かぶりつく寿司が新スタイル。「Sushi-Burrito」が全米で話題沸騰!

20代のリアルカルチャーを発信する「Elite Daily」。食のトレンドを伝える記事は、目新しさ、驚きそして、若者ウケの良さが判断基準だったりして?ライターRobert Anthony氏によれば、どうやら、「寿司」がまたひとつ衝撃の進化を遂げたよう。

たいていのことでは驚かないほど、“変わり寿司”に免疫ができてしまった私たち。ここに登場する「Sushi」もなかなか。もはや、何でもアリ!?


食の融合、掛け合わせによるハイブリッド・フードは、どんどん一般的なものとして認知されるようになってた。でも、まさかSushiがメキシコ料理の「ブリトー」と融合するなんて!これでもう、あのテクニカルな箸の持ち方で指がつるようなこともないだろうし、口に持っていく途中で中身がこぼれ落ちるわずらわしさからも解放されるはず。まるでブリトーのようにくるまれた巨大なSushiロール(太巻き)にこの夏は注目が集まりそう。

  Reference : sushirrito 

普通サイズのSushiロールなら、テイクアウトはたいていプラスチックバックにカットされた状態。でも、このスーパーサイズなSushi-Burritoは、半分にはカットするものの、そのまま握ってホットドック感覚で食べることが可能。つまりお箸も不要でかぶりつける。6月に入ってからNYチェルシー地区に新規開店した「Uma Temakeria」をはじめ、数店舗が同時にオープン。この流れはもちろん西海岸にも。サンフランシスコだけでも4店舗を展開する「Sushirrito」のコンセプトは、アジアとラテンの融合だそう。

Reference : sushirrito

オープン以来、連日大行列のできる人気ぶり。

  Reference : sushirrito

このハイブリッド・フードの波は留まることを知りません。


日本人からしたら、「もう勝手にして!」な気分も正直あるでしょうが、これが最終進化系の寿司だそう。最近、手で握らない“おにぎらず”が登場し話題となりました。言ってみれば、このSushi-Burritoだって、巻きすを使わないだけで、寿司は寿司…ってところ。

江戸末期に握りのスタイルが登場して依頼、大衆寿司屋や寿司屋台では、職人が握った側から「さっと食べる」が粋な江戸っ子のスタイルとして定着。ある意味、寿司は日本でもファストフードとしての要素があったことは確かです。
時は流れて、1970年代後半「カリフォルニアロール」がアメリカで空前のヒットとなり寿司は「Sushi」としてアメリカ人の食文化の扉を開きます。80年代の日本食に注目が集まり、セレブの間で「Sushiブーム」が。そして現在…海を渡った寿司は、世界各地で受け入れられ、愛され、目まぐるしく変容しています。

Licensed material used with permission by Elite Daily

くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
日本人が愛してやまないソウルフード、お寿司。いまでは国境を越えて多くの人に愛されているけれど、ふと、理由が気になってしまったんです。アメリカの女性ライター...
イギリスにある最高!?のマリアージュを発見。「Runaway Brewery」が開発したGari Goseは、成分にガリや昆布、梅やすし飯が入っているビー...
過去にニューヨークでミシュランの3つ星を獲得した「SUSHI YASUDA」。その元オーナーで、現在は南青山に「SUSHI BAR YASUDA」を構える...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
カネカ食品がベルギーの乳製品メーカーと技術提携して開発した、パン好きのための牛乳。
創作寿司の可能性って、まだまだありそうですね。
イタリア生まれの中国人シェフYujia Hu。彼の名前を覚えておいて損はない。もしかして、もしかすると、来年あたりTIME誌の選ぶ「最も影響力のある100...
日本が世界に誇る料理、寿司。真っ白なシャリに新鮮な素材がのった姿は、海外から見ると「芸術」と評されることもあります。それが、実際にアート作品へと昇華しました。
意識して考えたことはありませんでしたが、言われてみれば確かにそう。すでに知っている人も多いかもしれませんが、海外でも取り上げられることが多い話題のようです...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
スパークリングワイン、チリの「サン・ホセ・デ・アパルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット」。お値段は1,598円〜ですが、シャンパンと同じ製法の瓶内2次発酵...
2016年1月6日よりTOKYO MXで放送されている5分アニメ『SUSHI POLICE』のアイデアは、実際に起きた騒動が元になっているそう。ホームペー...
ヘルシーフードとしても注目され、「日本のことはあまり知らないけど、スシは好き」なんていう海外の人もいたり。その土地の人の口に合うように大幅アレンジされたも...
空港で注目を集めること間違いなしの「スーツケースカバー」が話題になっています。ビジュアルは、どこからどう見ても“握り寿司”そのもの。きっと、国内はもちろん...
『キャドバリー』の「デイリーミルク」!
福岡のソウルフード「おきゅうと」は、エゴノリという海藻を煮固めたもので、小判形にした食材。それをクルクルと巻いて、細切りにして食べます。薬味や味付けはそれ...
15,000を超えるRTを集めた「簡単寿司」の作り方がまさに目からウロコ!使うのは100円均一で購入できる製氷トレーです。確かにこれなら手がベトベトにもな...
パリやロンドンで、数年前にちょっとした話題となった「スシバーガー」が、今になってアメリカで熱を帯びているらしい。ヘルシーさをウリにするものから、明らかにハ...
近頃、にゃんこも興味津々の「鯉のお寿司」が話題沸騰中。可愛い見た目はもちろん、自宅で簡単に作れることも人気を博している理由でしょう。作り方を教えてくれたの...
コンビニやスーパーに並ぶ食品なら、おおよその原料と添加物がわかりますが、居酒屋やファミリーレストランなどの外食の場合、原材料は何も表示されていません。消費...
群馬県で愛されているソウルフードのひとつ、それが「モツ煮」。モツ煮専門店がたくさんあるだけでなく、ラーメン屋やとんかつ屋でモツ煮がメニューに載っていたり、...
タコス、トルティーヤ、ブリトーなど。人気メキシコ料理の影に隠れ、なかなか口にする機会がありませんが、これもメキシコ人のソウルフード。肉や魚、チーズ、野菜を...
9つの食材が、層状にジャーに入った弁当。作っているのは、日本からNYへ移住した工藤キキさん。2014年から「CHI-SO」というブランド名で、NYのカフェ...