天かすにテリヤキソース。イスラエル人が熱狂する「フュージョンSushi」を食べてみた

世界中に派生し独自の進化を遂げる寿司。人口当たりの寿司店舗の数が東京、ニューヨークに次いで3番目に多い都市がわかりますか?

イスラエルの首都テルアビブ。意外ですよね。

これが「めちゃくちゃおいしい!」と旅仲間からのお墨付きを得て、テルアビブ訪問時に試してみることに。以下、食レポと合わせて率直な感想をまとめました。

桜、将軍、ヤクザ、盆栽……
想像力が必要なSushiメニュー

©Akiko Terai
©Akiko Terai

訪れたのは、テルアビブ市内だけでも14店舗を構える一大チェーン「Oshi Oshi Sushi&Bar」。日本で言うところの回転寿司じゃないけれど、イスラエル庶民の感覚と寿司熱を地肌で感じられるお店です。

ちなみに、イスラエルのSushiの主流はカリフォルニアスタイルのスシロール。席に通されさっそくメニューを開くと、SAKURA、SYO-GUN、YAKUZA、BONSAI……日本を連想させるワードで構成されたフュージョンSushiがずらり。

周りを見渡してみます。家族連れ、カウンターで電話しながらつまんでいる人、ショーケースに並んだSushiが飛ぶように売れていきます。たしかに、イスラエル人の日常の食べ物として市民権を得ていることがうかがえます。

テリヤキソース、チリマヨで食べる

さっそく、一番人気を注文してみました。その名も「SUNSET」。地中海に沈む美しい夕日をイメージした創作Sushiがこちら。

©Akiko Terai
©Akiko Terai

スパイシーツナ(まぐろ)、きゅうり、アボカド、さらにはヤムイモのペースト。具をノリで巻いた外側にシャリ、さらに大外に炙りサーモンが巻かれ、上からあさつき、天かす、カリカリに揚げたパン粉で仕上げた一品。

そこにテリヤキソースとスパイシーなマヨネーズが、お好み焼きの要領でたっぷりかかっていて、なかなかに創作してます。肝心の味はといえば……甘!さらに辛!食感はねっとり、そしてカリカリ。

甘辛の融合と未知なる食感がクセになる

味の主役はサーモンでもマグロでもなくヤムイモ。これが、甘くねっとりする正体。卵焼きやかんぴょう、でんぶによるデリカシーある甘さとはまったくの別物です。

それにしてもヤムイモの甘さ。食べるとほんのり口の中に残るのですが、嫌味じゃない。むしろうまい!

アフリカやオセアニアの島々で広く食べられているヤムイモを日本生まれの寿司に取り入れる。これこそイスラエルのフュージョン能力。アボカドロールのインパクトなんて軽く超えてしまいます。

さらに、その対極をゆくのがピリ辛のチリ。

ピリ辛のタレに漬けたと思われるマグロ、炙ってほんのり甘みが増したサーモン、さっぱりきゅうりの爽快感でまとめたネタ。高く積み上げられた天かすが生むカリカリのアクセントもなかなか。甘辛の幅が日本の巻き寿司とは段違いの「SUNSET」ですが、味と食感両方を楽しませようという意図が十分に伝わってきました。

テルアビブでしか味わえない
フュージョンSushi

世界に散らばっていったユダヤ人たちが、持ち帰った各国の料理があります。そうした世界中の台所の味を巧みに混ぜ合わせ、Sushiにも独自のアプローチをかけているのにもうなずけます。日本の外に出て口にする寿司は、割り切ってSushiとして楽しむ。外から見える日本を体験してみませんか?

©Akiko Terai

こちらも個性的。手前はツナとアボカドを裏巻きにした「TSUNAMI」、奥はトウガラシのスライスが乗った「REDDRAGON」。

Top image: © Akiko Terai
炙り寿司をさらに進化させてカナダで絶大な人気を集めてブレイクした「Aburi Sushi」が二子玉川に凱旋してやってきた。押し寿司の上にオリジナルソースを...
起業家大国とも言われているイスラエル。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、日本においての女性起業家10名のうちの1人として選ばれ、イ...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
ドムドムバーガーの大ヒット商品、期間限定「丸ごと!!カニバーガー」。食べられるのは今のうち!
日本人が愛してやまないソウルフード、お寿司。いまでは国境を越えて多くの人に愛されているけれど、ふと、理由が気になってしまったんです。アメリカの女性ライター...
難民や移民の子どもたちが心の拠り所にできるように、イスラエルを拠点に活動するデザイナーと建築家たちが手を組み、小学校をリノベーションしました。
イスラエルが世界でも有数のバードウォッチング大国だって知ってました?
11月30日、秋葉原に寿司ブリトー専門店「beeat sushi burrito Tokyo」がオープンしました。
創作寿司の可能性って、まだまだありそうですね。
伊勢の産物を使ったモノづくりで、「皆様へほんまもんの伊勢のもんを届けたい。長年お世話になった伊勢へ恩返しがしたい」と、伊勢神宮に奉職して38年が過ぎた73...
イスラエルで開催されるフェス「Zorba The Buddha Festival」。イスラエル最大級のヒッピーフェスともいわれている同イベントでは、音楽や...
日本が世界に誇る料理、寿司。真っ白なシャリに新鮮な素材がのった姿は、海外から見ると「芸術」と評されることもあります。それが、実際にアート作品へと昇華しました。
2016年1月6日よりTOKYO MXで放送されている5分アニメ『SUSHI POLICE』のアイデアは、実際に起きた騒動が元になっているそう。WEBサイ...
「SUSHI TELEPORTATION」は、食のデータ転送を実現して、世界中どこにいても、3Dプリンターで好きな料理を再現できるようにするというプロジェ...
過去にニューヨークでミシュランの3つ星を獲得した「SUSHI YASUDA」。その元オーナーで、現在は南青山に「SUSHI BAR YASUDA」を構える...
11月下旬、五感を使って暗闇を体験する「ダイアローグ・イン・ザ・ダーク(DID)」が、国立競技場前の「三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア」を新たな拠点...
「旅先でもお洒落に過ごしたいけど荷物を減らしたい!」という悩みを解消すべく生まれた手ぶら旅行サービス「ANA TEBURA TRAVEL」がスタート!
彩り豊かな寿司ロールが逆上陸 銀座で創作和食を楽しめるスシバーSHARI THE TOKYO SUSHI BAR〒104-0061 東京都中央区銀座2丁目...
イスラエルで即完売になったドリトスは、パッケージがタオル生地でできていました。食べるたびに手についた油やカスを拭けるってことです。
Netflixの番組「Tidying Up with Marie Kondo」で世界的に有名になった近藤麻理恵さん。イスラエルの新聞「Haaretz」も注...
20代のリアルカルチャーを発信する「Elite Daily」。食のトレンドを伝える記事は、目新しさ、驚きそして、若者ウケの良さが判断基準だったりして?ライ...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...