なぜかアメリカ人が夢中になっている「Sushi Burger」がスゴかった!

パリやロンドンで、数年前にちょっとした話題となった「スシバーガー」が、今になってアメリカで熱を帯びているらしい。ヘルシーさをウリにするものから、明らかにハイカロリーなものまで。もはややりたい放題。どうやらフードブロガーたちが火付け役のよう。では、ビジュアルインパクト大のハイブリッド寿司をどうぞ!

これもSushiと呼ぶ!?
スシバーガーがじわじわきてる

Photo by Condospalillos Japan

バンズをお米に代えた、日本で言うところのライスバーガーのようなこのシェイプ。各国でローカライズされ、その進化版とでも呼べる様々なSushiが、これまでにも数多登場してきた。最近では「スシブリトー」まである。

では、このスシバーガーブームは、いったい何故?なんせ「FOX News」もグルメコラム欄でわざわざ特集を組んで紹介するほどだ。曰く、ブームの背景には、これまで登場した「ラーメンバーガー」やスシブリトーなど、アメリカ人の口に受け入れやすいハイブリッド和食の成功が少なからず影響している様子。さらには、スシバーガーを提供する店も増え、フードブロガーを中心にInstagramがちょっとしたお祭り騒ぎとなっているようだ。

Photo by sobeautifullyraw

たとえば、こちらの女性フードブロガー。彼女が紹介したのは、ビーガンのためのスシバーガー。ジャックフルーツの薄切りを、照り焼きチキンに見立てて味付け、アボカド、赤キャベツ、紅しょうが、ビーガンマヨネーズをトッピングした。この投稿だけでも、3,500人以上がコメントし、2万件以上の“いいね”がついたことからも、人気の程が分かるのでは?

Photo by Superfood Sushi

照り焼きチキンをコールスロー、ケール、アボカド、赤キャベツなどと玄米ではさんだスシバーガー。これを両手で上手に食べることが、現実的に可能かどうかはわからない。

Photo by Superfood Sushi

焼きおにぎりならぬ上下のライスをグリルしたバージョン。

Photo by © Fat & Furious Burger

最もオーソドックスに見えるのがこちら。スシバーガーという呼び名が違和感なく感じられる。が、どこかで物足りなさを感じたり?

まるでスイーツ!?

Photo by sobeautifullyraw

見方によってはマカロン。レインボーライスでサンドしているのは、アボカドとクリームチーズではなく、豆腐だそう。

Photo by the.colors.of.yum

マグロのスパイシータルタルと、グリル野菜をはさんだもの。上部のライスにはふりかけが。

ハイカロリーなスシもOK!

Photo by mrsushiburger
Photo by mrsushiburger

もはや「スシ」とは名ばかりである。要するにライスバーガーを総称して、スシバーガーと呼んでいるようだ。ただし、このライスバーガーが今に始まったことでないことは、FOX Newsも補足を入れている。

Photo by cravingsinamsterdam

サーモン、マグロ、エビ、照り焼きチキンに、カツ…。このバーガーの魅力はバラエティに富んだその中身にあると「NextShark」。彼らもインスタグラマーたちの狂乱ぶりを紹介している。

なんとも豪快なスシバーガーのつくり方を、下の動画で見てみよう。

Photo by deathroweats

最後は、揚げちゃいました。

Photo by tmakiexpress

揚げスシバーガーなんて変わり種も。ライスコロッケのイメージかとおもいきや、こちらはマッシュポテトを揚げたものをバンズ代わりにしているんだとか。

もう、スシという概念そのものは崩壊しているが、見た目などの正確さはさておきそのバリエーションとインパクトはあっぱれ。試してみたくなる感情を否定できないのもまた事実かもしれない。豪快な味がしそうだ。

Licensed material used with permission by Condospalillos Japan, Superfood Sushi, Fat & Furious Burger
バンズの代わりにお米を使ったあの「ライスバーガー」は、自宅でも簡単に再現できるんです。はさむ具材もアレンジ自在ですが、どうせならばヘルシーに。
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
彩り豊かな寿司ロールが逆上陸 銀座で創作和食を楽しめるスシバーSHARI THE TOKYO SUSHI BAR〒104-0061 東京都中央区銀座2丁目...
2016年1月6日よりTOKYO MXで放送されている5分アニメ『SUSHI POLICE』のアイデアは、実際に起きた騒動が元になっているそう。ホームペー...
カカオ豆からの全行程を店内で手作り中目黒にあるBean to Barチョコレート専門店green bean to bar CHOCOLATE 〒153-0...
世界中の人々(特に男性)から多くの共感を集めるインスタアカウント「miserable_men」。妻や恋人のためにショッピングに付き合う男性たちが待ちぼうけ...
本格的なバターライスに仕上げるには、それなりに手間はかかります。はい。それでも、一度でいいから作ってみてください。きっとハマるはずだから。押さえるべきポイ...
ヘルシーフードとしても注目され、「日本のことはあまり知らないけど、スシは好き」なんていう海外の人もいたり。その土地の人の口に合うように大幅アレンジされたも...
6月24日にNetflixは、「アフリカ系アメリカ人とその文化をより描いていく」という内容の約1分間動画「A Great Day in Hollywood...
創作寿司の可能性って、まだまだありそうですね。
1860年代よりディーン家が所有していた島「Pebble Island」。管理が困難になり、売りに出されて話題となりました。島にはアザラシやペンギンなど多...
1976年ミネソタ。冒険とハンバーガーをこよなく愛するH.RockwellとJ.Wattのふたりは、アドベンチャーバーガーというショップを開いた。『BUR...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
日本人が愛してやまないソウルフード、お寿司。いまでは国境を越えて多くの人に愛されているけれど、ふと、理由が気になってしまったんです。アメリカの女性ライター...
『The BEACH BURGER HOUSE』で食べたハンバーガーは、これまで自分が食べた中で一番美味しいと思った。ビールを飲みながら3つも食べた。世界...
「一つひとつが持っている字の意味が合わさって、新たな言葉が作られるところが魅力です。例えば、寺で日の光を見ていると『時』になったり、女性が家(屋根の下)に...
去る11月、パリでテディベアが大量発生したというニュースが、世界中を駆け巡ったことをご存知ですか?カフェで休んだり街灯のポールに登ったり……。とにかく可愛...
20代のリアルカルチャーを発信する「Elite Daily」。食のトレンドを伝える記事は、目新しさ、驚きそして、若者ウケの良さが判断基準だったりして?ライ...
世界にはふしぎな食べ物があふれています。日本人にとっては「え?そんなの食べるの?」とびっくりするものもありますが、外国人から見た日本食はどんなふうに見える...
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
この出来事を自分なりに解釈するならば、日本の大学を卒業したサッカー選手がいきなり海外へと渡り、経験を積んでからJリーグへ帰ってくるようなもの。これが今、ハ...
米国版『GQ』において「2010年のベストバーガーオブザイヤー」に、また『TIME』では「史上もっとも影響力のある17のバーガー」に選出。ア...
12月4日から12日まで、彼らは1セントで「ワッパー」を販売しています。ただし、ちょっと変わった条件があります。お客さんは、マクドナルドの店舗でバーガーキ...
兵庫県丹波市で、2018年4月に誕生したばかりの「丹波プルドポークバーガー」を食べてきました。いただけるのは「丹波悠遊の森」のなかにあるレストラン「BBQ...