実話をもとにしたアニメ『SUSHI POLICE』が、どんどんエスカレート!

2016年1月6日よりTOKYO MXで放送されている5分アニメ『SUSHI POLICE』のアイデアは、実際に起きた騒動が元になっているそう。ホームページにはこう書かれています。

※スシポリス事件とは?2006年、海外で間違った日本食の蔓延を危惧した日本政府が、正しい日本食を認定する制度「海外日本食レストラン認証制度」の創設を発表したところ、「スシポリスがやってくる!」と揶揄して海外メディアが一斉にバッシングを展開、日本政府は実施を見送った。

まるで作り話のような珍事件。しかし、実際に「The Washington Post」の記事を引用した「Sushi police is coming!(スシポリスがやってくる!)」なんて投稿もあった模様。なるほど食文化を扱った作品かーー。そう思いフタを開けてみたら、予想のナナメ上を行く衝撃的作品でした!

スシポリスが
間違った寿司屋を殲滅!?

「寿司が泣いている…」。

トレイラームービー冒頭のセリフがまず強烈です。セリフはデータ分析官スズキとアンドロイド捜査官カワサキを率いるスシポリスのリーダー、ホンダが発したもの。彼らの目的は、海外にはびこる間違った寿司を取り締まること。

日本政府があのまま制度を実施していたらーー、を過激なフィクション作品に仕立てあげたもののようですが、いささかテンションが張り詰めすぎており、名言(迷言?)連発中。

インターネットでは、「そもそも正しい寿司ってなんだ?」なんて質問や、「それを選ぶのは人間ではない、寿司だ!」との作中のセリフをオウム返しするつぶやきのほか、禅問答のような問いが繰り広げられる謎の現象が発生。

食文化を通じてワールドワイドに人間ドラマを描くのかな…なんて思いきや、アンドロイド捜査官の首はもげるわ、ワサビガンで食事中の利用客を撃ちまくるわ、問答無用で寿司レストランが爆破されるわと、その行いは極悪非道そのもの!

しかも、ストーリーの展開はどんどんエスカレート。最終的には巨大怪獣まで登場します。え〜!

「巨大怪獣スシラ」登場!

第11話

巨大怪獣スシラとの戦い(前篇)

アメリカ・ニューヨークに突如、巨大怪獣スシラが現れる!!

どんな話になってるのか想像することは難しいでしょう。とは言え、どんなシーンが描かれるのかが無性に気になる内容ではあります。2016年3月23日の放送で後編が放送される予定ですが、一体どんな決着になるのでしょうか。

じつはこのアニメ作品、TOKYO MXの開局20周年を記念したもの。「これでいいのかMX」なんてコメントも散見されていますが、ジワジワと人気を集めている模様。

ちなみに、主題歌はあの「OK GO」と「Perfume」の共作!たしかに豪華ですよね。タイトルは「I Don't Understand You(あなたのことが理解できない)」。つっこみたくなるポイントだらけで、つい見てみたくなっちゃいませんか?

放送時間は毎週水曜日の深夜25時から。SUSHI POLICEと巨大怪獣スシラの激闘を、是非その目で確認してみて!

Licensed material used with permission by SUSHI POLICE
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
日本人が愛してやまないソウルフード、お寿司。いまでは国境を越えて多くの人に愛されているけれど、ふと、理由が気になってしまったんです。アメリカの女性ライター...
創作寿司の可能性って、まだまだありそうですね。
20代のリアルカルチャーを発信する「Elite Daily」。食のトレンドを伝える記事は、目新しさ、驚きそして、若者ウケの良さが判断基準だったりして?ライ...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
日本が世界に誇る料理、寿司。真っ白なシャリに新鮮な素材がのった姿は、海外から見ると「芸術」と評されることもあります。それが、実際にアート作品へと昇華しました。
予想外の出来事に出くわしたとき、何が起きているのかわからず全身がピタッと一瞬だけ止まるような感覚。Percolate Galacticによる、思いもよらぬ...
過去にニューヨークでミシュランの3つ星を獲得した「SUSHI YASUDA」。その元オーナーで、現在は南青山に「SUSHI BAR YASUDA」を構える...
東京在住でプロのアニメーターのThomas Romainさんが息子のRyunosukeくんと活動する「親子デザイン工房」が世界中で話題に。Ryunosuk...
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
パリやロンドンで、数年前にちょっとした話題となった「スシバーガー」が、今になってアメリカで熱を帯びているらしい。ヘルシーさをウリにするものから、明らかにハ...
もし、心に秘めるセクシャルな欲望を口に出してしまったら。バカにされるかもしれないし、拒絶されるかもしれない。自分の“秘めた願望”を、さらけ出せる人間がどれ...
意識して考えたことはありませんでしたが、言われてみれば確かにそう。すでに知っている人も多いかもしれませんが、海外でも取り上げられることが多い話題のようです...
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
イギリスにある最高!?のマリアージュを発見。「Runaway Brewery」が開発したGari Goseは、成分にガリや昆布、梅やすし飯が入っているビー...
イタリア生まれの中国人シェフYujia Hu。彼の名前を覚えておいて損はない。もしかして、もしかすると、来年あたりTIME誌の選ぶ「最も影響力のある100...
いまや世界の人々を魅了する、日本のアニメ。どうやら、ことCGにおいても、その実力は確かなもののようだ。これが自主制作!?その“完成度”に驚愕の声これは、C...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
この、美味しそうにデコレーションされたチョコレートケーキが、いまからクルクルと回転していきます。すると…メチャクチャ不思議!楽しい仕掛けがぎっしり詰まって...
誰もが知るキャラクターたち。映画やアニメの世界だと大活躍するものの、現実世界に登場させたら話がおかしくなってしまった…。そんな笑える7枚のイラスト。疲れた...
日常の何気ない出来事をアニメや漫画のワンシーンのように作り上げるOscar Roguezの“ひとコマ漫画風”の写真。ちょっとお疲れのときでも、眺めていると...
ちょっとだけって思いつつ、お菓子の袋に手を伸ばしたらいつの間にかキレイに完食。最初はそんなつもりなかったけど、なぜか止まらなくなるんですよね。私はこのアニ...