SUSHIは食べても太らな〜い!欧米人がお寿司を愛する17のワケ

日本人が愛してやまないソウルフード、お寿司

いまでは国境を越えて多くの人に愛されているけれど、ふと、理由が気になってしまったんです。

アメリカの女性ライターAshley Fernさんは、「Elite Daily」で、こんなふうにお寿司の魅力を説明しています。海外的な目の付け所が面白くて、「あっ、そこなの?」とツッコミを入れたくなるのと同時に、SUSHIの魅力を、まだ知らないことに気付かされました。

01.
今夜は悪酔いしたくない!
っていう日に使える

今夜は飲むぞ!という夜には何かを食べていないと、最悪の事態を引き起こすことになるのは知ってるよね?

そんな時にスーパーでも、コンビニでも売っていて、一口サイズで美味しく、お腹にたまる…なんてお寿司以外にないじゃない。

なるほど。日本のおにぎり的存在が、SUSHIなんですね。

02.
満腹までの道のりが楽しい

「お腹いっぱい」と呟いてから最低でも3皿くらいは食べられちゃう。種類も豊富だし、お茶を飲んで少し休憩していたら、思った以上にすぐ次のお皿に手が伸びてたりして。

次は何食べる?って話ながら決めるのも、楽しいですよね。

03.
胃の苦しさがあまりない

食べすぎた時のあの苦しさ…お寿司の場合は、そんなに酷くなりにくいって知ってた?次はどれを食べようか、と考える時間が間にあるから、意外と時間をかけて食べているみたい。

言われてみると、たしかに…?

04.
食べ過ぎた罪悪感がない

すごく豪勢な食事を沢山食べてしまったあとって、色々と苦しい。(とくにメキシカンとかハイカロリーなもの)美味しいんだけど、こってりしたソースは胃もたれするし、満腹すぎて動けない。カロリーなんて計算し始めたら恐怖でしかない!
でもお寿司はさっぱりしているし、カロリーだって気にしないで大丈夫。

鮮度が命ですからね。

 

05.
お寿司を愛していると、
文化人っぽく見える

「お寿司が大好き」ってセリフ、他の料理よりもなんとなく印象が良いと思わない?その言葉だけで、素敵女性っぽいもの。

ふふっ、これはわかります。「日本人女性が素敵だ」ってことですよね?

06.
ダイエット食に向いている

少なくとも頭の中ではお腹がいっぱいなイメージがしやすいはず、だって一口ずつ味わって食べられるし、積み重なるお皿が目に入るから。そういう意味では、ごまかしやすい!

日本食はダイエット食カテゴリーに入るようです。

07.
サービス料を払う必要がない

高級レストランや居酒屋のように、席料や、雰囲気代を多く払わずに、美味しいご飯を食べられるのが嬉しいの。

 日本ほど、高級料理という認識ではないからこそ、ですかね。

08.
コスパは好みで調整できる

「お寿司が食べたい」というセリフには、それなりに振り幅がある。コンビニの出来合い巻き寿司、回転寿司、日本食レストラン、居酒屋。その時の気分や予算によって、選べる選択肢が多いのが嬉しい。

巻き寿司率が、きっと高いんだろうなあ。

09.
30分の昼休みでも大丈夫

料理をしなくていいから、カウンターで巻物を作れば、あっという間に出来上がり!次の仕事まであと30分しかないって時には、救世主。何か食べないと、会議中にお腹がなったら恥ずかしいでしょ? 

でも、お茶飲みたくなってしまったら遅刻決定ですね。

10.
失敗は、むしろレア?

思った以上にわさびが入っていて、涙目になってしまうことはある。でもお寿司が食べられる人なら、基本的にどれを食べても、想像以上に失敗することは少ないよね。

大半の日本人とはお友達になれそうです。

11.
スタバのように、
コンスタントに出会える

最近ではスターバックスとお寿司屋さんと、どちらの方が多いか分からない!食べたい時に食べられるのが嬉しい。

スタバよりSUSHI派が増えるのも、あと少し。

12.
魚嫌いの人以外は、
好きなものが食べられる

生ものが食べられないっていう人がいない限り、だいたい満遍なく好きなものが食べられる。これもお寿司の魅力のひとつ。種類が豊富だから、好き嫌いの気を使う必要がなくて助かる〜。

これはわかる〜!親戚が集まった時も、とりあえずSUSHI。 

13.
デートでも心配ご無用

匂いを気にするスパイスなどが入っている心配がないから、付き合いたてのカップルにもハードルが低い。大口を開ける必要もないし、食べ散らかしてしまうこともないもの。これぞ2人が異存なく選べる食事!

デートで回転寿司って、そういえば楽しい。

14.
手で食べることが許される

何も恥じることはないの。これもまた、サイコー!

あの、ならでは感。いいですよね。

15.
お酒を飲む理由になる

いつもは通らない「あともう一杯……」だって、相棒がお寿司なら許される気がする。お寿司とお酒の飲み食べ放題なんて天国も、最近はあるって知ってた?

 新橋あたりのサラリーマンと、意気投合できそうです。

16.
なんと言っても、健康的

お寿司はヘルシーなんです。思った以上に食べちゃった……でも大丈夫。そう、お寿司だから。カロリーも低いし。

あ、なるほど。ヘルシーだからお寿司を食べに行くっていう発想は、新しい。

17.
デザートがなくても満足

でも、ちがうお寿司なら食べても良いかも、軍艦とか。あと20分位したら。

プリンやケーキが流れてくる、日本の回転寿司にもいつか来てほしいものです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
11月30日、秋葉原に寿司ブリトー専門店「beeat sushi burrito Tokyo」がオープンしました。
20代のリアルカルチャーを発信する「Elite Daily」。食のトレンドを伝える記事は、目新しさ、驚きそして、若者ウケの良さが判断基準だったりして?ライ...
過去にニューヨークでミシュランの3つ星を獲得した「SUSHI YASUDA」。その元オーナーで、現在は南青山に「SUSHI BAR YASUDA」を構える...
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
全28種類!L.A.スタイルのパイ専門店※撮影した期間限定の六本木店は閉店しました。Pie Holic〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番...
イギリスにある最高!?のマリアージュを発見。「Runaway Brewery」が開発したGari Goseは、成分にガリや昆布、梅やすし飯が入っているビー...
日本が世界に誇る料理、寿司。真っ白なシャリに新鮮な素材がのった姿は、海外から見ると「芸術」と評されることもあります。それが、実際にアート作品へと昇華しました。
2016年1月6日よりTOKYO MXで放送されている5分アニメ『SUSHI POLICE』のアイデアは、実際に起きた騒動が元になっているそう。ホームペー...
創作寿司の可能性って、まだまだありそうですね。
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれ...
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
ここでは、自宅やパーティーなどで外国人を招いた際に気をつけるべき「食」についてご紹介。宗教などによって「何が食べられて、何が食べられないのか」。とくにこれ...
世界にはふしぎな食べ物があふれています。日本人にとっては「え?そんなの食べるの?」とびっくりするものもありますが、外国人から見た日本食はどんなふうに見える...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。ーー日本人はひとつの味を同じように、一定の条件の許で食べてい...
パリやロンドンで、数年前にちょっとした話題となった「スシバーガー」が、今になってアメリカで熱を帯びているらしい。ヘルシーさをウリにするものから、明らかにハ...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
食事の席でつくられた箸袋の創作物をTIP(ありがとうのしるし)に見立てる試み「JAPANESE TIP」を紹介する。2012年からプロジェクトがスタートし...
コンビニやスーパーに並ぶ食品なら、おおよその原料と添加物がわかりますが、居酒屋やファミリーレストランなどの外食の場合、原材料は何も表示されていません。消費...
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...