バードウォッチングに浸れます。セグウェイをレンタルして市内の公園をめぐるなんてプランも。春と秋の渡り鳥シーズンともなると、公園でデジカメやスマホを覗きながら空を見上げる人たちで賑わっていますよ。

イスラエルを訪れればどこにいたって珍しい鳥に出会える!旅行の目的は別だったとしても、行く先々で野鳥を探してみてはいかがでしょう。

Top image: © Itamar Grinberg
ロンドンの人気レストラン「Bourne& Hollingsworth Garden Room」に、今年3月新しくバーがオープン。店内に所狭しと置かれている...
スイスエアの特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
「ワールドエアポートアワード」で、7年連続1位に選ばれているシンガポール・チャンギ国際空港。東南アジアを結ぶハブ空港でのオススメは『Collin's (コ...
アラブ首長国連邦(UAE)の新たな観光スポット「Qasr Al Watan」。大統領官邸でもあるこの場所は、3月から観光客に開放されています。ツアーも組ま...
エミレーツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
ルフトハンザドイツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
飛行機という限られた空間を快適にしてくれる便利グッズは旅のお供にいかがでしょう?eチケットなどA4サイズの出力も折り畳んでしまえるキングジム「OLETTA...
機内食は苦手とか、ドリンクサービスだけの国内線、ってことから単純にお腹が減ったというときまで小腹が助かる空旅に適した携帯フード。自然派食材で作られる「カー...
機内食は苦手とか、ドリンクサービスだけの国内線、ってことから単純にお腹が減ったというときまで小腹が助かる空旅に適した携帯フード。有名和菓子ですが、「とらや...
起業家大国とも言われているイスラエル。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、日本においての女性起業家10名のうちの1人として選ばれ、イ...
イスラエルで開催されるフェス「Zorba The Buddha Festival」。イスラエル最大級のヒッピーフェスともいわれている同イベントでは、音楽や...
『Sigalit Landau SALT YEARS』の本で紹介される写真がおもしろい。死海でこれでもかというほど“塩漬け”された物が写っています。死海の...
イスラエルを旅したら、一度は食べてみたいフュージョンSushiのご紹介!
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
難民や移民の子どもたちが心の拠り所にできるように、イスラエルを拠点に活動するデザイナーと建築家たちが手を組み、小学校をリノベーションしました。
Netflixの番組「Tidying Up with Marie Kondo」で世界的に有名になった近藤麻理恵さん。イスラエルの新聞「Haaretz」も注...
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
Instagramアカウント「@hotisraeliarmygirls」では、イスラエルの女性兵士たちの日常を公開している。兵役中でもおしゃれをしたり、ビ...
本や新聞などに書かれている文章はもちろん、表札や看板の表示、目の前にいる友人、洋服の色、貨幣の金額、時計の時刻、商品のバーコードを理解して音声案内します。
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
イスラエルで即完売になったドリトスは、パッケージがタオル生地でできていました。食べるたびに手についた油やカスを拭けるってことです。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
イスラエル出身のNuseir Yassinさんは、ハーバード大学を卒元エンジニア。しかしただ働くだけでは人生を楽しみきれていないと旅へ。1分間の動画を毎日...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
沖縄旅行をすると決めたとき、きっと頭の中に思い浮かぶのは、エメラルドグリーンの海と、青い空…。でも実は、沖縄って雨が多いんですよね。梅雨の時期や台風もある...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。